ガスパチョだけじゃない!夏に効くスペイン料理

melonconjamon

夏至も過ぎ、だんだんと日の入りが早くなっていっている(様な気がする?)ものの、
暑さはこれからが本番。

スペインは地中海気候なので、日本よりずっと湿気は少ないのですが
日差しはかなり強く、南部アンダルシア地方では連日40度まで気温が上がり
”起きているのさえしんどいほど暑く”なります。

(なので8月の長い休暇というのはある意味筋が通っているのかもとも思います。
8月は”なにもしたくなくなるほど暑い”日も多いので・・)

やはり暑さの厳しい日本でも、暑い時期の食べ物として、冷えたお蕎麦やそうめん、冷麺など
色々ありますが、

スペインにもいろいろな”夏季限定料理”が。

レストランなどではこの時期しか食べられないものもあるので、ぜひスペインに夏いらした際の
参考になればと思います。

■ Escallivada(エスカリバーダ)
カタルーニャ地方やバレンシア、ムルシアなど地中海に面した地方で夏によく食される、
”冷たい焼き野菜”。トマト、ナス、赤ピーマン、玉ねぎなどをオーブンでしっかり焼きあげた後、皮をむき
冷蔵庫で冷やしてオリーブオイルと塩(おこのみでにんにくを少し)でいただきます。
トーストの上に載せたり、アンチョビと一緒に食べるのも一般的です。

■ Esqueixada de bacalao ( エスケシャ‐ダ デ バカラオ)
カタルーニャ地方の代表的な料理のひとつで、
タラと小さく切ったトマト、玉ねぎ、ピーマン(緑、赤)と黒オリーブを混ぜた タラの冷製サラダです・
ドレッシングの代わりにオリーブオイルとワインビネガーでさっぱりと。

■ Salmorejo(サルモレホ)
アンダルシアのコルドバを発祥地とする冷たいスープ。トマトベースで味はガスパチョににているのですが、材料にパンが使用されているためスープというよりもピューレに近いような濃い食感が特徴です。
ハムによく合います^^

■ boquelones en su vinagre(ボケロネス エン ス ビナグレ)
タパスのうちの一つとしても人気のある”白アンチョビの酢漬け’。イワシを白ワインのビネガーとオリーブオイルにつけたものです。
酢の酸味が効きさっぱりとしていて、揚げ物が多いタパスの中でも人気の料理です。

■ Melon con Jamon
ハムの名産地として知られるアンダルシアの夏の代表的な料理(”料理といっていいのか…というくらい簡単なのですが^^;)
やはり夏が旬のフルーツである”メロン”に、ハモンイベリコをのせると、メロンの甘さとハモンイベリコの塩味が絶妙にマッチします。冷たいビールにとても合う一品でアンダルシア地方では”海の家(Chiringuito)”での定番料理です。

夏ならではの材料を生かし、簡単にできそうなものがほとんどなので(やはり暑いと料理もしたくなくなるのでしょうか…)
スペインにきたら!とは言わず日本でも暑い時期の料理のレパートリーとしてもぜひお試しください^_‐☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語学習、グループvs個人レッスン。向いているのはどっち?

lesson

スペイン語をマスターするための方法としては
独学、グループレッスン、マンツーマンレッスン
の3種類があるかと思います。

ちなみに、独学は文法の知識は修得することはできても、
独学のみでは会話力をつけるのは少し難しいかもしれません。

どの方法でやるのが一番効率よくスペイン語を習得できるのか、
それぞれの方法のメリット、デメリットを上げてみました。

■ グループレッスン
【メリット】
同じ目的をもった人々との交流がもてる。(モチベーションの継続)
マンツーマンレッスンに比べて受講費用が比較的安い。
受講生の間で習ったことの練習が気軽にできる。

【デメリット】
受講生間の上達のスピードにかなりの差が生じる場合がある。
一人一人の生徒が英語を話せる時間は限られるため、スピーキングの上達にはある程度の時間が必要。
時間の制約がある; レッスンの時間が決められているのでスケジュールに合わないことも。
個人的な疑問点の解決に割いてもらえる時間が限られている。

当然のことながらグループレッスンの場合、”同じグループの受講生”にかなり影響されます。
私自身はスペインの語学学校でグループレッスンから開始したのですが、
初心者でもフランス人やイタリア人などのクラスメートは数倍のスピードでスペイン語をマスターしていくので正直焦りました・・・。
でも、同時にクラスメート同士、間違えることを気にせずクラスの外で会話の練習をすることができたのはとても役に立ちました。

■ 個人レッスン
【メリット】
自分の学習ペースに合わせてレッスンを進められる
レッスン時間内に自分が話す時間が圧倒的に長いので会話の上達を早めることができる。
生徒一人一人の立場にあわせた学習上のアドバイスを受けることができる

【デメリット】
通常、授業料がグループ方式の英会話のレッスンより高い。
一人なので、モチベーションの継続が難しいと感じられる場合も。
講師の質の見極めが難しい場合がある。

私の場合は、費用がネックとなりプライベートレッスンを受けることはありませんでしたが、
とくに初心者のころは、個人レッスンを受けておけばもう少し上達も早かったかなと思っています。
(途中でついていけなくなり、初心者クラスを2回繰り返し受講しているので)

それぞれのおかれた環境などにもよりますが、
特に学習を始めたばかりのころは、もしお財布が許すのであれば^^
個人レッスンのほうが効率的にスペイン語の学習を進めていけるのかなと思います。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン中が夏の訪れを祝う日、 サンファンの由来とは?

hoguera-san-juan

6月24日は、スペインはサン・ファンの祝日、
前日の23日はNoche de San Juan
と呼ばれ、大みそかに負けず劣らず、
”夏のクリスマス”として
この一年で一番夜が短い日を
盛大に祝う習慣があります。

もともとはキリスト教徒にとっては”聖ヨハネの誕生日”の祝日。
(イエスキリスト誕生の半年前でもあります)
それが、キリスト教受容前に行われていた
夏至の時期のお祭りが結びつき盛大にお祝いが行われるようになったそう。

このサンファンのメインイベントは”焚火(Hogera)”

このたき火によってこの日から弱くなっていく太陽
(夏至を過ぎるとだんだんと日が短くなっていくので)
にさらなる力を与える儀式の意味があるそう。

また”清めの火”の意味もあり、
地域によってはこのたき火で古くなった
家具などを燃やすところもあるそうです。

サンファンのお祝いの仕方はスペイン各地それぞれのやり方があるようですが

https://www.123esp.com/wordpress/?p=710

ここバルセロナでは、街のいたるところで花火が上がり、
”Coca de San Juan”とよばれるスイーツと
冷えたCava(スパークリングワイン)でお祝いをするのが
一般的です^^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

夏が来ても思い出せません・・ あの夏の風物詩スペイン語でなんていう

natsuimage

日本は梅雨の時期真っただ中のようですが、
梅雨が終われば本格的な夏の到来!

単語を身につける基本はなんといっても
”使うこと”。

これからやってくる夏。
ぜひレッスンでたくさん使って
いただきたい”夏の風物詩”の単語をまとめてみました。
(とりとめがないですが…^^;そのほか思いついたものは
ぜひ講師にも尋ねてみてください!)

ひまわり Girasol
あさがお dondiego de dia
かぶとむし ciervo
セミ  secada
ホタル luciérnagas
こおろぎ Grillo
花火 Fuegos artificiales
スイカ Sandia
かき氷 Granizado 日本のかき氷は”Kakigori”とそのまま使われることもありますが、
スペインにも日本のかき氷とにた氷をくだいたアイスのようなものがあり”Granizado”とよばれています。
アイスクリーム Helado
お祭り(日本の夏祭りのような地域のおまつり) Fiesta del barrio
屋台 Caseta
わたあめ Algodon de azucar
ゆうだち Chaparron
入道雲 Cumulo
海の家 Chiringito
扇風機 ventirador
日焼けする broncearse
涼む refrescarse

せっかくなので、
たくさん使ってばっちりマスターしてください♪

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

サイトリニューアルのお知らせ

おそらく気づいてくださった方もいらっしゃるかとは思いますが、、
やっと、新しいデザインのお披露目することができました。

今更ながら^^;ですが・・・
スマートフォンやタブレットの画面の大きさに合わせて
サイトのデザインが見やすいようになる”レスポンシブデザイン”
に組み直しました。
(ここでスマホに代わるデバイスが登場したら、また
一からやり直しなので(冷汗)
できる限り長く続いてもらえるよう祈りつつ・・)

↓新しいサイトはこちらになります
www.123esp.com

本当は一年前に終わっているはずが・・(汗)
予想外のトラブルに見舞われたりで
(仕事を依頼したプログラマ-が音信不通になってしまったりとか…(# ゚Д゚)

テストサイトが仕上がってからも
テスト中はトラブルの修正続き、
いったんアップしたものの、最後の最後にエラーに気がつき
また古いサイトに戻しと
思った以上に時間がかかる作業でした。

新しいサイトが稼働して本日で3日目
しばらくはトラブルにびくびくしながらの日々ですが(苦笑)

一番もとになる部分は今回はなんとか完了したので、
徐々にほかの部分も改善に取り掛かっていきたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いします!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

世界タパスデーってどんな日?

来る6月16日は”世界タパスデ-”
(el dia Mundial de la tapa)

たいそうな名前がついているので

スペインの有名なシェフの命日?
タパスを発明した人の誕生日?

かと思って調べてみると

スペインの代表的な食べ物
”タパス”をプロモートするために

“タパス、そしてタパスを食べること
(スペイン語でtapear”)はスペインの食文化、
ひいてはスペイン社会そのものの特徴で
あることからその価値を国内外に提供するべきである”

という意図のもとに
スペインの観光や職に関する5つの協会
の協力のもとにできた”Saborea Espana”いう団体が
勝手に決めた、単なる商業的なイベントです。^^;

(ちなみに去年までは9月29日に
行われていたのですが今年から6月に。
おそらく夏休み前に大きな仕事はかたずけてしまおう、
ということなのだろうとは思うのですが^^;)

概して、スペインのお祭り、イベントは
喧嘩のトマト投げがきっかけでお祭りにまで
発展してしまった”トマト投げ祭り”など

あいまいなきっかけで生まれたお祭りも
結構あるので
それに関しては深追いしないことにして(苦笑)

この日を記念して国内はもちろん、
スペイン国外20カ国でもさまざまなイベントが行われます。

日本では、スペイン料理レストランを対象に
”タパスコンクール”も行われる予定です。
https://tapas.spaincampaign.jp/

さて”日本一のタパス”となるのはどのレストランのどのタパス?
と気になるところですね^^

その他、イベントのスケジュール詳細などは
こちらから

http://www.spain.info/ja/world-tapas-day-tokio/

ちなみに、意外と日本に手に入る材料で
かんたんに作れてしまうタパスも。

レシピ本はほとんどの場合、写真が多く
文章もシンプルなものが多いので
スペイン語をよむ練習にもぴったりです。

スペイン語のレシピ本、電子書籍としても
何冊か発売されているようですので紹介させていただきますね。

■ Tapas: Nuestras 100 mejores recetas en un solo libro

■ Cocina para fiestas: Nuestras 100 mejores recetas en un solo libro

スペイン語レシピをみながら、タパス作りにチャレンジ
はスペイン語もスペイン料理もマスターできて
一石二鳥ですね^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

【重要】サイトメンテナンスのお知らせ

maintenancejunio

先月より、重ねがさね恐縮です。
下記の日時、サイトメンテナンスより、一時的にサイトの閲覧、サイトからの予約・キャンセルができなくなります。
(直前になってしまい大変もうしわけありません)

6月2日 午前1時から午前3時
6月3日 午前1時から午前3時
6月7日 午前1時から午前7時

すべて日本時間の表示となります。また上記の時間より早く終わる可能性もございます。
できる限りみなさまにご不便をおかけすることのないよう迅速に作業を進めるべく尽力してまいります。
ご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話