セビリアの”フェリア デ アブリル”の正しい楽しみ方

feriadeabril

バレンシアの火祭り、パンプローナの牛追い祭りと並んでスペインの三大祭りの一つである”Feria de Abril (
フェリアデアブリル)”今年は4月の30日より開催されます。
スペインのいわゆる”お祭り”(いろいろな場所でコンサートや催し物が行われてどんちゃん騒ぎ・・^^;)とは少し違った面を持つこのおお祭りを”地元の人風”(笑)楽しむルールとは?

1.ドレスアップして挑むべし!
このお祭りの間、地元の人たちは思い切りおしゃれをして出かけます。女性はフラメンコの衣装を着る人も多いです。
男性は少なくとも(若干この季節気温は高めではありますが・・)スーツとまでは行かずとも薄手のジャケットとシャツは身につけたいところ。女性もフラメンコの衣装とまでは行かずとも、ワンピースなどでドレスアップしてでかけましょう^^

2.飲み物は”Rebujito!”
Rebujito(レブヒ‐ト)はシェリーをセブンアップで割ったカクテル。これを飲まずしてフェリアは語れない!フェリアデアブリルの為に生まれたも同然のカクテルです(笑)爽やかな味わいで飲みやすいのでのみすぎに注意!

3.”Caseta”に入るには招待状が必要、地元のスペイン人と友達になるべし!
フェリアの期間中に設営される”Caseta”。一見だれでも無料ではいることができるように見えますが、実は”知り合いのみ”参加することができます。地元の友達をつくって入場券を手に入れておきましょう。

4.セビージャーナスにチャレンジ!
踊り方を知らなくても問題なし!(セビリア出身でも踊り方を知らない人はいます)上手なパートナーを捕まえてレブヒ‐トでしっかりチャージすれば、すぐに踊れるようになります(笑)

5.昼と夜どちらが楽しい?
”典型的なフェリアデアブリル”を楽しみたいのであれば、お昼過ぎから夕方の時間帯が狙い目です。お祭りの中心となる場所でフラメンコの衣装を着た人たちがセビージャーナスを踊り、また道路には馬車や馬に乗った人たちを見かけることができます。Castaからはフラメンコの生演奏が鳴り響きます。夜が近づくと別の雰囲気になり訪れる人たちは若い人たちが多くなり音楽も現代的なフラメンコフュージョンタイプの音楽に変わります。

6.新しい靴は絶対にはいていかないこと
通りを何度もあるいたり、セビジャーナスをたくさん踊るはめになってしまうので(笑)靴は履きなれた履き心地のいいものを必ず履いていきましょう。

7.地図をもっていくことを忘れずに
フェリアの会場の広さは 450.000 m2 24のセクションにわかれ15本の通りがあります。さらにすべてのCastaはほぼ同じ外見で常に多くの人たちで込み合っている典型的な”迷路”、セビリアの人でも迷ってしまうほど。必ず地図を持って移動するか、セビリア市庁が作成した地図アプリを前もってダウンロードしておきましょう。

8.仕上げはもちろん”Churro con Chocolate”で!
歩きまわって(踊りすぎて)疲れたら、Chocolate con Churroでしばしの休憩。暖かくてカロリーたっぷりのChocolateでエネルギーをチャージして家路につきましょう。お祭りは明日も続きます…。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語をなるべく安上がりに上達させる方法

いったん身につければ”一生もののスキル”となる語学力。
なので言葉を学ぶ”自己投資”は価値ある投資ではあるのですが、
(実際、かけたお金と習得するのにかかる時間はある程度反比例するかと思います。)

昨今、色々な学習法の選択肢が生まれ、かつてよりずっと”コストパフォーマンス”よく
スペイン語を習得することも可能なようです。

それほど遠くない昔に(笑)英語とスペイン語を身につけるために、いくら費やしたか考えたくない私自身としては
うらやましい限りです…。

いろいろ方法はあるようですが、
その中でもいくつか”スペイン語をコスパよく身につける方法”
どうぞお試しください^^

1,よい参考書を選ぶ
よい参考書はそれなりの値段がするので
逆説的に聞こえるかもしれませんが、参考書に投資して疑問点を自分でできる限り解決してからレッスンを受けると、個人レッスンの場合は、レッスンでしかできない”会話の練習”に最大限の時間をかけることができます。その分会話上達もスピードアップします。
参考書は上級レベルになるまで使えるものを選ぶとコスパもよし!です。

http://amzn.to/2p4como

http://amzn.to/2oJERuj

2,テレビ・ラジオ講座の活用
テキストさえあれば無料で受講できるNHKのテレビとラジオの講座。テキストも500円程度とお手頃。
長年続いているプログラムだけあって内容も楽しめるものが多く、講師陣も豪華です。
利用しない手はありません。

http://amzn.to/2q65gEu

http://amzn.to/2q6ghWr

2,Intercambio(ランゲージエクスチェンジ)
日本語を勉強しているスペイン語ネイティブと会話の練習をする”Intercambio”。スペイン語で1時間、日本語で1時間話すという感じでそれぞれが勉強している言葉で交互に会話をします。相手はスペイン語の先生ではないので、文法の説明や会話の際の細かいチェックなどはあまり期待できませんが、通常は無料なので”もっと実際に話してみたい”という方には適している方法です。

3,ボランティア
語学ボランティアで一番一般的なのは”ガイドボランティア”です。プロのガイドまでは必要ないのだけれど、ちょっと案内してくれる現地の人のサポートがほしいという海外からの観光客の要望に応えるボランティア。、無償ではありますが国際交流感覚でかスペイン語も鍛えられます。受ける方も”無償”なので完璧な語学力を求めているわけではないので、気負わずに参加できるかと思います。
そのほか、国際イベントでも多くの場合語学ボランティアを募集します。直近だと東京オリンピックではたくさんの語学ボランティアの募集があるようですので、ぜひチャレンジしてみてください!

4,市民センターなど公共の施設で行われているレッスン。
市民センターによっては、グループレッスンにはなりますが、一般の語学学校よりもかなり安い値段でレッスンを受けることができます。一度お近くの市民・区民センターで開講中のコースを確認してみることをお勧めします。

5.スペイン語アプリ
無料なのによくできたものがたくさんある”スペイン語学習アプリ”。ゲーム感覚でできるものが多いので継続もしやすいです。
スマホやタブレットにダウンロードしておくと空き時間を活用して楽しみながら少しづつスペイン語をブラッシュアップ!
以前お勧めさせていただいたDuolingo

一日5分でスペイン語が身につく!?かもしれないお勧めスペイン語アプリ


は発音のチェックもしてくれる優秀なアプリです。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語で振り返るエルクラシコ2017

4月23日にマドリッドのベルナベウスタジアムで行われた、バルサ対レアルマドリッドの対戦”El clasico(エル クラシコ)”
バルセロナでも大いに盛り上がりました。(バルでは大騒ぎでした・・・)
バルサが終盤のゴールで3対2で勝利。
注目度の高かったこの試合、スペインメディアの反応は?

さて、そもそも
“El clasico(エル クラシコ)”とは?
El Clásico español, もっとも対戦回数の多い二つのクラブ同士の試合の呼び名でメディアなどでは略して”El Clásico”と呼ばれています。2011年のシーズンまでは”El Clásico”といえば Athletic Madridとel Real Madrid の試合を意味したのですが、それ以降FCバルセロナとReal Madridの対戦回数が上回り、”バルサ対レアルマドリッド”の試合を意味するようになりました。

2強の闘い、また普段からライバル意識の強い、マドリッドとバルセロナを代表するチームの試合ゆえに国際的にも注目度の高い試合のようです。

もう一度4月23日の試合の流れを時系列で読みたい方はこちらから

【Directo】Asi ha sido el clasico 2017

一般紙であるEl Paisは

Mucho Messi para el Madrid

El Barcelona se aferra a la Liga tras un triunfo en el Bernabéu gestado y coronado por el genio argentino

意訳:メッシはレアルマドリッドの手に負えなかった):直訳は ”レアルマドリッドへたくさんのメッシ”
バルセロナは、ベルナベウでのアルゼンチンの天才による活躍と栄冠によって、リーガにとどまった。

サッカー専門誌では・・・

”Mundo deportivo”より
Messi pone patas arriba al Bernabéu y hace al Barça líder con su gol 500

Leo se echó el equipo a la espalda, igualó el gol inicial de Casemiro, provocó la expulsión de Ramos en el 73 y puso la sentencia en el último minuto de partido para devolver al Barça en la lucha por el título
Fue un Clásico apasionante, con ocasiones para los dos equipos, jugadas polémicas y muchas emociones, especialmente para los jugadores culés y los aficionados, que lo celebraron por todo lo alto tras el pitido final

メッシはベルナベルをけり上げ、500回目のゴールでバルサをリーダーにのしあげた。

レオは カシミロの初盤のゴールを追い上げ、73分でラモスの退場のきっかけを作り、試合の最後の瞬間にバルサにタイトル争いを取り戻す審判を下した。
熱気に満ちたクラシコだった。両チームにとってたくさんのチャンスがあり、問題となりうるプレーがあり、いろいろな感情が飛び交った。
なかでも終了の笛の高値とともに(勝利を)祝ったク‐レとそのファンにとっては。

”Marca”より
EL ARGENTINO MARCÓ EN EL TIEMPO AÑADIDO
Messi se viste de Ramos y revienta LaLiga
追加タイムでアルゼンチン人はゴールを決めた
メッシはラモスの衣装を着て、リーガを爆発させた

”As”より
Messi decide que hay Liga
El argentino, imperial, decidió el Clásico en la última jugada y pone líder al Barça con un encuentro más cuando el Real Madrid tenía ya medio campeonato en el bolsillo pese a acabar con diez. Partido glorioso con dos porteros espléndidos.

メッシはリーガの存在を決定的にした。
アルゼンチン人、帝王、クラシコの最終盤にて、リアルマドリッドが優勝を手に使用かとしているときに最後の一発で
バルサをリーダーにのしあげた。二人のすばらしいゴールキーバーによる輝かしい試合だった。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語で働く!スペイン語の求人票の読み方

spainfhataraku

スペインとのワーキングホリデーの協定も締結されて”スペインで働くこと”へのハードルは少し低くなり
また日本国内でも最近”スペイン語の求人が増えている”と小耳にはさんだので、

↓スペイン語の最新求人がみつかるセルバンテスセンターの情報ページはこちらです。

http://tokio.cervantes.es/jp/job_board.htm

”スペイン語の求人票”の読み解き方?のミニレクチャーです。

スペインの求人票は大きく分けて

-Requisitos

-Descripción

の情報で構成されています。
Requisitosは仕事に必要とされるスキルや学歴・職歴などについてです。
Estudios mínimos(最低限必要とされる学位)とExperiencia mínima(最低限必要とされる職歴)
その他、責任のあるポジションの求人に関してはかなり細かく”必要とされる能力やスキル”の説明書きがされていることが多いです。
必要とされる言語のスキルや、運転免許の有無、また出張が多くなる場合はDisponibilidad para viajar un XX% などと出張の占める割合が明記されていることもあります。

Descripciónの部分はまず、会社の概要そして求人内容の要約で始まり
-Profesión/ Puesto de trabajo (募集のポジション)
‐Tipo de industria de la oferta(業種)
-Categoría(職種)、
-Nivel(組織内での位置づけ)や 
Personal a cargo(担当することになる部下の人数)などが書かれています。

その他、雇用形態に関しては
-Tipo de empleo/Tipo de contrato (契約の形式):indefinidoが正社員にあたります。そのほか trabajo temporal(
一時的な仕事)やContrato por obra(プロジェクトごとの契約)などがあります。
-Lugar de trabajo(勤務地)
Horario de trabajo(勤務時間):Jornada completa(フルタイム)/Media jornada(半日)などがあります。
Sueldo y condiciones laborales(給与やその他の条件)福利厚生などについてもこの部分で説明されます。

その他、

Número de vacantes(募集人数)
Forma de solicitud(応募方法)
Persona de Contacto(担当者名)

なども追加情報として書かれている場合もあります。

スペインでは求人に応募する際、Curriculim Vitae(CV/履歴書)にCarta de presentacion (なぜこのポジションに応募したかや自分の適性をアピールするための手紙。)つけて送るのが一般的です。履歴書にはスペルや文法のミスがないのはもちろんですが、Carta de presentacionをつけていなかったり、あまりにも短いとその仕事に対してあまり興味がないと取られてしまう場合もあるのでしっかりと
したものを用意することをお勧めします。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン発祥”世界本の日”サンジョルディってどんな日

4月23日は”サンジョルディの日”。サンジョルディ(カステリャーノではサント・ホルへ)はスペインではアラゴン州・カタルーニャ州そしてマヨルカ島などのあるバレアレス諸島やアリカンテをはじめとする多くの地区のの守護聖人でこれらの地区ではこの日を祝うため色々な催し物が行われます。

また、スペインを代表する文豪、ミゲル デ セルバンテスと、イギリスの文豪 シェークスピアの命日であることから1995年にはユネスコによって”世界本の日”に制定されました。もともとカタルーニャ地方にはこの日恋人同士がプレゼントを交換する習慣があったのですが
この”本の日”の制定によって本を送る習慣が生まれました。

スペインの多くの地区によってこの日は重要な意味を持つのですが、その祝い方はそれぞれ違うようです。

■ アラゴン州
サラゴザ、ウエスカ、テルエルなどが属するアラゴン州はこの日は”アラゴンの日”とされており祝日です。、中世に当時の王ペドロ一世に命を受けたサント・ホルへが率いるキリスト教部隊が奇跡的にイスラム教軍よりウエスカ州を取り戻した日(Reconquista)
とされています。前後の日を通してアラゴン州各都市では、主要な通りに本を売るスタンドが立ち並ぶ他、パレードやコンサートが行われ盛大に祝われます。

■ カタルーニャ州
カタルーニャ州ではこの日大切な人(恋人、家族、友達)に本を送る習慣があります。カタルーニャ州では”バレンタイン”のような位置づけの日です。本来は男性に本、女性にバラなのですが、昨今では女性にも本を送るようです。(もちろんバラを添えて)この日は街の主要な道が本とバラを売るスタンドであふれます。
また、サンジョルディはカタルーニャ文化の象徴ともされており、この日窓からカタルーニャ州の州旗を掲げる家も多く見られます。
一日中さまざまなイベントが行われるのですが、祝日ではありません。

またその他、バレンシア州のアロイでは、キリスト教軍がイスラム教軍から街を奪還したことを記念する日として祝日となっており、街の多くの住人が中世時代のコスチュームに身を包み、二つの軍”イスラム教軍”と”キリスト教軍”にわかれ街がキリスト教徒に奪還された様子を再現するパレードが行われるそうです。

同じ国内でも一つの都市では”一年で一番ロマンチックな日”別の都市では歴史的に重要な意味を持つ”独立記念日”と全く真逆な意味を持つ日、そしてその他の都市は特にお祝いもない全く普通の日(笑)と、あらためてスペインの中にある文化の多様性は興味深いと思います…。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

日本語で読める、スペインの文豪による”傑作”5選

文学界の世界最高傑作といわれる”ドンキホ‐テ デ ラマンチャ”の作者、ミゲル デ セルバンテスを輩出したスペイン。
もちろん現代においても数多くの名作を生み出す作家であふれていますが、いかんせん日本語訳が少ないのはさみしい限り。
(スペイン語で読めればそれにこしたことはないのですし、いつかはスペイン語でも文学作品が読めることを目標に日々学習に励んでください^^)

数少ない、貴重な ”日本語で読めるスペインの文豪の最高傑作”^^を紹介させていただきますね。

■ ミゲル デ セルバンテス

おそらく誰もが一度は耳にしたことがある世界文学の中でも最高傑作といわれる”ドン キホーテ デ ラマンチャ”の作者。世界的に名声を得たスペイン語圏最初の文学者でありシェークスピアとも並ぶ文豪とされています(シェークスピアも、ドンキホーテを読んでいたとされています。)マドリッドの近郊、アルカラ デ エレーナスの生まれ、彼が息を引き取ったとされるマドリッドの家の通りは彼の名前から”セルバンテス通り”と名づけられています。

↓いつかはスペイン語でも読んでみたい名作。

■ カルロス ルイス サフォン
バルセロナ出身の小説家。代表作であるバルセロナを舞台にしたミステリー小説”風の影”は 17言語、37カ国で翻訳全世界で500万部のベストセラーとなりました。

■ フェデリコ・ガルシア・ロルカ
グラナダ出身の詩人、劇作家。画家サルバドール・ダリや映画監督ルイス・ブニュエルなどと親交があったとされダリには詩集をささげています。代表作は『ジプシー歌集』。日本では1930年に彼の詩集が翻訳され、劇作品の多く紹介されて日本国内で高い評価を得ています。

■ カミーロ・ホセ・セラ
ガリシア地方コルーニャ出身のノーベル賞文学賞受賞作家。スペイン王立アカデミーの会員でもあり、彼の作品は国内外で多くの章を得ています。「パスクアル・ドゥアルテの家族」「二人の死者のためのマズルカ」でノーベル文学賞を受賞。また関西外国語大学より名誉博士号も貸与されました。

■ アルトゥーロ・ペレス=レベルテ
カルタヘナ出身の作家であり。1994年に小説家に転身するまで一貫して戦場特派員として取材を続けていたジャーナリスト。
彼の作品「ナインスゲート」 「アラトリステ」 「フランドルの呪画」は世界的なベストセラーになりました。
作品の中には映画化されたものも多く『ナインスゲート』や『ジブラルタルの女王』日本でも上映されました。

↓代表作『ジブラルタルの女王』は伝説の女麻薬王テレサ・メンドーサを描いた物語

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

ガイドブックには載っていないフォトジェニックなアンダルシアの小さな村たち

スペイン南部、日本からの旅行の場合は若干交通の不便さから、ツアーなどでははずされてしまうことも多いようですが(日程のツアーだとセビリアは訪れることもあるようですね。)
スペインの典型的な風景”白い村”はアンダルシアのものです。セビリアやマラガといった大都市もさながら、アンダルシアの魅力は”名もない小さな村”にありといっても過言ではないかも知れません。
まだまだガイドブックでとりあげられることは少ないですが、アンダルシアに足を運ぶ機会があれば訪れてみたい”アンダルシアの小さな村”をピックアップしてみました。

■ カサレス、マラガ(Casares/Malaga)
レンガ造りの屋根と白い壁のコントラストが美しい、アンダルシアの中でも”最もフォトジェニック”な村の一つ。

■ セテニル デ ボデガス、カディス(Setenil de Bodegas/Cádiz)
美しい白い村の一部は、自然に出っ張った岩の一部を利用して作られているというスペインの中でも珍しい作りの家です。この岩を利用した作りによって最高気温が42度まで上がる夏の間も涼しく過ごせるのだそうです。

Una publicación compartida de Roberto Piccinni (@pitchrob) el

■ la iruela Jaen
中世に作られたお城が美しい状態で残っている小さな村です。

■ ロンダ、マラガ(Ronda/Malaga)
スペイン人にとって人気のリゾート地の一つ。食べ物がおいしいことでも有名です。

Una publicación compartida de Brenda Nguonly (@brenbren9) el

■ モハカー,アルメリア(Mojacar/Almeria)
海に囲まれた真っ白い村、スペインの中でももっとも美しい村として知られています。

■ リオ ティント、ウエルバ( Rio tinto/Huelva)
”赤い川”の名前の通り、岩石の成分が川の色を赤くしているそうで、その特異性はNASAの調査対象にもなったことがあるそうです。

■ Juzcar Malaga
映画”スマ‐フ”の撮影のために、村全体を青く塗り替え、撮影終了後も青のままの状態にすることにしたそう。別名”スマ‐フ村”。鮮やかな青が潔く美しい風景です。

Pitufolandia!

Una publicación compartida de Adrianna Badzia Pękał (@badziaforpresident) el

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

”使えるスペイン語習得”のコツ:あなたのスペイン語学習それで大丈夫?

年の初めからスペイン語学習を始めた方はそろそろ手ごたえを感じ始めている頃かとおもいます。
ただなんとなく”全く上達していない”ような気がする場合、
使用しているテキストや学習法を見直してみる必要アリ、かもしれません。

私自身、日本でもスペインでも幾度となく”挫折してはやり直し”を繰り返しスペイン語を習得したので
経験をもとに”スペイン語学習チェックリスト”を作成してみました。
少しでも参考になれば幸いです。

■ 自分のレベルにあったテキストを使用していますか?
全くゼロから継続してスペイン語を学習なさっている方にはあてはまりませんが、
スペイン語を以前勉強したことがあって、またあらためて取り掛かってみようと学習を始められる方は
現在のレベルに見合っていないテキストを選んでしまい、難しすぎるように感じられて学習が続かないことも。
できればスペイン語の知識を持っている人にレベルチェックをしてもらうのが理想的ですが、周囲にアドバイス
ができる人がいない場合は、”少し易しすぎるかな”と感じられるくらいのレベルのテキストから始めると
徐々に自信もつき、忘れていた単語や文法も学習が進むにつれて思い出すことができるのでお勧めです。

■ 問題集のついたテキストを選んでいますか?
文法解説書やフレーズ集、ハウツー本を読みあさるのもいいですが、”スペイン語力アップ”に効果があるのは
自分で手と頭を動かサなければいけない”問題集”です。
読み物系の参考書は、圧倒的に読みやすいので目を通すと勉強をした気になってしまいますし、必ずしも目を通すことは無駄ではありませんが、それらの本で身につけた知識を問題集などで試してみないことには”勉強のふり”で終わってしまいます。

■ 学習時間は少なくとも30分は確保していますか?
語学習得のためには”短時間でもいいから毎日コツコツ勉強をする”ことは必須です。ただ”短時間”といってもはっきり言って10分や20分では短すぎます。確かにそれぞれ忙しい毎日を送っていらっしゃるとは思いますが、勉強の為の30分を確保できないほど優先順位が低いのであれば”スペイン語習得”の目標達成はほぼ不可能に等しいといわざるを得ません。(スペイン語を身につけたいなら、という前提です。たまに気分転換のために習っているというのであればこれは当てはまりません。)

■ 時間があるときにまとめて勉強しようと思っていませんか?
”覚える”ためには週末にまとめてやるよりも毎日30分やっているほうが効率が断然よいです。たくさんに学んだことを一度に覚えることは不可能ですし、毎日継続することによって忘れにくくなるからです。働いていたりすると平日は時間がとりにくく、週末に後回しになりがちですが、学習の効率を考えるのであれば毎日30分(可能であれば一時間)継続するべきです。

■ ひとりで頑張ろうと思っていませんか?
”継続して学習する”ことはそれだけでもモチベーションを維持するのが困難です。
行き詰った時に質問したり、上達を励ましてくれる講師や仲間がいるとモチベーションの維持がしやすいです。
スペイン語は比較的学習者が多くないので、なかなかスペイン語を勉強する仲間を見つけることはむずかしいかも知れませんが
ペースメーカーとしてレッスンに通うことは、随時客観的に自分のレベル確認もできまたモチベーションアップに効果的です。

■ 文法の勉強ばかりやっていませんか?
私たちのほとんどが”文法に重点を置いた英語学習”を義務教育で受けたことが原因かとは思うのですが、
”文法”にこだわりが多い学習者の方が意外と多い気がします。
ただ実際にスペイン語を使う場面においては、”文法用語”を知っていることは何の役にも立ちません。
重要なのは”文法事項が実際に使える形で頭にはいっているか”です。

”学習そのものが好き”という方を除いては(笑)
”スペイン語をいつか使えるようになる”ことを目指して学習していらっしゃると思うので、
目標達成のために無駄な遠回りをしていないか、チェックの目安としてお使いください。^^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

セマナ・サンタの期間限定スペイン料理

キリスト教徒にとってクリスマスと同じくらい重要な意味を持つ”復活祭”(スペイン語でSemana Santa)
カルナバル終了後からセマナサンタまでは肉料理やスイーツは食べることを禁じられてきたため(かつては^^;ですね・・・)
Semana Santaを祝うために各地方で、”期間限定”料理が登場します。
(一部のスイーツやお料理は現在ではSemana Santaを過ぎてもたべることができるものもありますが、Semana Santaに由来するものです)

■ Mona de Pascua
バルセロナのあるカタルーニャ地方とバレンシア地方での典型的な復活祭のためのケーキです。子供たちへの贈り物とする伝統があります。
カラフルにトッピングされたケーキはいろいろな種類のものがあり、卵やウサギといった典型的な復活祭のモチーフのものからバルサの選手をかたどったモチーフなど、この時期ケーキ屋さんのウインドーを賑やかに飾ります。

■ Flores de Semana Santa
別名”Flores de Manchegas”カスティーリャ・ラ・マンチャ地方のセマナ・サンタのお菓子です。
お花の形をしたかわいらしいドーナツのようなお菓子です。

■ Potaje de Vigilia.
聖金曜に食されるのが一般的なシチューで、タラ、ひよこ豆、ホウレンソウ、にんにくでできています。

■ Pestiños
アンダルシア地方の典型的なお菓子でごまの入った生地をオリーブオイルで揚げ、はちみつや砂糖で味つけしたスナックです。

#pestiños #recetadelaabuela #ricorico #espectaculares #pestiñoscordobeses #endulzatelavida #semanasanta #comerbien #tradicional

Una publicación compartida de Raquel (@raquel_d_g) el

■ Hornazo
サラマンカ地方とアビラ地方のセマナサンタのためのお料理です。豚肉、チョリソ、ゆで卵の入ったミートパイで、デザートバージョンは
アーモンドトお砂糖、カスタードが入ったものです。

■ Bartolillos

マドリッド地方のセマナサンタのお菓子です。カスタードの詰まったパイを油で揚げたものです。

Callejeando por el centro de Madrid hemos descubierto uno de sus dulces típicos #bartolillos #dulcestipicos #madrid

Una publicación compartida de RinconDulcinea (@rincondulcinea) el

■ Sopa de Ajo
セマナ サンタの期間中に食される、鶏肉の出汁をベースにし卵とシェリーで味付けをした典型的なスープです。

#sopasdeajo #sopadeajo #cooker8en1

Una publicación compartida de Begoña Granada (@begorecetas) el

■ Torrijas
17世紀からセマナサンタの伝統として食されているTorrijas.ミルクと卵を厚めのパンに浸しオリーブオイルでフライしたものです。
(フレンチトーストの濃い版?!)はちみつかお砂糖をまぶして食べます。

それぞれの地方によってセマナサンタの期間限定料理が異なるようで、スペインに10年以上滞在しながらまだお目にかかったことのない
お料理やスイーツもありました。
しかし  の断食(かつては)の後の食べ物だけあって、普段からさらに”濃ゆさ”に磨きがかかった一品ばかりです^^:
昨今では”期間限定”ではなくなっているお料理もあるもののほとんどのものが”ご当地限定”なので、訪れることがある場合は
ぜひトライしてみてくださいね!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペインとワーキングホリデー協定締結。スペインのワーホリ”Do& Don’t “

4月5日、日本とスペインの間で”「ワーキング・ホリデー制度に関する日本国政府とスペイン王国政府との間の協定”の署名がおこなわれました。
ワーキングホリデー制度の協定とは(外務省ホームページより)

この協定は,ワーキング・ホリデー制度の参加者として有効な査証を所持する相手国の国民に対し,入国の日から一年間の滞在を許可し,かつ,旅行資金を補うために必要な限りにおいて,相手国の法令に従って就労することを認めるための法的な枠組みを構築するものです。

ワーキングホリデー制度とは外務省のホームページによれば

 ワーキング・ホリデー制度とは,二国・地域間の取決め等に基づき,各々が,相手国・地域の青少年に対し,休暇目的の入国及び滞在期間中における旅行・滞在資金を補うための付随的な就労を認める制度です。各々の国・地域が,その文化や一般的な生活様式を理解する機会を相手国・地域の青少年に対して提供し,二国・地域間の相互理解を深めることを趣旨とします。

この制度によって、これまで3カ月を超える滞在に関しては、若干手続きが煩雑なビザの習得が必要だったのですが、(語学学校からの書類を取り寄せたり、渡航する前に滞在先を決定して滞在証明をもらったり・・となかなか大変でした)一年間までであれば長期滞在の手続きが簡素化されるかと思います。

■ その他のメリット

- 語学学校や滞在先を実際に足を運んでじっくりと選ぶことができるようになる。
これまでは学生ビザがないと長期滞在ができなかったので、留学する以前に半年以上通うことになる語学学校を実際に訪問することなく
決めなければならなかったのですが、ワーキングホリデービザを取得することにより、スペインに来てから語学学校を決めることができるようになります。また学校が合わなかった場合は、すぐに帰ることもできるようになり、”自分にあった語学学校”を柔軟に選ぶことができるようになります。

‐ 学生ビザを発行してくれない安価で良質な大学のコースや公立の語学学校に通うことができる
大学や公立の語学コースは料金も私立の語学学校より安く、また一般的に講師の質もよいのですが、学生ビザに必要な書類の発行をおこなっていないためこれらの学校に留学目的で参加することはこれまではできませんでした。ワーキングホリデービザを利用すればこれらの学校に通うことが可能になります。

- ビザに必要な書類の発行をしてもらうことができないコースにも通うことができる。
時間数や認可がネックとなって、学生ビザに必要な書類を発行できない語学学校以外の専門的なコースもワーキングホリデービザを使えば
参加することができるようになります。フラメンコ、サッカーコーチの資格を取るためのコースなど本場で思う存分極めることがやりやすくなるはずです。

‐ いろいろな都市に滞在できる
やはりこれまでは長期滞在の場合はビザを得るために原則一つの学校から6カ月以上授業を受ける証明書が必要となったため、原則一つの都市にとどまることが前提となりましたが、そのしばりがなくなるため色々な都市に滞在することができる。

■ スペインへでのワーキングホリデーを有意義なものにするために

与えられた一年をどのように使うかはもちろん、それぞれの自由です。ただ”明確な目的を持つ”ことは必須だと思います。
少し大変な思いをすることを覚悟してでもスペイン語に没頭すれば、一年たったころにはスペイン語が流暢に話せるレベルになることは間違いないです。ただ、逆に何の目的もなく過ごしてしまうと(もちろん、”一年間休むこと”が目的であればそれはそれで構わないと思いますが、)スペイン語のレベルも来た時と全く変わらず…になりかねません。

ワーキングホリデーで与えられる滞在期間は”一年間”。限られた一年間は思っているより短いです。
若年失業率が未だ50%を超えるスペインで、たとえ”労働許可”があるとしても仕事を見つけるのはかなり困難です。
雇い主としても一年という限られた時間しか雇うことのできない人材に”やりがいのある仕事”を与えるとは考えにくいです。
また単純労働で得られる対価は日本よりもずっと低いです。
なので、”だれでも代わりの利くような仕事”に貴重な時間を費やす必要がないよう、一年間暮らせるくらいの十分な資金を事前に準備することは必須といえます。(いくらスペインで働けるといっても、滞在資金の準備のためであれば事前に日本で必死にアルバイトをした方がずっと効率が良いです。)

また、スペイン語が流暢でない場合に唯一つくことができる仕事といえば、”日本食レストラン”での仕事(おそらくそれすらも競争率が高いかもしれませんが)この場合雇い主もスタッフも日本人の場合が多く、結局のところ(特に厨房などの担当になるとスペイン語に触れる機会はほぼないかと思います。)スペインにいてもスペイン語にあまり触れることのない環境にいることになり、わざわざスペインに来た意味も全くなくなってしまいます。
スペインで日本料理店や日本人に囲まれて仕事をするより、(はっきりいってそんなことをしていたらスペイン語なんて全く身につきません。それに賃金も日本より安いことは言うまでもありません)もっと日本で割のいいアルバイトや仕事ををワーキングホリデーの前に資金準備のために集中して行い、スペインに滞在できる限られた一年間を無駄にして後悔しないように(もちろん、ゆくゆくはスペインで日本料理屋を開きたいという方なら別ですが・・)スペインでは”スペインでしかできないこと”に集中すべきだと思います。

スペインとのワーキングホリデー協定に関して言えば”単に留学の手続きが簡素化された”ととらえるべきで”働ける”ことを前提にするべきではないと個人的には思います。
ただこれまで留学を計画なさっていた方にとっては実現のチャンスです!
今後、実際の開始日や、ワーキングホリデービザを申請するための詳細などが徐々に発表されていくかと思いますので
留学をお考えのかたは是非チェックしてみてくださいね。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話