使える、”スペイン語ハック”テクニック

スペイン語に限らず、語学の習得はまず”インプット”に基づいた”アウトプット”を繰り返し行っていく過程です。
”インプット”、たくさんスペイン語を聞いてリスニング力を鍛えたり、本や新聞、インターネットなどでスペイン語を読んで単語を身に着けていったり、
スペイン語レッスンや独学で文法を学んだり…の段階をまずクリアして”アウトプット”するための基礎ができあがります。
ただ残念ながら、この”インプット”の段階で躓いてしまってスペイン語をあきらめる方が多いです。
逆に言えば、この”スペイン語の知識をひたすらため込む”インプットの段階を上手にクリアする方法を自分なりに確立できれば、スペイン語はほぼ習得できたも同然です。

スペイン語習得のスピードもアップも期待できる”楽しみながら続けられるインプット”のテクニックとは…

1. 自分の身近に感じられる興味を持てる教材を選ぶ
ポッドキャストやYOUTUBEチャンネル、インターネット経由のテレビ番組…昨今インターネットのおかげで本当にスペイン語の素材を手に入れることが簡単になりました。なので比較的簡単に自分の好きなテーマのインプット素材もみつけることができるはずです。まずどのレベルにおいてもスペイン語の音になれることはとても重要です。最初は内容がわからなくても全く問題ないです。学習が進むにつれて余裕があればスクリプトを同時に見ることができる教材を使うとより効果的ですが、とにかく最初はたくさん身近な分野や興味のある分野のスペイン語を聞いてください。

2、すでに日本語で理解していることをスペイン語で繰り返しやってみる
すでに学んで身についていることであれば言語が変わっても理解できます。知識として身についているので単語も頭に入ってきやすいです。
たとえば、すでに日本語で読んだ新聞記事のスペイン語訳を読んでみる、すでに内容は頭に入っているのでその分、単語や文法、フレーズの使い方に重点を置いて読むことができます。


3. 隙間時間の徹底活用、趣味をスペイン語でやってみる

通勤時間や、休憩時間など隙間時間も合わせれば結構な時間になるので活用しない手はないです。スマホでアプリやポッドキャストにアクセスしたりしつつ、疲れない程度に(笑)スペイン語と接してみてください。個人的にはスペイン語の音楽がおすすめです。アップテンポで聞いていると元気になるような曲も多いです。
また趣味に費やす時間も余力があれば、スペイン語に置き換えながら、あくまで楽しみながらやってみるとボキャブラリーが増えること間違いなしです。

”むずかしいことはとりあえず後回し”、インプットしなければならないことは五万とありますので(笑)まずは自分の楽しめるあるいは自分にとってマスターしやすいと感じられるトピックに関するインプットを行って、それらに関する単語やフレーズがアウトプットでも使えるようになってから、苦手だなと思う分野に取り組むやり方で十分です。

まずは”楽しいことからやる”、スペイン語習得までの長ーい道のり、途中でギブアップしないための心得でもあります^^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語のリスニングスキルを上げるコツ

スペイン語の”読む・書く・聞く・話す”のスキルの中でも最も練習しやすいのがリスニングスキル。
”スペイン語をただ聞いているだけ”でも、リスニングスキルアップには役立っています。

一方で、より早く、効率よくリスニングスキルを上げる方法ももちろん存在します。
スペイン語を聞く練習はしているものの、なかなか話の内容が理解できるようにならない、と感じ始めたら
普段のリスニング練習の時に以下をプラスしてみてください。

1, スクリプトのある教材を使ったリスニング。
ただ聞くだけでなく、聞いている音源のスクリプトを見ながらリスニングをすればわからない単語やフレーズに出会ったときに意味を確認することができます。
リスニングの練習だけでなく、ボキャブラリーを増やすことができるのでお勧めです。

2.気に入った音源を繰り返し聞く
トピックや話し方が気に入った音源であれば一度だけでなく繰り返し聞くようにしてみましょう。
繰り返し聞くことによって音源の内容がさらに理解できるようになりますし、また気に入った話し方であれば覚えられるくらいまで繰り返し聞くと発音やイントネーションなどの参考にもなります。

3.自分の興味のある分野の少し長めの教材を聞いてみる
それぞれの受講生の方に興味がもてる分野(理解がしやすい分野)があると思います。
そのような分野に関しては少し長めのリスニング教材を聞くことにチャンレンジしてみましょう。
長さになれることによって、ほかの分野のリスニングスキルアップにも貢献してくれます。

4.”フォーカスポイント”を意識して聞いてみる
教材の中に新しい単語やフレーズを見つけたら、2回目に聞くときは特にその単語やフレーズを意識しながら聞いてみることによって
それらの単語やフレーズが頭に残ります。

5.自分なりの”リスニングポイントノート”で会話の上達にも貢献
中級レベルになってある程度会話ができるようになったら、会話の練習の際に講師に”間違えやすいポイント”あ躓きやすいフレーズのチェックをお願いし
自分なりにノートにまとめてみます。リスニングの際にそれらのポイントやフレーズが実際どのように使われているかに気を付けながら聞くことで復習になります。

”なんとなくのリスニング”の練習に上記の5つのポイントを取り入れると、リスニングと同時にボキャブラリーを増やしていく練習になっているので確実に数か月後に聞いている教材がかなり意味を理解できるようになっているはずです。とくにDELEやスペイン語検定など試験合格のためのリスニング力アップが必要な場合は短期間で効果が出る方法でもあるのでぜひお試しください!
ただ力みすぎてスペイン語のリスニングエクササイズが嫌になってしまった・・なんてことにならないよう、”なんとなくリスニング”でスペイン語を聞くことを楽しみつつ、両方の方法で着実に”聞く力”を鍛えてくださいね。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

少しでも楽にスペイン語を学ぶコツ

スペイン語の習得、スペイン語だけでなくすべての外国語の習得にはある程度の努力は必要です。
しかしながらやりようによっては”努力”を努力と感じることなく、楽しく身に着けることもできます。

ちなみに、私自身がスペイン語を身に着けた時も”努力”というよりはいつの間にか夢中になって楽しみながらやっていたら身についた”という感覚でした。

こんなやり方でもスペイン語は身につく、少しでもお役に立てば幸いです!

■ 苦手なことはやらない(あるいは後回しにする)

いくらやる気満々でスペイン語をはじめても、やっぱり外国語。スペイン語の場合発音はローマ字読みなので、発音に関してはローマ字さえよめれば大丈夫なので始めやすい印象もありますが、日本語との共通点は、ゼロです。なので”比較的日本人にとって学びやすい”とされていても、ほかの言語に比べて学びやすいだけであって、やはり特に最初はなかなか単語が覚えられなかったり、日本語にはない文法に躓いたりが当たり前。なのであえて最初は”苦手なことはやらない”。話すのが苦手だなと思ったら、まずは徹底的に読む練習をするあるいは聞き取りに徹する…。一つがある程度のレベルまでできるようになると自信がついて苦手な分野に取り組む気持ちの余裕も出てきます。
最初から”話す・聞く・読む・書く”をバランスよくやろうとすると苦手なテーマで止まりがちになり、挫折するきっかけにもなりかねません。
私自身は”話す”ことは好きで割と早い時期から話すことはできるようになり、それにだんだんと聞く力が追い付いていった…という感じです。いまだに読むのが苦手で新聞の記事などを読むのが苦痛で仕方がないですが、全く読めないというわけではないですし(笑)のんびり読む練習をしています。すべてパーフェクトにできるようになる必要は全くないですし、最初ならなおさらです。まずは自信をつけるために得意なことから極めましょう!

■ 辞書に頼る、特に電子辞書
ちなみに講師によっては”西西語辞典”(スペイン語の類義語辞典)を進める人もいます。確かに”スペイン語をスペイン語で理解しなければならない”ので語彙力を伸ばすのには効果がありそうです・・。私自身も受けていたクラスで”西西語辞典”を勧められ、買ってみたものの。一度も使いませんでした。(ちなみに現在もパソコン台として活躍をしてくれています。重みがあるので便利です(笑)
意味を調べるのに時間がかかるとそれだけでストレスになるからです。特に学び始めの時は意味の分からない言葉だらけです。
少し値段が高めになりますが、一番便利なのは電子辞書です。新しい単語を見つけたらすぐに意味を調べることができますし時間もかかりません。調べる作業自体にストレスがないので何度も繰り返し調べているうちにいつの間にか単語を覚えてしまった、という効果も期待できます。

↓電子辞書便利です^^


カシオ 電子辞書 エクスワード スペイン・ポルトガル語モデル XD-G7500 コンテンツ100


■ 文法は覚えようとしない、必要ないので。

学習の時々文法書を読むことは、特に疑問点があり行き詰った時は役に立ちます。が、文法はあくまで”使う”ものであり”覚える”ものではありません。
なんとなく話せるようになってから文法のルールに従って会話をブラッシュアップという方法もあり、です。(ちなみに私は完全にこのやり方でした)

■ ややこしい決まりは理解しようとしない
日本語とスペイン語は全く異なる言葉です。日本語に存在するきまりがスペイン語にはなかったり、逆もしかりです。たとえば”冠詞”、日本語にはないので説明はつけがたく、日本人にとっては使い方も含め理解しがたいです。究極の説明は”スペイン語はこうだから”となり覚えるしかないのです。スペイン語特有の”ややこしいきまり”は理解しようとするだけ無駄です。ひたすら使ってマスターしてしまいましょう。

■ 日常生活の一部としてスペイン語を取り入れる
通勤の時間帯にインターネットラジオでスペイン語を聞いたり、スペイン語の本を読む時間にあてたり、日常生活の一部になっている”必ずやらなければならないこと”にスペイン語を組み込んでみてください。ほんの些細なことでも長くづづけていると大きな成果が感じられる日が必ず来ます。ちなみに私自身は単語帳に家の中にあるもののスペイン語単語を書き込み、それをそれぞれ家具や電気製品などに張り付けていました。毎日いやでも目にするのでそれらの単語に関しては特に練習をすることなく覚えることができました。
あるいは単語帳を作るのすらめんどくさい場合(苦笑)既存のフラッシュカードを家の家具などに張り付けるという手もアリです。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

食欲の秋!食べ物に関するスペイン語の表現(3)

多くのスペイン人が最も情熱を注いでいるもののうちの一つ”食べ物”。
日本では”食欲の秋”という表現がありますが、彼らにとっては一年中が”食欲の秋”のようです(笑)
なので”食べ物”を用いた会話表現もたくさんあります。

以前2回にわたって会話に頻出する”食べ物を用いた表現”を紹介させていただきましたが
今回は第三弾です

スペイン語会話でよく使われる食べ物を使った表現(1)

スペイン語会話でよく使われる食べ物を使った表現(2)

■ Estar como un queso

”チーズのよう”は”かっこいい/綺麗、とても魅力的である”という意味で,男性に対してつかわれることが多い表現だそうです。
なぜチーズ?なのかは出どころははっきりしないようなのですが、スペイン人は一般的にチーズが好きなことからきているようです。
また同じ使われ方をする表現に”Estar como un tren(電車のようだ)”があります。

■ Dar calabazas (a alguien)
実りの秋の代表的な野菜であるカボチャ。スペインでもカボチャを使った料理は多くみられますが、表現においてはあまり良い意味では使われないようです。
Dar calabazas は”(試験などに)落ちる、不合格になる”またDar calabazas (a alguien)は”(目的となっている人物)を拒否する”という意味です。

■ importar un pepito
以前似た表現で”Importar un pimiento”で”Pimiento”ピーマン、が登場しましたが、今回は”Pepino*きゅうりです。ただ野菜が変わっても意味は変わらず
ピーマンでもキュウリでも”まったく気にしない、重要性がない”という意味になります・

■ Sacar las castallas en el fuego
日本でも秋の味覚として親しまれている”栗”。スペインも同様で特に*焼き栗”は秋になると街にスタントが立ち、人気の食べ物です。この”焼き栗”から生まれた表現が
”Sacar las castanas del fuego”で”助ける”なかでもトラブルや困った状況にある人や物事に救いの手を差し伸べる、といった意味の表現です。

■ Estar hasta en la sopa
”スープの中にまではいってる”というこの表現は”(ある物や事が)しつこいくらい繰り返し現れること”を意味します。スペインでは食事の前菜としてスープがでることが多いので
毎日口にするような食事にまで出てきたという意味でしつこさが表現されているようです。

■ Comerse el coco
Comer el coco(ココナツを食べる)ではなく”Comerse el coco”となると”考えすぎる”という意味になります。
同じ意味の表現に”Comerse la cabeza”があり、丸いココナッツ(Coco)は頭(Cabeza)と形が似ていることからこの表現が生まれたのかもしれません。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

夏休みボケ解消のためのスペイン語テキスト

8月ものこすところあと数日。
今週あたりから一気に長い夏休みを終えて帰ってきた人たちでにぎやかになり始めます。
(8月のバルセロナは一気に地元の人の人口密度が低くなるのです・・)

この時期ほとんどのスペイン人は”夏休みボケ”(長い休暇を取った挙句夏休みボケかい!とつっこみたくなりますが・・)

日本で普通に働いていらっしゃる方は”夏休みボケ”はないかもしれないですが、
夏休みで普段家にいない家族がいたり、長めの休暇をとったりでスペイン語の学習ペースを崩された方もいらっしゃるのでは
と思い、スペイン語の”夏休みボケ”解消、におすすめの本やテキストをまとめてみました。

キーワードは”モチベーション”と”手と口を動かす!”です。
9月になると暑さも和らぎ学習しやすくなるかと思いますので(笑)ウォームアップにご活用ください!

■ NHKテレビ 旅するスペイン語 2018年 9月号

この番組をみただけではスペイン語は話せるようになりませんが^^;
”スペインに行きたい!”という気持ちにさせてくれる語学番組です。
さすがNHKさんスペイン語学習のためのモチベーション維持の大切さをしっかり心得ていらっしゃいます(笑)

10月からは”後半”のエピソードが始まります。
9月は前半のエピソードの最終月。10月からスタートするエピソードを理解するために、おさらいの意味で見ておくといいかもしれません。

■ スペイン語の世界

スペイン語の成り立ちがつづられた読み物。読めばスペイン語が上達するわけではないのですが(苦笑)、”スペイン語”の世界の奥深い魅力が満載で、スペイン語を学ぶことへの興味をかきたててくれます。
スペイン語学習をちょっと挫折しそうになっている・・そんなときに読むと、あらためてスペイン語の魅力に気が付かせてくれる一冊です。

■ CD2枚付 改訂版 口が覚えるスペイン語 スピーキング体得トレーニング
ちょっとめずらしい”スピーキングを一人で練習できる参考書”です。日本語の例文をスペイン語に訳すというエクササイズが600問。文法書ではないので丁寧な文法の説明はされていせんが、”スペイン語を口に出すこと”に慣れるトレーニングやまた通訳を目指される方のトレーニングに適しています。

■ 極める! スペイン語の基本文法ドリル

文法事項を一通り網羅しているので、一冊仕上げると自分の文法の弱点を知ることができます。
今後の学習計画のポイントをつかむために役立つ一冊です。

■ 極める! スペイン語の動詞ドリル《CD付》
スペイン語の最難関の一つとされている”動詞の活用”。克服するにはひたすら練習する以外方法はありません。
”動詞”だけに特化したドリルで集中的に学ぶことによって、最難関の克服を可能にしてくれます。”動詞が苦手”と感じる方は参考書など読まず、ごちゃごちゃ考えずに
まずこのドリルをひたすら解いてみましょう

■ CD付きオールカラー 超入門! 書いて覚えるスペイン語ドリル

スペイン語からしばらく離れていた人や、またスペイン語を始めたばかりの人の”ウォームアップ”に適した参考書です。
オールカラーでとっつきやすく、また内容もわかりやすく書かれているのでスペイン語が身近に感じられます。
まずはこの一冊を終えてからレッスンに取り組むのもよいかもしれません。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

国籍を用いたスペイン語表現

スペイン語会話にはよく独特の表現が登場します。これらの表現のうちの中に日本語には似たようなものがない”国籍を用いた表現”があります。
国どおしが隣り合っているヨーロッパならでは?(表現の中にはもちろんヨーロッパ以外のものもありますが)
それぞれの表現の起源もなかなか興味深いものもあるので、いくつか紹介させていただきますね。

■ Hacerse el sueco
”el sueco”は”スゥエーデン人”のことです。”スゥエーデン人になる”はスペイン語では”ぼーっとしている、(物事の)飲み込みが遅い”を意味しています。
この表現はもともとスゥエーデン人ではなくSuecoの代わりに”Zueco”(サボ、木でできたサンダル)を用いた表現でローマ時代のお笑い芸人がこの”Zueco”をはいていたことから
”ぼーっとしていて、ドジな人”の代名詞が”Zueco”となったそうです。その後発音が類似している”Zueco”と”Sueco”が入れ替わってこの表現が出来上がったそう。
決してスペイン人がスウェーデン人のことを”ぼーっとしている”と思っているわけではありません^^;

■ Ser un cabeza de turco
”Truco”はトルコ人のことです。”Ser cabeza de truco”は”スケープゴートになる”、悪い出来事の責任をなすりつけられる、という意味です。
この表現の由来は十字軍が、トルコ軍と戦っていた時代にさかのぼります。十字軍がトルコ軍の首を仕留めた際に戦士たちが、その首に向かってこれまでのトルコ軍の悪行の責任をその首に向かってぶちまけていた習慣からきているそうです。(若干おどろおどろしい起源ではあります・・・)

■ Despedirse de la francesa
“La fransesa”は”フランス人の女性”のことです。直訳をすると”フランス人の女性に別れの挨拶をする”という意味の表現になりますが、意味は”あいさつをせずに去る”です。
”あいさつをせずに去る”は一見、礼儀を欠いた行動に思われますが、もともとこの表現の由来となった中世のフランスでは逆に場の雰囲気を壊さないために”挨拶をせずに去る”ことがよくあったそうです。

■ contar un cuento chino
, Chinoは”中国の、中国人”という意味ですが、”un cuento chino”は”(相手をだまそうとする)デタラメ”という意味になります。
この表現の由来はかつてシルクロードを旅したヨーロッパの商人たちが、信じがたいような素晴らしい(中国の)話をしていたことに由来しています。
時を経てなぜかネガティブな表現になってしまい、”Contar un cuento chino “は”デタラメをいう”という意味になってしまいました。

■ Tener puntualidad britanica
Britanicaは”イギリスの”という意味です。スペイン人にとってのイギリス人のステレオタイプは”時間にきっちりしている”だそうです。このことから”イギリス人の時間の正確さ”を持っているということは”時間にかなりきっちりしている”という意味を表します。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

新講師スサナがレッスンをスタートしました

8月、夏休みも終わりに近づきつつあります。スペインでは9月から新年度スタート。
また11月のDELEの試験に備えて本格準備を始められるかたも多いかと思います。

受講生、そしてこれからスペイン語を始められる方の心強いサポートとなってくれる講師スサナがレッスンを開始しましたのでお知らせさせていただきます。

スペイン北部、アストゥリアス出身のスサナ。 大阪に約三年間滞在し、関西外国語専門学校で日本語を学びました。大阪にはたくさんのいい思い出があるそうです。
  サラマンカの大手語学学校でELE(外国人のためのスペイン語講師養成コース)を修了後、日本やドイツなどでスペイン語講師としての経験を積んできました。 日本人スペイン語学習者へのレッスン経験が豊富で、日本人ならではの”つまずきやすい”ポイントもしっかり把握。またキッズレッスンもこれまで数多くこなしてきました。 入門者の心強い味方です。現在は台湾の生徒さん達にもスカイプレッスンを行っているとのことで、オンラインレッスンの経験も豊富です。

レッスンにおいては”受講生のペースを最重視”をまず第一に心がけているそう。ゆっくりと解りやすい話し方で、必要な場合は日本語での説明もしてくれるので入門レベルの方や年齢の低い受講生の方も安心してレッスンをお受けいただけます。(もちろん、それ以外のレベルの方も!)

【ごあいさつ】
(スサナ本人が記入しました) こんにちは Hola
私の名前はスサナです。初めまして!Me llamo Susana, ¡encantada!

スペイン北部のアストゥリアス県にあるヒホン⎡Gijón⎦という町に住んでいます。日本に約三年間住んでいました。梅干と抹茶、日本酒が大好きです。 美味しいですよ!¡Muy rico!
10年前からスペイン語の教師で関西外語専門学校で二年間日本語を勉強しました。
私は英語、日本語、ドイツ語が話せます。そのことで、私は外国語習得の困難さが理解できるので、生徒さんの立場に自らを置くことができるのです。

レッスンは100%生徒さん重視です。また私は非常に融通の効く教師ですので、いかなるご要望にもお答えします: 初心者のためのスペイン語、DELE試験対策、旅行のためのスペイン語、会話、何でもいいですよ! 皆さんとレッスンでお会いできるのをとても楽しみにしています! スペイン語の勉強一緒に頑張りましょう!¡Hasta luego!

日本で主に滞在していたのが大阪、同郷出身なので思わず話が弾みました^^。
大阪にいたころは日本語のレッスンのあとにみなで居酒屋に行くのが楽しみだったそうで、”大阪の人もスペイン人の人と同じでバル(居酒屋)に行くのがすきだよね”といっていました。
日本語が堪能なだけでなく、日本文化にも精通していて日本の話を始めると話が尽きないスサナ。

通訳ガイドやボランティア通訳を目指されている方の会話のレッスンにもきっとお役に立てるはずです。
どうぞよろしくお願いいたします!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

ありえないくらい暑すぎる…をスペイン語でいってみると

今年は世界各国暑さが厳しく、スペインではやっと少しひと段落しましたが、
ピーク時は40度を超える地区もありました。

ちなみにスペイン語で‘暑い‘は “Hace calor”, ”とても暑い”は”Hace MUCHO Calor”
が標準的な表現ですが、
“暑いー”で言い切れないほどの気温の日々が続いていました。そんな”あり得ないくらいの暑さ”を表現するフレーズは…

■¡Qué horno!

“Horno”は“オーブン”を意味する単語です。Que hornoは意訳すると“オーブンに入っているよう(に暑い)”という表現です。
確かにオーブンの中は想像したくないくらい暑そうです…。

■ Me estoy asando
Asarは”焼く”という意味です。Me estoy asando は直訳すると“自分自身を焼く”という意味になりますが、この場合“焼かれていると思えるほど暑い”
ということを表現するフレーズです。

■ Estoy cocido(a)
“Me estoy asando ”と似た表現で、CocidoはCocinar(料理する)の受動態で“料理された”の意味、“料理された(と思えるほど暑い)”という意味です。

■ Me muero de calor!
スペイン人は何事も大げさにいう人たちではありますが、Me muero de calor(暑死にする!)と言っているうちは大丈夫…、耐え難い暑さの時にかなりよくつかわれる表現です。

■ ¡Me achicharro!
“Achicharrar”は“焦がす”という意味の単語です。”焦げ付きそうなほど暑い!”太陽の日差しが強く、気温かかなり高くなった状態のときに使う表現です。

■ ¡Estoy sudando como un pollo!
”pollo(鶏)”はスペイン語にはよく登場する表現で、どちらかというとネガティブさを大げさに言うときに用いられることが多いです。
直訳すると”鶏のように汗をかいている”で、”ものすごい汗をかいている”ということを意味する表現になります。

また湿気に関しては(スペインの夏はどちらかといえば、乾燥しているので、あまり耳にしない表現ではありますが)

■ Hace muy bochorno
Borchornoは”湿気が高い”という意味の単語です。

■ el aire esta muy pegajoso
”Pegajoso”は動詞”Pegar”は”くっつける”の動詞からできた形容詞で”べとべとする”という意味です。
上記の表現は”空気がべたべたしている”で湿気が高い”となります。

などの表現があります。

少し暑さは和らいでいるようですが、油断せず!?暑さが戻ってきたらすかさず上記のフレーズを使ってみてください!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語会話力を”話さずに”劇的にアップさせる方法

’スペイン語を流暢に話せるようになること”はスペイン語をまなんでいらっしゃるほとんどの方にとっての目標かと思います。

”実際に話す”練習はもちろん、会話がスムーズにできるようになるには必須ですが、日常会話がある程度できるようになってくると
”実際に話す”こと以外にも、会話力をさらにアップするために”話さずに”できる方法があります。

その1.スペイン語をできるだけたくさん聞く
すきま時間を使って簡単にでき、かつ効果があるのが”ただひたすらスペイン語を聞く”エクササイズです。
”聞く”ことそのものが脳に”新しい言語”を定着する働きをし、また聞いている内容が興味深いものだったり、声が聞いていて心地よいものだったりすると
感情的にポジティブな結びつきができ新しい言語の定着を促します。
また”聞く訓練”は”会話における理解力”を高めてくれる練習にもなります。聞いているコンテンツのスクリプトを手に入れることができれば、新しいボキャブラリーの獲得にも役立ちます。

その2.スペイン語をたくさん読む
”読む”ことによって、それぞれの単語が前後の文脈で実際どのように使われているかを知ることができ、また新しいボキャブラリーを増やしていくことにも役に立ちます。
話すことをレベルアップしていくためにはボキャブラリーを増やすことは欠かせません。”読む”といっても最初はテキストなどに限られてしまうかもしれませんが、徐々に会話力をあげる”ボキャブラリー増強”のためにまずは興味のある分野の短めの記事などから始めてみるのがお勧めです。

その3.スペイン語ネイティブの真似をする
”聞く”ことと”読む”ことを繰り返すことによって、”スペイン語脳”へのインプットがどんどん蓄積されていき、スペイン語を発することに徐々に抵抗がなくなってくるのを実感することができるようになるはずです。この段階で効果的なのが”真似をすること”

スペイン語の発音を効果的に練習する方法

の記事でも紹介させていただきましたが、”真似をすること”と体系的に行う方法が”シャドーイング”です。
もちろんある程度の時間を確保してしっかり”シャドーイング”の練習を行えるに越したことはないのですが・・
単にリスニングを行っているときに聞こえてきた、知っている単語が含まれたフレーズを”真似をしてみること”発音の練習になるだけでなく、覚えた単語が実際に使われているフレーズを真似してみることは、実際に自分が使うときの予行演習にもなります。

その4.スペイン語を書く
”書く”ことは”話す”ことと同じように、これまでインプットしてきたスペイン語のボキャブラリーや文法の知識をフル活用するアウドプットの作業なので、
実際”書けば書くほど会話力の向上に効果が出る”ことは事実です。
話す場合と違い書く作業には考える時間がありますし、またあとから間違いを見直したりもすることができますので、スムーズに話せるようになるためのスペイン語の組み立て方を訓練するのにはぴったりの練習方法であるといえます。

ある程度スペイン語を話せるようになってきたけれど、上達に行き詰まりを感じた場合は、いったん立ち止まって”聞く””読む””書く”の練習を普段より多く行ってみると、”会話力”のレベルアップが実感できることは間違いなさそうです^^

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語習得までの3つのステージ

『スペイン語をある程度話せるようになるまでにどれくらい時間がかかるのか』

スペイン語を習得するのにかかるのはXXX時間

をアメリカで実際行われた調査をもとにすると習得までにはだいた720時間。

720時間に達し”スペイン語が話せるようになる”までには以下の3つのステージを通過することになります。
さて今どのステージ攻略中でしょうか?
それぞれのステージの攻略ポイントもまとめてみました。

■ 第一ステージ
費やした時間の目安 60時間から90時間

”スペイン語になじみ始める”段階です。約1000語前後の単語を認識することができ短いフレーズなら繰り返し聴くことによって理解できるレベルです。
まだ話すことはできませんが、脳が母国語とは違う言語体系を継続的に新しい言語(スペイン語)に触れることによって徐々に記録していきます。

新しい単語は最初はどれも同じに見えてしまってなかなか覚えられないというのもこの段階ではよくあることです。
この段階で効果的なのは単語をまる覚えしようとせず、文章やフレーズなど”前後のコンテクスト”のあるかたまりで理解することです。

またこの段階では会話らしい会話はまだできないので、会話の練習としては大きな声を出しての”音読”が役に立ちます。まだ脳がスペイン語特有の音を識別できていない段階ですので”正しい発音”を試みる必要はあえてないです。

この段階は独学でも到達することが可能です。

■ 第2ステージ
費やした時間の目安 180時間から360時間

徐々にネイティブの日常会話が理解できるようになり始め、このステージの最終段階では約90%の会話にでてくる単語の意味が理解できるようになっています。
いろいろな教材に触れてボキャブラリーを増やしたりスペイン語そのものにどんどんなじんでいくことにフォーカスをして学習を進める時期です。”興味の持てる教材”を見つけることがポイントとなってきます。

早いと感じられるネイティブの会話も少しづつ理解できるようになってくる段階です。
とにかくいろいろな教材にふれ、聞いたり読んだりしながらボキャブラリーを増やすことが効果をそうするステージです。またこの段階では上達が目に見えて感じられ”新しい単語を覚えれば覚えるだけ使えるようになっている”ことを体感できるステージでもあります。

■ 第3ステージ
費やした時間の目安 360時間から

ネイティブの速度の速い会話もほぼ90%理解できる段階です。スペイン語学習者にとっては一番”スペイン語をやっていてよかった!”と感じることができる段階です。スペイン語圏に旅行しても、時々間違ったりすることはありあすが特に困ることもなくスムーズに旅先のネイティブとコミュニケーションができます。

”スペイン語脳’が形成されているので、少しくらいスペイン語を話さない期間があっても忘れてしまうということはありません。
また”スペイン語を使ったスキル”たとえば、スペイン語でのプレゼンテーションスキルやビジネスレポートを書くスキルを磨き始めるのにも適した段階です。
さらに”流暢さ”を磨くために、ネイティブの言葉の選び方やネイティブ特有のフレーズなどもどんどん新しく吸収していくべきです。

正直なところ”3つのステージ”を説明するのは比較的簡単なのですが、クリアするのはなかなか難しい・・です。
ステージの段階を上がっていくためにまず常に心がけておくべきなのは

”モチベーションの維持” と”スペイン語を学ぶことを楽しむこと”です。

スペイン語の習得に取り組む際には、モチベーションを保てるように、常に”目標を意識できる”工夫と、自分なりに楽しめる学習方法を見つけておくことも
”学習そのもの”と同じくらい大切といえます。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話