スペイン語で楽しむワールドカップ2018

worldcup

5月14日からいよいよサッカーのワールドカップが、今回はロシアで開催しました。
ワールドカップはスペイン語では”Copa Mundial”あるいは単に”Mundial”です。
(ちまたでは”Mundial”という人の方が多い印象です)
スペインは2010年に優勝したこともあり、チームへの期待は大きくかなりの盛り上がりを見せます。

各メディアも大きく”ワールドカップ特集”を組んでいます。
サッカー好きのかたは(もちろんそうでない方も!)
スペイン語でワールドカップのニュースをいち早くチェック!

各誌のワールドカップ特集ページ

スペインの主要スポーツ誌、

Marca
AS
Mundo deportivo

一般紙も・・サッカーにあまり詳しくない方はこちらに掲載されている記事のほうが読みやすいかと思います。

-El paisのワールドカップ特集

-El periodicoのワールドカップ特集

またワールドカップをさらに楽しむために役に立ちそうな記事を各誌からピックアップしてみました。

■ Calendario Interactivo Mundial Rusia 2018
スポーツ誌”Marca”のワールドカップインタラクティブカレンダー。
各国の試合の日にちが、トーナメントが進むにつれて一目でわかり便利です。

¿Qué equipo tiene más jugadores en cada selección del Mundial?
各国でリーグのどこのチームの選手が代表に選出されているかをまとめた記事です。スペインはリアルマドリッドから6名、他の国に比べると圧倒的な比率でした。

■ Los dorsales de los 736 jugadores del Mundial de Rusia
ワールドカップに出場する全736選手の写真と名前のデ-タです。

■ Los partidos más igualados de la fase de grupos del Mundial
ランキングが近く実力が同等なため接戦が予想される試合のまとめ記事です。”ペルー対デンマーク””クロアチアとアイスランド””ブラジル対スイス””スペイン対ポルトガル”そして初日の”ロシア対サウジアラビア”が挙げられています。”ロシア対サウジアラビア”はロシアが圧勝しましたが、実力が近い国同士の試合は接戦が予想され、盛り上がりそうですね!

■ Infografico interactivo:los datos mas relevantes de todo los mundiales de historia
ワールドカップ参加国の国全てのこれまでの”ワールドカップでの歩み”選手やそのほか関連デ-タを国別にグラフなどを用いてまとめた記事です。かなりマニアック、とともにここまで細かい記事を作成してしまうスペイン人の”サッカーへの情熱”を感じずにいられません…。

■ los mejores imagenes de mundial
ワールドカップのベストショット集。随時更新されこれからどんどん増えていく予定です。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

楽しくなければスペイン語じゃない!子供のためのスペイン語教材

childrenbook

語学の習得は早く始めれば始めるほど身につきやすいと、言われています。

確かに海外赴任などで親について行った子供たちが、親が苦労しているのを横目に現地の言葉をすらすら習得しているというのはよく見かけるので、小学校低学年やそれ以下の時期は頭が柔らかいのでに外国語が身につきやすいというのはある程度事実です。

なのでお子様自身が自主的にスペイン語に興味を持つようであれば、大人になってから学ぶよりも短い時間で習得することも可能かと思います。

ただいくら自主的にスペイン語を学び始めたとしても、やはり大人と違って”楽しくないと続けられない”のはこの年齢の受講生の方共通のようです。
また上達と習得に必須の”レッスン外での自習”もなかなか難しいかとは思いますが、ご両親がお子様と楽しみながらスペイン語を学べる参考書
いくつかピックアップしてみました。(”勉強すること”を強いるとこの年齢ではトラウマになってしまいますので・・^^;)

補足で・・では大人になってから外国語の習得は難しいのか”といえば
私自身、完全な”語学後発組”であり(いまでこそ3カ国語をはなし+その他2カ国語で簡単なコミュニケーションはとれるようになりましたが、大学に入るまで海外に出たことはなく、英語もアメリカ留学までは義務教育のみでした)、また実際ウノドストレスのサービスをお受うけいただいている受講生の方の実績を拝見させていただく限り”語学は何歳から始めても身につけることができる”は実証ずみですので、ご心配なく^^

■ 絵本を楽しみながらスペイン語に慣れる

言葉図鑑にほんご・えいご・ポルトガルご・スペインご(全2巻セット)

スペイン語だけでなく、英語・ポルトガル語も学べるお得な図鑑です。日本語を介することなく”絵とスペイン語”を直接結びつけて単語を覚えることができるので効率がよいです。またイラストもとてもかわいらしく、絵本のように楽しめます。

Donde Esta Spot? (スペイン語) ペーパーバック

スペイン語だけの絵本なのですが”Spot”という子犬のイラストがかわいらしく、絵を追っていくだけでも理解できる解りやすいストーリーなので
スペイン語が100%わからなくても楽しめる絵本です。文字数もすくなく、スペイン語を始められたお子様が”スペイン語になれる”ための一冊として
ぴったりです。

以下の2冊はバイリンガルの子供が、両方の言葉を練習するために作られた絵本です。すこしづつ”スペイン語を読むこと”に慣れていくうえで役に立ちます。
小学四年生程度の漢字で短い文章を使ってつくられているので、”自習”を兼ねた教材にぴったりです。

バイリンガルストーリー 表記 日本語(漢字を含む)と スペイン語: カエル — Rana スペイン語 勉強 シリーズ

スペイン語で読む: 子供のスペイン語 並列対訳付き (Lingolibros)

■ 本を読むのが少し苦手なお子様向けのスペイン語教材

子供のスペイン語学習DVD6枚セット/見ているだけで、話せる言葉がどんどん増える!Dino Lingo
子供の大好きなアニメをつかったスペイン語学習のためのDVDです。まだ本を読むのには年齢が早すぎる、あるいは本をひとりで読むのは苦手なお子様に。とりあえずテレビの時間を”スペイン語DVD”に置換えるだけでも大いに効果アリです。

子供のための歌 50 曲 子ども スペインの

”スペイン語で音楽を聴くこと”はスペイン語の習得に大いに効果があります。”子供のためのスペイン語の曲”、スペイン語での童謡が集められており、ききながしたり一緒に歌ったり、何度も聞いていると小さいお子様だとおそらく曲を覚えてしまわれるかと思います^^。

■ バイリンガルなスーパーキッズの育て方

おそらく日本でもっとも注目されている高校生の一人、日本人で始めてバルサのカンテラに入団した久保選手。
彼のインタビュー映像はなんどか見ましたが、入団した時点ですでにスペイン語を話し、完全なスペイン語バイリンガルのようです。
サッカーへの興味がきっかけでスペイン語を学ばれているお子様は多いですし、
久保選手のお父様による著書、バイリンガルの子育てのヒントも得られるかと思います。(ちなみに”スペイン語を勉強する”ももちろん含まれています^^)

おれ、バルサに入る!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

講師エステルレッスンを開始いたしました

5月より一カ月ほど産休をいただくことになった講師ディアマルのレッスンの補充のため(もちろんディアマル復帰後もレッスンは継続いたします)講師エステルがレッスンを開始いたしました。

出身はバルセロナ、バルセロナの大手語学学校にてスペイン語講師になるためのコースを修了し、講師資格を取得。バルセロナでは日本人学生を含むいろいろな国籍の生徒にレッスンを行ってきました。

日本の音楽が大好きで歌詞を理解したくて日本語を勉強しはじめ、現在は日本語講師としてもレッスンを行っているエステル。 同じ語学学習者として学ぶところも多い講師です。
もともとは生物学専攻という異色の経歴で趣味も多様なエステル、もちろん日本の文化についても多岐にわたって詳しく、会話のレッスンの引き出しをたくさん持っている講師です。

ester2

【ごあいさつ】

こんにちわ、エステルです。大学のときに、交換留学で大阪に滞在し日本が大好きになりました。 日本語はバルセロナと日本で勉強を続け日本にも何度も旅行をしました!
もともとは生物学を勉強していたので自然が大好きで山登りやトレッキングが大好きです。料理をするのも好きで日本の料理も作れます。(日本に旅をするときはいつもトランクが日本食でいっぱいになります!)。

みなさんのスペイン語の上達に大いにお役にたちたいと大いに張り切っております!。スペイン文化に関してもどんどんなんでも尋ねてみてくださいね。
クラスでみなさんにお会いできるのをとても楽しみにしています!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

旅の”サバイバル”スペイン語(2)道に迷ったときに使えるフレーズ

以前、“旅行のためのスペイン語”の前にやるべきこと で
”旅のスペイン語”というものは実は存在しない・・決まったフレーズだけ覚えても実際のところあまり役に立たない
と以前書かせていただきました、が、旅行にトラブルはつきものです。(それがときには楽しくもあったりするのですが)

旅のトラブルナンバーワンはなんといっても”道に迷う”こと。
迷った時はスマートフォンの地図アプリが道案内をしてくれるので大丈夫・・・ではなかったりします。
地図アプリも間違えることがあります。私自身なんどもバルセロナで経験しています^^;、アプリで調べた行き方の通り道が工事中で通れなくてぐるぐる回って目的日たどり着けず…ということは実際しょっちゅうです。15年暮らしても迷うことはあります。
旅行中、初めての土地勘のない場所で道に迷うと、予想外のトラブルに巻き込まれてしまう可能性もありますので
地図通りに進んでも目的地が見当たらない場合は、手遅れになる前にさっさと道を尋ねましょう。
道を尋ねる際は相手に対して敬語にあたる”Usted”の形式を使うことをお勧めします。
そのほうが相手に与える印象もよいです。
(ちなみに特に犬の散歩をしている人は街の通りなどにはくわしい傾向があるので、なるべく犬を連れている人に尋ねるようにするとよいかもしれないです。)

まず最初に
Disculpa,podria ayudarme?(ディスクルパ、ポドリア アユダ-ルメ?/すいません、助けてもらえますか?)
のフレーズで相手に断りを入れます。スペイン人は基本的にみな親切なので、立ち止まって耳を傾けてくれるはずです。

次に
“Donde esta(目的地)?” (ドンデ エスタ・・?”目的地”はどこですか?)

また道を教えてもらった際に相手の回答を理解するために次の単語は最低限覚えておきましょう。
場所を見つけるのに役立つはずです。

derecha(右)/ Izquierda (左)
Todo recto (まっすぐ)
Gira (曲がる)
Sigue (進む)
Hasta…(…まで)
Mete (中に入る)
en la siguiente calle (その次の道に)
a lado de… (…のとなりに)
En frente de… (…の前に)
Detrás de…(…の後ろに) / Delante de…(…の前に)

英語でやり取りするほうが安心と思う場合はまず
Habla ingles? (アブラ イングレス?/英語を話しますか?)

特に昨今は若い世代の人たちで英語を話せる人が増えてきています。(とはいっても都市部限定ではありますが・・・)

道を尋ねてみて、やっぱり解らない場合は早々にタクシーに乗りましょう。タクシーでは多くの場合
”(行き先の住所)Por favor” 
”ポルファボール”と行き先の住所を伝えれば完了です。道の名前の発音に自信がない場合は住所のメモ書きを渡しましょう。
その場合、似たような道の名前が結構あるのでスペルはきっちり確認してください。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

有名大学へスペイン語で自宅で無料で”プチ留学”

daigaku

ある程度スペイン語でコミュニケーションがとれるようになってきたら(話す、だけでなく読む、書く、聞くも含め)
上達の速度を一番早める方法は”無理矢理使ってみること”です。

スペイン語を”無理矢理使わなければならない”環境に身を置くためには、スペインあるいはスペイン語圏の南米諸国に来るのが一番手っ取り早くはあるのですが、費用も時間もかかり実際それほど簡単ではありません・・・。
スペイン留学のハードルはかなり高いといわざるを得ませんが、インターネットの御蔭で、昨今では色々なコースをオンラインで受講することができます。そのうちのひとつが世界のトップクラスの大学の授業をオンラインでそしてスペイン語で受講することができる”Coursera”です。中には有料のコースや修了証書を得るためには有料のものもありますが、多くのコースが無料て提供されており
実際に大学で受ける授業と全く同じ内容、かつビデオオンデマンドのため、自分の都合がよい時間に受けることができるのもとても便利です。

■ スペインのトップクラスの大学の授業が無料で受講できる

アメリカのスタートアップによってつくられたオンラインプラットフォームであるため、参加している大学はアメリカの大学が多いのですが、スペインからも世界のトップMBAランキング10位の常連であるIESE,ESADE やIE、また公立大学としてレベルの高さに定評のあるUniversidad de Autonoma Barcelona(バルセロナ自治大学)やUniversidad de Barcelona (バルセロナ大学)のコースも受けることができます。
コースの種類はテクノロジーやビジネスに関連するものが多いので、仕事の上でのスキルアップにも役立ちますし、有料の場合もありますが
コースの修了証書を取得しておけば、就職の点でも有利になる可能性は大いにあると思います。

■ スペイン語を話すスキルを高めることができるコースも

”スペイン語を話す”ことに直接役立つコースもあります。たとえば
バルセロナ自治大学によるプレゼンテーションスキルを高めるためのコース
”Cómo hablar bien en público(人前でじょうずに話す方法)”や”¿Cómo persuadir? Jugando con palabras, imágenes y números(どのように説得するか:言葉、イメージ、数字の活用)”
やミシガン大学の”Negociación exitosa: Estrategias y habilidades esenciales(成功するネゴシエーション;戦略とキーとなる能力)”など。

またカリフォルニア大学サンディエゴ校の
”Aprendiendo a aprender: Poderosas herramientas mentales con las que podrás dominar temas difíciles ”
(学ぶことを学ぶ:難しい課目を習得できる強力なメンタルツール)のコースは”スペイン語を学ぶこと”そのものに対しても役立つスキルのヒントをもらえるかもしれません(笑)


■ スペイン語に自信がなくても“見よう見まね”でコースにチャレンジ

もちろん勉強ばかりではなく、”Artes y Humanidades(芸術と人文”では美術に関するコース、作曲やギターのコースも(なぜかどのオンラインプラットフォームにも必ずある”ギターのコース”おそらく手の動きなのでビデオで伝えやすいのかもしれませんね・・)ありますので、こちらはスペイン語が完璧でなくても見よう見まねでコースを受けられそうですし、見よう見まねでもスペイン語でコースを受けることはスペイン語の上達に貢献します^^

家に居ながらにしてそうそうたる世界の有名大学の授業が、しかも無料で受けられるように…すごい時代になりました(笑)活用しない手はない!のでぜひスペイン語の上達に最大限役立ててくださいね。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

音楽に関するスペイン語表現

スペインときけば”フラメンコ”を思い浮かべる人は圧倒的に多いと思います。世界的に有名となった音楽のジャンルを生み出すほど
”音楽”はスペイン人、スペインの生活に欠かせないものです。
なのでもちろん^^音楽に関連するスペイン語表現も様々なものがあります。
知らないと会話が続かなくなってしまう(笑)スペイン語口語表現シリーズ、今回は”音楽に関するスペイン語表現”です。
”Doble Sentido”(直訳とはまた違った意味を持つ単語や表現)は、スペイン語では日常的に使われていますし、また自分自身でも使えるようになると会話がこなれた感じに聞こえるので、少しづつ覚えマスターしていってください。

■ irse con la música a otra parte.
“音楽と一緒に違う場所に行く”は、直訳からもある程度想像できるように”邪魔に感じていた存在がどこかに行ってしまう””しつこかった誘いや勧誘がやむ”という意味です。スペイン語での別のいい方をすれば”Dejar de molestar”です。命令形”Vete con la musica a otra parte”はきつめの表現ですが、しつこい勧誘などには効果があります。

■ Estar siempre con la misma cancion
直訳すると”いつも同じ曲のところにいる”は”いつも同じテーマの話しばかりしている””同じ話しばかりいつも繰り返す”の意味です。
いいかえると”Siempre habla de lo mismo”。そのままでも意味が通じかねない言い回しなので文脈によって理解する必要があります。

■ Quedarse con la copla
”Copla”は”歌詞の塊”の意味で、スペイン語の詩を音楽に合わせやすいようにまとめた塊です。(ゆえに日本語に訳後が存在しません)
”Quedarse con la copla”は”歌詞を覚える”という意味に近く、表現としては”(ある物事に対して)深い理解を持つ”という意味で使われます。

■ Llevar la voz cantante
”Cantante(歌い手)”はいつも曲においては一番鍵となる存在です。その意味から”Llevar la voz de cantante(歌い手の声を持っていく)”は”状況をコントロールする””リーダーシップをとる”というような意味で用いられます。

■ Dar la nota
”Nota”は””音符”という意味です。”Dar la nota”は”周りと違ったことをして目立つ”という意味で、良い意味でも悪い意味でも使われます。

スペイン語の会話には比喩や隠喩を使った表現があふれていますので新しい表現に出会うたびに書き留めたりまとめたりして少しづつ(一度に覚えるのは大変ですので・・)マスターしていきましょう。
上記の表現もぜひ、レッスンでまずは実際に使ってみてください!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

DELEレッスンと通常レッスンの違い

IMG_2269

レッスンを始められる際に、(また始めてからも)よく質問を受けるのが”DELEコース”と”通常コース”どちらを受けるのがよいでしょうかという質問です。(わかりにくくてすいません・・・)

DELEは英語の資格試験として人気のある英検やToeicとは全く異なるタイプの試験です。
たとえば英語のTOEICなんかは話せなくても(今はもしかすると受験形式が変わったのかも知れませんが)”TOEICの試験勉強”をしていれば満点を取ることも不可能ではないかと思います。

一方DELEの場合は”実際にどれだけスペイン語が使えているか”を総合的に測るための試験である傾向が強く、小手先の試験勉強で合格するのは実際のところ難しいです。

なので、DELEを受験なさるかたもまずは”通常コース”あるいは”しっかりコース”から始めることをお勧めさせていただいています。
(これまで他の語学学校などで勉強してきて、DELEの面接や作文だけ個別に見てほしいという方は別として)
通常コースで使用しているテキストは”DELE対策”にも役立つテキストです。(DELE専用のテキストには基礎ができていることを前提に作られているものが多いので、基礎的な文法の説明は載っていませんので)
通常レッスンでしっかりと基礎固めをしていただき、DELEの試験日が近づくとDELEの試験形式に慣れるために練習問題を使ったレッスンがス進められます。(DELEを受けられる実力達していないと講師が判断した場合は受験時期を延期したほうがよいと講師からアドバイスをする場合もあります)

ちなみに、通常のレッスンとDELEのレッスンの違いはこんな感じになります。

■ 通常レッスン/しっかりコース

– テキストを使う場合と使わない場合がある(中級以上の方で”話す”ことの上達に重点を置きたい場合はテキストなしの会話のコースを行うことが可能です。)

– 完全にそれぞれにあったペースでレッスンが進められる。

– その時その時のニーズにあわせたレッスンを行うことができる

基本的には”会話”に重点を置いたレッスン。文法の細かい部分に関しては受講生のリクエストがない限りはレッスンの時間を割きすぎず、受講生にスペイン語を実際にできる限り使っていただくようにデザインされています。
”話せるようになる”為にはあまり細かいところにこだわり過ぎると、先に進めなくなってしまうためでもあります。文法の知識にはコミュニケーションできるようになるためには必ずしも必要でないものもたくさんあります。

■ DELEコース/DELEしっかりコース

– テキストが必須。まずはEDELSAのオフィシャルのテキストの練習問題を使用してレッスンが進められます。
講師が”まだDELEのオフィシャルのテキストを用いるのには時期が尚早”と判断した場合は通常レッスンで使用するてテキストを用います。
通常レッスン用のテキストを用いた場合もDELE合格のポイントとなる文法事項に重点を置いたレッスンとなります。

– レッスン中にも実際のDELEの時間制限が適応される場合があ

– 文法の細かいところまできっちりとチェック。:実際の日常生活の会話では求められなくてもDELEにおいては”正しい文法を用いて表現をすること”は採点の対象となるので、レッスンでは細かい文法の誤りまで講師たちによってチェックを受けます。

– 自らで試験準備を行っているという前提でレッスンが行われる。:レッスン中にテキストの練習問題を解いたり、作文をしたりするとそれだけで1レッスンの時間が終了してしまいます。受講生の方は事前に問題を解き、疑問点などをまとめておいたり、講師に採点してもらうための作文を準備しておくことが必須です。

私自身はDELEは一度も受験したことはなく、必ずしもDELEを受けなければスペイン語が上達しないというわけではないです。
ただ近年、留学やスペイン語を使った就職の際にDELEのレベル(通常はB1かB2)事が多くなってきていますし、スペイン語学習にメリハリをつけるためにDELE受験はよい機会だと思います。(なんといっても受験料が高いので^^;”受けるからには合格しよう”と勉強に身が入るかと)

タイプの異なるレッスン、自分の学習スタイルにあわせてうまく組み合わせていただけますと幸いです!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

バルサの主将が日本に移籍!?イ二エスタってどんな選手?

futbol

神戸ヴィッセルに入団するかも?!と世界有数のサッカーチームから日本への移籍はめったにないこともありニュースで話題に上ったFCバルセロナのアンドレス イ二エスタ選手。
サッカー好きな方はもちろんご存じかとは思いますが、サッカーのことはあまり知らないけれどなんだかすごい選手が日本にやってくるらしい…と少し興味をもたれた方に多くの選手から”Maestro(マスター)”と讃えられるイ二エスタ選手の功績のおさらいです。
(ちなみにバルセロナで15年も暮らしながら、サッカーに全く興味がないため、イ二エスタ選手がバルサのキャプテンであることすらつい数カ月前に知りました^^;)

ほんとにすごい選手が日本に来るかも知れません・・。

■ 2015年から2018年までスペイン第一部リーグFCバルセロナのキャプテンを務めた。ちなみに副キャプテンは ライオネルメッシ。

■ FCバルセロナ内での年俸はメッシに次いで2位

■ 12歳のときにバルサのカンテラにスカウトされ2004年のシーズンから正式に一部のチームの選手となる。合計22年間所属した。

■ 2012年にはヨーロッパの最収集選手(El Mejor jugador de Europa de la UEFA)、”ユーロカップの最優秀選手Mejor Jugador de la Eurocopa”に選ばれ、同年に2つの賞を得た選手は史上初。

■ バルサに在籍中にチームとして32個のタイトルを獲得(現時点ではバルサ史上最多)

■ 2009年と2016年の間にバロンドール賞に継続してノミネートされている。2010年にはメッシについで2位 (Balón de Plata),、2012年には3位、2009年と2011年には4位にランクインした。

■ 2009年のチャンピオンズリーグ準々決勝の対アナーセル戦にて”Iniestazo”と後に呼ばれるゴールで逆転勝利をもたらす。このイ二エスタのゴールがきっかけとなってバルサは準決勝に進むことができ後にバルサにとって2度目のチャンピオンズリーグ優勝、初めての3冠王(国王杯/スペイン一部リーグ/チャンピオンズリーグ)を獲得した

■ 2010年のワールドカップ決勝対オランダ戦では終盤116分のイ二エスタのゴールがスペインに史上初の世界一のトロフィーをもたらした。

■ 2017年にFCバルセロナと生涯契約を結んだ(おそらくヴィッセル神戸に来る場合は”レンタル”のような形になるのでしょうか・・・)

■ 2018年度のワールドカップに向けてスペイン代表として選出された。

ちなみに出身はカスティーリャラマンチャ地方のアルバセテ、出身地にはイ二エスタの家族がワイナリー”Bodega Iniesta”を経営しており、Bodega Initestaの”Corazon Loco”は日本のコンクールでも賞をとったことのあるワインです。
イ二エスタがヴィッセルに移籍の暁には、ワイナリーの経営権もスポンサーの楽天に譲渡されるとのことで”Corazon Loco”ももっと日本で御目にかかることができるようになるかもしれませんね。^^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

新講師マリアがレッスンをスタートいたしました

5月の第2週より講師ディアマルが出産のためお休みをいただいておりご不便をおかけしてしまいまして恐縮です。
ディアマルの産休中のレッスンの補充(もちろんディアマル復帰後もレッスンは継続する予定でおります。)のため
新講師マリアが今週よりレッスンを開始いたしました。

スペイン人と日本人のハーフなので、スペインで生まれ育ったものの、日本語はネイティブ並みに流暢です。(ちなみにみょうじは”みうら”さんです。)どちらかといえば、一見日本人と見間違えるようなルックスなので私たち日本人には親しみやすいかと思います。
(面接の際も、スペイン人と話している気がしませんでした)

maria2

日本には約10年ほどの滞在経験があり沖縄の琉球大学でスペイン語講師として働いていました。
マドリッドのネブリハ大学でスペイン語教授法に特化したスペイン語応用言語学の修士を終了後、現在はサラマンカ大学で”外国人のためのスペイン語教授法”の博士号を取得中、スペイン語講師としてますますのスキルアップに励んでいます。
スペイン語講師としては日本だけでなく、アメリカ、イギリスでもスペイン語の国際的な経験が豊富で英語も堪能です。
“ベテランスペイン語講師”と呼べるほどのスキルと講師経験を備えている講師です。

日本語でレッスンを行うこともできるので、”スペイン語だけのレッスンは少し不安”と感じられる入門者の方には特にお勧めです。 もちろん入門レベル以上の方も!全てのレベルにおいて経験豊かな講師です 。DELEの試験官資格もA1レベルからB2レベルまで保有していますのでDELE対策用のレッスンも対応可能です。

【ごあいさつ】
始めまして、マリアです。私は半分日本人であり、半分スペイン人です。日本には約10年ほど大学のスペイン語の講師として滞在したことがあります。 現在はスペイン語講師としてのスキルをさらに高めるために、スペイン語教授法の博士号に取り組んでいます。DELEの試験官の資格も持っていますので、試験対策はご相談くださいね。

私にとって一番重要なことは、私自身がスペイン語を教えることを楽しんでいるのと同じくらい、生徒さんが私とのレッスンを楽しんでくれることです。
皆さんとレッスンでお会いできるのをとても楽しみにしています!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

DELE合格のために直前の一週間にやっておきたいこと

deleexamen

DELE本番の日がだんだんと近づいてきました。
受験を予定なさっている方は、準備万端!かとは思いますが、合格を確実にするための”ラストスパート”をかけるのに効果的な方法、最後の一週間でぜひお試しください!


■ 設問パターンをマスターする

DELE受験を予定されている方であれば、試験準備としてEDELSA社のオフィシャルの問題集は少なくともやり終えていらっしゃるかと思います。(まだ終えていない方は最低限この一冊は終えておいてください)。
残りの時間、再度この問題集を見直して下さい。
一旦回答をした問題集ですし、同じ問題が出るはずがないので、問題集をやり直しても意味がない…事はないです。特に注意するべきは”設問のパターン”です。DELEのどのレベルも設問のパターンは数種類に限られていますので、試験当日できる限り時間を有効につかうことができるよう、設問のパターンを過去問やオフィシャルの問題集を再度見直し頭にいれておきます。そうすれば当日、設問を読む時間が短縮でき
その分、解答の時間にあてることができます。

■ 自分流の時間配分を確立する。

試験対策として”試験当日と全く同じ制限時間で問題を解く”練習は必須です。これは”時間の感覚”がつかめるようになるまでやってください。時計を横におきつつ、だいたい読解問題を読むのにどれくらい時間が必要なのか、ひとつの設問を解くのに平均してかかる時間はどれくらいか。また作文の場合は、”文章を構成するのに充てることができる時間””実際に書く時間””見直す時間”それぞれに、自分はどれくらいの時間配分が必要なのかを把握しておく必要があります。”文章を書くスピードが遅い”と感じられるかたは、少しでも早く書くことができるように単に”書く”練習をしてください。”書く”という単純作業のスピードを上げることができれば、”文章の構成を考える””見直す”時間をより多くとることができるので試験に有利です。

■ 合格ラインを把握する。
DELEの合格ラインはどのレベルも全体の60%ですが、レベルによって採点方法が違ってきます。

A1/A2/B1/B2までのレベルだと
グループ1 読解セクションと作文セクションで合わせて 50点中最低30点
グループ2 聞き取りセクションと会話セクションで 50点中最低30点

で合計60点が必要となります。なのでたとえばグループ2が満点の50点でもグループ1が29点しか得点できなければ不合格となります。

C1レベルの場合は
グループ1 読解セクション+ 聞き取りセクション 50点中最低30点
グループ2 聞き取り+作文の組み合わせ設問 と読解+会話設問 50点中最低30点
合計60点が合格ラインです。グループ1で合格点をクリアできないと、応用を利かせたグループ2での合格点獲得も難しいかとは思います。

合格のためには総合ではなく、グループごとで得点を挙げる必要があります。グループのうちのひとつで満点をとってももうひとつのグループの点数が足りなければ不合格となってしまいます。合格のためには満点を取る必要はないですが、練習問題を多くこなしで”ここまでできれば合格レベルに達することができる”という感覚をつかんでおくことが必要になってきます。


■ 自分の弱点を把握し、得意な分野を完璧にする努力を

試験直前の段階では”弱点克服”のために時間を割くのは効率が悪すぎます。現時点で自分の苦手な分野、(過去問を解いた場合に点数が他よりも低い分野)は把握できているはずですのでそれをカバーするために同じグループ内の”苦手でないほう”のセクションでさらに点を伸ばすためのエクササイズを中心に学習しましょう。また、できる限り総合点を伸ばすために”得意分野”を完璧にすることに注力するほうが、試験直前で変に自信をなくしてあせる”というような悪循環を避けることもできるのでお勧めです。

合格のためにはまず相当レベルのスペイン語の実力を身につけたうえで、試験の形式を把握し、慣れることが必要になってきます。試験まであと一週間少し、試験準備は十分になさっているとは思います。ラストスパートとしてこの一週間は”試験の形式をできる限り把握しておくこと”で少なくとも試験当日、解答を効率的に進められるはずです。

みなさんが当日実力を思う存分発揮し、幸運に恵まれることを講師ともどもお祈りしております^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話