スペインがもっと解って生きたスペイン語も学べる4つのTVプログラム

スペインといえば真っ先に思いつくのが”フラメンコ””パエリア””世界遺産”…気候がよく食べ物もおいしいく
ただもちろん、ヨーロッパでも最も人気のある観光地でもあるスペイン。日本のメディアを通じてあるいは短期間の旅でみえるのはどちらかといえば”スペインのよいところ”nomi
。旅行などで、スペイン人と知り合う機会はあるかもしれませんが、やはりなかなか”実際のスペイン人の生活”はなかなかみることができません・

私自身もスペインで暮らし始めて今年で13年目、暮らし始める前に思い描いていたと実際の暮らしには大きな隔たりがあります。

そんな、日本にいてはなかなか知ることのできない”スペインの現実”を映しスペイン社会への理解を深めてくれ、かつドキュメンタリーなので生のスペイン語を学ぶことができる4つのTVプログラムを紹介させていただきますね。
(ちなみに、スペイン語は、アクセント早さがそのままなのでどちらかといえば上級者向きになります。)

■ Comando Actualidad
さまざまなテーマを扱った”現代のスペイン”のテーマを扱うドキュメンタリープログラム。
それぞれのテーマに関して深く切り込んでおりそれぞれの回が興味深い番組に仕上がっています。

番組のサイトから過去の放映をビデオで視聴することもでき、それぞれのページに簡単な内容説明がされています。
またビデオなので、聞き取りにくかった部分は巻き戻し(?)あるいは再視聴できるので便利です。また”Subtitulo(字幕つき)”を選ぶとスペイン語で字幕が表示されるのでリスニングに自信がない人はまず字幕にチャレンジしてみましょう。

http://www.rtve.es/alacarta/videos/comando-actualidad/

■ Salvados
スペインでもっとも影響力のあるジャーナリストそしてオピニオンリーダーの一人Jordi Evoleが、スペインの時事問題の”渦中の人物(Salvados)”にインタビューを行ったり、スペインの社会問題に切り込んだりしていくスペインの人気TVプログラム

http://www.lasexta.com/programas/salvados/mejores-momentos/
youtubeで”Salvados programa completo”で検索するとその他の回も視聴することができます。

■ Españoles por el mundo
スペインを出て異国でくらすスペイン人のドキュメンタリー。スペイン人の視線で訪れるさまざまな国は言葉が理解できなくても、
見ているだけでも楽しめます。もちろん日本の回もあります。

過去の番組は、番組のサイトからビデオで視聴することができ、スペイン語字幕オプションもあるので教材としても活用できます。
http://www.rtve.es/television/espanoles-en-el-mundo/

■ Un pais para comersela

”スペインの食文化”に焦点を当てたドキュメンタリー。スペインの俳優たちがさまざまな地方を訪れ、それぞれの土地の”名物料理”を紹介する番組です。

過去の番組を視聴できるページは下記のリンクです。最近放映されたものにはスペイン語字幕オプションがあります。
http://www.rtve.es/alacarta/videos/un-pais-para-comerselo/

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン映画入門にぴったりの”不朽の名作”7選

”映画を見ること”は立派な語学学習の一環です。
リスニング力を鍛える、ボキャブラリーを増やす、発音の練習のためシャドーイングのお手本にするなど色々な方法で活用することができます。
DVDなどで見る場合はスペイン語字幕モードにできるのでさらに学習用としては便利です。

ただ”スペイン映画”といってもかなりの種類のものがあり、かつ日本の映画館では上映されないものがほとんどなので
なかなか”どれを見るか”決めるのが難しいところ。

好きな女優さんや俳優さんで選ぶというのも一つの方法ですが、
スペイン国内外で高い評価や映画賞を受賞した”不朽の名作”を数点紹介させていただきますね。
映画選びの参考になれば幸いです^^

■ Abre los Ojos(Open Your Eyes)/1997年: 国際的にも高い評価を得、ハリウッドで”バニラ スカイ(2001年)”としてリメイクされたサスペインス映画。女優ぺネロぺ・クルスはオリジナルでもリメイク版でもヒロインを演じています。

■ Todo Sobre Mi Madre(All About My Mother)/1999年:アカデミーの最優秀外国映画賞を獲得したスペインの巨匠ペドロアルモドバル監督による作品。舞台はマドリッドとバルセロナ。アルモドバル監督の独特の世界観が顕著に表れている名作です。

■ El Espíritu de la Colmena(The Spirit of the Beehive)/1973年:日本でも1999年に上映され、邦題は”ミツバチのささやき”。舞台となるのは1940年代のカスティーリャ地方内戦直後のスペイン。フランコの独裁政治が終わりを告げる数年前に制作されたこの映画には、フランコの独裁政治に対する批判的なメタファーがちりばめられているとも言われています。

■ Los lunes al sol(Mondays in the Sun)2002年:“この映画は一つの真実の物語に基づいているのではなく1000の真実の物語に元ズいています”と始まる映画。産業構造の変化についていけず大量に解雇された人たちの暮らしにスポットライトを当てたコメディドラマ。舞台はガリシア地方のVigo(ビゴ)。2003年にスペインのオスカーであるGoya賞を受賞。主演のハビエル・バルデムもGoyaの主演男優賞を受賞しました。

■ Hable Con Ella(Talk to Her)/2002年:ペドロアルモドバル氏が2度目のアカデミー賞を受賞した作品。ゴールデングローブ賞も受賞。国内外の多くの映画評論家からサスペンスドラマ

■ El Laberinto del Fauno(Pan’s Labyrinth)/2006年:邦題は”パンス・ラビリンス”。スペイン・メキシコ・アメリカ合作のダーク・ファンタジー映画。日本のマンガや特撮映画、ロボットアニメに影響を受けたといわれるギエルモ・デル・トロ監督の作品。上記を含めて67の賞を受賞し、58のノミネートを受けた。多数の批評で2006年度の映画トップ10に選出されている。2006年アカデミー賞、英国アカデミー賞、ゴヤ賞(スペインのアカデミー賞)をはじめとし67の映画賞を受賞し、その他に58の賞にノミネート。2006年のトップ10映画にも多数の批評で選ばれている作品です。

■ Los Santos Inocentes(The Holy Innocents)/1984年:スペインの”古典の名作映画”のうちの一つに挙げられる作品。
フランコの独裁政治下のスペインの田舎町(エクストラマデューラ)での厳しい現実を描いたドキュメンタリータッチの映画。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

新しいカンプノウ、地元の反応はいかに?

noucampnou

2022年の完成をめざし、今年3月に日本の建築事務所、日建設計が新しいカンプノウスタジアム
”Nou Camp Nou”
(”ノウカンプノウ?
”もともと”Camp Nou(カンプノウ)”のみでも
カタラン語で”新しいスタジアム”の意味があるのでちょっと
しゃれみたいな名前になってしまいましたが・・)
新しいスタジアムへのそれぞれの思いはいかに?
日本の建築事務所が選ばれたことに対する反応は?

スペインのメディアからピックアップしてみました。

バルサの会長であるJosep Maria Bartomeu氏

“ganará el Barça, que tendrá un Estadio único y que creará tendencia, y ganarán los socios, aficionados y visitantes, porque se adaptará a las necesidades de las personas con todas las comodidades y servicios posibles”. Y, finalmente, “ganarán el barrio y la ciudad”,

”ユニークなスタジアムを持つことによってバルサは大きなものを得て、この場所から流れを作り出していくだろう。
バルサのソシオ、ファンそして訪れる人々も大きなものを得るだろう。
なぜなら(新しいスタジアムは)全ての人たちのニーズにできる限りのサービスと快適さを持って応えるであろうから

RCDエスパニョールのスタジアムの建設を担当したEsteve Gasulla氏

”el Camp Nou quedará como si fuera una instalación nueva y
la empresa que lo diseñará tiene experiencia en cinco continentes por lo que el Barça está en buenas manos.”

”カンプノウは生まれ変わるだろうね。
5大陸での経験を持つ建設事務所が担当するということで、バルサは確かな腕に
ゆだねられている。”

その他の建築家の意見はこちらから(”El periodico”誌より)
http://www.elperiodico.com/es/noticias/barca/camp-nou-proyecto-opinion-arquitectos-barcelona-4963545

Andres Iniesta

”クラブはその歴史において重要な一歩を踏み出した。こんなすばらしいスタジアムをもつことによって世界で最高レベルのクラブの見本
でありつづけるだろうし、それは(バルサに)かかわるすべてのひとによって)素晴らしいニュースだ・
それぞれがそれぞれ違ったやり方で楽しむことができるだろうプレーしたり、観戦したりとかね”

そしてバルサの“元”選手たちはこんな風に語っています。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

これでリスニング力大幅アップ!スペインのラジオを大活用

インターネットの御蔭で

いまや国境など関係なく
いろいろな国のラジオ番組を
日本にいながら楽しむことができるようになり

逆もしかり、で本当に便利になったなぁ・・と思います。

ちなみにスペインのラジオは下のリンクから
オンタイムで聞くことができます。

気になったラジオ局のロゴをクリックするとオンエアされます。
いろいろ試してお気に入りを見つけてください

http://en-directo.frequence-radio.com/

そして、
中でも比較的音楽の割合の少ないラジオ局

■ Cadena ser
http://play.cadenaser.com/

Cadena serのホームページでは
オンタイムでラジオ番組がきけるだけでなく

過去の番組のプログラムファイルがアップロードされているので
なんども同じ音源を繰り返し聴くことができるので
リスニング教材としても活用できます


http://play.cadenaser.com/alacarta/

たとえば、時事に関連するニュースは

Hoy por Hoy
http://play.cadenaser.com/programa/hoy_por_hoy/

でいろいろとチェックすることができ、

スポーツ関連の話題は

Carrusel deportivo
http://play.cadenaser.com/programa/carrusel_deportivo/

で聞くことができます。

ちなみにこんな臨場感あふれる音源も

ネイマールのゴール
Gol de Neymar (Sevilla 2 – Barcelona 1)
http://play.cadenaser.com/audio/000WB0374020151003174910/

試合の雰囲気がそのまま伝わってくるようですね・・。

もちろん、いろいろな音源を聞き流しているだけでも
耳がスペイン語の音に慣れてきますし、
リスニング力アップ貢献するのですが、

興味のあるテーマをみつけてぜひこちら

『聞き流すだけではダメ?!`聞き​とる力を鍛える一日10分の習慣

https://www.123esp.com/wordpress/?p=677

をお試しください。

音源はあまり難しく考えず最初はなんでもいいと思います。

それこそ、ネイマールのゴールでも
100回聞けば、完璧に理解できて
使われている単語をマスターするだけでなく
発音もまねできるようになっているはずです。
(ラジオのスポーツキャスターの発音みたいなしゃべり方
なかなか、かっこいいですね^^)

自分が興味を感じられるテーマで
リスニング力もアップ、

当然のことながらラジオのキャスターの発音は
かなり綺麗な発音なので発音のお手本にもなります。

まさにスペインの”今”を感じることができる音源、
ぜひ大活用してくださいね!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

日本のパエリア大躍進!世界一のパエリアはバレンシアではなく…

1442653302_659726_1442653386_noticia_normal

ほんの10年も前までは、日本はどちらかといえば
まだまだ珍しかったスペイン料理・・・。

昨今の”バルブーム”の御蔭もあり
日本でもおいしいスペイン料理を食べることができる場所が
増えてきているようでうれしい限りです。

スペイン料理の代表といえばパエリア!

1960年からパエリア発祥の地であるバレンシア最大の
お米の産地Sueca(スエカ)で行われている
パエリアコンテスト。

もともとは地元のイベントであったものが、
スペインの観光ブームとともに規模を拡大し
参加レストランは国内、そして1990年からは
国外のレストランも参加することに。
(ちなみに日本は1990年当初より参加しています)

各国のセミファイナルで選ばれた35のレストランのシェフが、
既定の材料を使って腕を振います。

↓本場のパエリアは思っているよりシンプル。
コンクールで使用された、パエリアのレシピはこちらです
(スペイン語のパエリアコンクールのサイトになります)

http://goo.gl/byXVi8

日本からはセミファイナルを勝ち抜いた3レストランが参加。

やはりなかなか本家の壁は厚く
今年、優勝したのはマドリッドのレストラン。
クエンカ出身のシェフ、フリアン・ガルシア氏がなんと2年連続で受賞。

今年は日本勢も大躍進!で
日本のから参加した北海道札幌の
Bar Espana
が、コンクールで高評価を得た
5つのレストランに与えられる
Accesoの賞を受賞。

来年は予選を通ることなくコンクールに参加できる
権利を得たので
日本から4つのレストランが参加できることになります。

考えてみると
日本の寿司コンテストに、
スペインのレストランが入賞するようなもの?!
なので、かなりの快挙!

来年は日本からの参加枠も増え、さらなる躍進が楽しみです!

この北海道のBar Espanaさんは
2年連続日本でのセミファイナル入賞とのこと。

食欲の秋!
本場のパエリアが食べたくなったらまずは北海道
という選択肢もありかもしれません(^_-)☆

↓スペインのラジオ”Cadena Ser”によるフリアン・ガルシア氏のインタビュー。
”パエリア”についてアツーく語っています。(コンクールに参加した日本チームのことについても少し感想を述べています_)
長めですが、スピードはゆっくり、とくにラジオパーソナリティ-の方のスペイン語はききとりやすいので
ぜひ、挑戦してみてくださいね。

http://cadenaser.com/emisora/2015/09/19/ser_toledo/1442653302_659726.html

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

聞き流すだけではダメ?!`聞き​とる力を鍛える一日10分の習慣

スペイン語に限らず、語学力は大きく分けて

- 話す力

- 読む力

- 書く力

- 聞く力

の4つで構成されているかと思います。

ある一定のレベルまで達すると、個人個人で‘苦手な分野‘がでてきます。
たとえば、私自身はいまだにスペイン語を読むことが苦痛でなりません・・・^-^;

スペインで暮らしていると、‘話す力‘‘聞く力‘は一人でサバイバルしていくためには(汗)
死活問題なので、鍛えられざるを得ないのですが、

`読む`ということに関してはいくらでも‘逃げ道‘があるので
(わからなかったらグーグル翻訳を使うとか、日本語で同じ記事を探すとか)
10年間の怠慢が重なり、新聞がすらすら読めるレベルには程遠いのですが
(ゴシップ欄を除くwww)

日本でくらしていると
‘話す力‘はみなさま日ごろのレッスンでしっかりと鍛えてくださっているけれど(^_-)☆
(読み書きもDELEを目指されている方はばっちりやっていらっしゃることと思います)

意外と、伸び悩みの壁にぶちあたるのが‘リスニング力‘
巷では`聞き流していれば話せるようになる‘というメソッドもあり
(↑そんなわけないやん!)

`とりあえず聞いていればリスニング力は伸びる‘と
誤解(妄想!?)してしまいがちです。

またまた英語関連の記事になってしまいますが、
スペイン語ももちろんあてまはまると思うので紹介させていただきますね。

聞き流すだけでわかるようになるというのはウソ

確かに`聞き流し‘は‘音になれる‘ことには効果がありますし、
‘音になれる‘ことは‘聞く力‘を伸ばす第一歩です。

かつ、スペイン語の音は日本語と似ているので、耳触りもよく
スペイン語を聞くこと自体が楽しくなればしめたもの、なのですが。

記事の中でも述べられているように

‘音を理解する力’ と’意味を理解する力‘は別物です。

`リスニングの壁‘を感じていらっしゃる方は‘意味を理解する力‘が‘音を理解する力‘に
追い付いていない場合が多いと思うので、

記事中で紹介されている
‘一日10分聞き流さずに聞いてみる`
を実践してみる。

`この10分間に話されていることは一言も聞き逃さない‘くらいの意気込みで^-^

自分にとって‘興味があり聞き逃したくないテーマ‘を使うとこの訓練自体楽しいものになりますね。

サッカーが好きな人はサッカーの試合の中継でもよいし、
料理が好きな人は料理のレシピでも。

ちょっとお勉強くさくなってしまい面白みに欠けるかもしれないのですが^-^;
(教材としてアップしているので・・)

ウノドストレスのyoutubeチャンネルにも、リスニングの練習のネタに使える

スペインをテーマにした短めの音源をたくさんアップしていますのでぜひ活用ください♪

http://www.youtube.com/user/12y3Spanish

教材として作成されたものなので、比較的はっきりとした発音です。
(いくつかのものはスクリプトもついています。)

あとは、若干上級編にはなってしまいますが、音楽が好きな人は
歌詞で練習、というのもあり、です。

ほとんどの曲が‘曲名、Letras(歌詞)‘と入れて検索すると

歌詞がでてきます。

たとえば‘Ketama Letra‘として検索してみると

https://www.google.es/?gws_rd=ssl#q=ketama+letras

こんな感じで歌詞の書き起こしが掲載されているサイトがたくさんあがっています。

このなかで一番うえにあるリンクをクリックしてみると曲のタイトルがリスト化されていて、

その中でもたとえば

‘Roca y Cristal`はこんな感じで

http://www.musica.com/letras.asp?letra=1624780

親切な熱狂的なファンが歌詞を書き起こしてくれています。

ちなみにもともとの曲はこれです。


https://youtu.be/6HGJFnkZm08

(完全に個人的な趣味・・になってしまいますが、Ketamaは歌詞も味わえる曲多しでお勧めです^0^
若干、アンダルシアのアクセントが強いものもありますが・・^-^;)
最初はゆっくりな曲からチャレンジしてみましょう・・・

私自身音楽が大好きだったので、スペイン語を習い始める前から
一緒に歌いたい一心で手持ちのCDの歌詞カードを眺め文字をなぞっていました。

スペインにきて、電子辞書を購入して意味が分かった時はとてもうれしく、
すぐに単語も覚えることができました。

(とはいえ日常生活ですぐ使える単語はあまりなく・・というオチもあるので、
歌詞はやっぱり若干上級者むけかな、と思います。)

まずは一日10分、‘意識してスペイン語を聞きとる‘
手軽にできて効果抜群!です。

通勤、通学中でもできることなので
新しい生活のリズムに、ぜひ取り入れてくださいね。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペインの選挙制度について;リスニング教材

日本では12月に選挙がおこなわれるとのことで、その話題で持ちきりのようですが…スペインの政治はどのような形で運営されるのでしょうか?

単語の難易度は若干高めですが、わかりやすくスペインの政治制度について説明されているのでチャレンジしてみてください!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペインのハロウィーン:Castanada y el dia de todos los santos

近年は日本でもハロウィーンの習慣が定着しつつあるようですが、スペインでは別の祝い­方があるようです。スペイン版ハロウィーン、El dia de todos los santos に関する音源です。
さて、スペイン人はどのようにハロウィーンの日を過ごすのでしょうか・・・?

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話