スペイン旅行まで一ヶ月!”サバイバルのためのスペイン語”ならこれをおさえよう

spainmapcard

一年もほぼ半ばにさしかかり、長期のお休みの計画を具体的にたてられる方も
いらっしゃるのではないかと、

近頃、”スペイン旅行にいくので、少しくらい話せるようになりたいのでレッスンを”
というお問い合わせを時々いただくことがあり

スペイン旅行まで一カ月、現地でもコミュニケーションのための
”サバイバルのためのスペイン語学習”のポイントを押さえてみました。
(ちなみにレベルは”初心者”を想定しています)

まず、スペインでどれくらい英語が通じるかといえば・・・
ヨーロッパの国の中では”もっとも英語が通じない国の一つ”(汗)
ではないかと思います。

ただみんな親切なので、尋ねるとスペイン語で一生けん命教えてくれようとする
でもわからない、なんだか申し訳なくなってくる・・のジレンマです。

出発まであまり時間がない、でも少しでもなんとかしたい!というのであれば
まず”話すこと”はあきらめましょう。

”指さしスペイン語”など、お手軽価格でかなりのフレーズを網羅している
”通訳替わりになってくれる”強力な助っ人は比較的簡単に見つかります。

たとえば

スペイン語 (ひとり歩きの会話集)

旅の指さし会話帳12スペイン第四版 (旅の指さし会話帳シリーズ)

一番の問題が・・(当たり前といえば当たり前なのですが)
上記の物を使って”尋ねられたいことを尋ねることができたとしても
帰ってくるのはスペイン語での回答です。

なので旅行までの期間、
あまり時間がないのであれば
できるだけたくさンスペイン語を聞いて”リスニング力”を
強化しておくことをお勧めします。
(リスニングの訓練は究極”ながら”でもすることが可能なので
隙間時間を大いに活用してください^^

何冊かリスニング強化に役立つであろうCDつきの
スペインのスペイン語で収録されている
テキストを紹介しておきますね。

スペイン語リスニング CD付

ステップ30 1か月速習スペイン語 (CDブック)

CDレッスン 驚くほど身につくスペイン語

余力があれば、
数字を覚える、聞き取れるようにしておく。

飛行機や電車の発車時刻のアナウンス、住所、値段・・・、
旅をしていると普段よりもいろいろな場面で数字
を確認しなければならない状況に遭遇します。
最低限数字だけでも理解することができていれば、
旅もかなりスムーズになるかと思います。
とりあえず一から100までマスターを目指しましょう。
(そのあとは基本的には数字の組み合わせの場合がほとんどです)

じゃあ、会話なんて勉強する必要ないと思われるかもしれませんが・・・
きっと旅行から戻ったら、スペインが大好きになって
次の旅行では少しくらい話せるようになりたい!と思うこと間違いなしですので、ご心配なく^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

新しいカンプノウ、地元の反応はいかに?

noucampnou

2022年の完成をめざし、今年3月に日本の建築事務所、日建設計が新しいカンプノウスタジアム
”Nou Camp Nou”
(”ノウカンプノウ?
”もともと”Camp Nou(カンプノウ)”のみでも
カタラン語で”新しいスタジアム”の意味があるのでちょっと
しゃれみたいな名前になってしまいましたが・・)
新しいスタジアムへのそれぞれの思いはいかに?
日本の建築事務所が選ばれたことに対する反応は?

スペインのメディアからピックアップしてみました。

バルサの会長であるJosep Maria Bartomeu氏

“ganará el Barça, que tendrá un Estadio único y que creará tendencia, y ganarán los socios, aficionados y visitantes, porque se adaptará a las necesidades de las personas con todas las comodidades y servicios posibles”. Y, finalmente, “ganarán el barrio y la ciudad”,

”ユニークなスタジアムを持つことによってバルサは大きなものを得て、この場所から流れを作り出していくだろう。
バルサのソシオ、ファンそして訪れる人々も大きなものを得るだろう。
なぜなら(新しいスタジアムは)全ての人たちのニーズにできる限りのサービスと快適さを持って応えるであろうから

RCDエスパニョールのスタジアムの建設を担当したEsteve Gasulla氏

”el Camp Nou quedará como si fuera una instalación nueva y
la empresa que lo diseñará tiene experiencia en cinco continentes por lo que el Barça está en buenas manos.”

”カンプノウは生まれ変わるだろうね。
5大陸での経験を持つ建設事務所が担当するということで、バルサは確かな腕に
ゆだねられている。”

その他の建築家の意見はこちらから(”El periodico”誌より)
http://www.elperiodico.com/es/noticias/barca/camp-nou-proyecto-opinion-arquitectos-barcelona-4963545

Andres Iniesta

”クラブはその歴史において重要な一歩を踏み出した。こんなすばらしいスタジアムをもつことによって世界で最高レベルのクラブの見本
でありつづけるだろうし、それは(バルサに)かかわるすべてのひとによって)素晴らしいニュースだ・
それぞれがそれぞれ違ったやり方で楽しむことができるだろうプレーしたり、観戦したりとかね”

そしてバルサの“元”選手たちはこんな風に語っています。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

第一回サイトメンテナンス作業終了のお知らせ

maitenance1

サイトのメンテナンス作業が予定より早く終了いたしましたのでお知らせさせていただきます。
17日は深夜も含め通常通り。レッスンの御予約・キャンセルなどお使いいただけます。

5月の末に再度メンテナンスを予定しておりますのでまた前もって御連絡をさせていただきます。
ご協力どうもありがとうございました。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

【重要】5月16日/17日深夜サイトメンテナンスのお知らせ

工事中

受講生の皆様にご不便をおかけすることになってしまい誠に申し訳ないのですが、

サイトメンテナンスのため

2016年5月16日 1:00AMより6;00AM

2016年5月17日 1:00AMより6;00AM

(いずれも日本時間)

の間サイトに一時的にアクセスができない状態となります。

この間、ご予約、キャンセルなどもできなくなってしまいますのでくれぐれもご注意ください。

ご不便をおかけしてしまいまして大変恐縮ですが
ご理解のほどお願い申し上げます。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語学習のブランクの埋めたいときにするべきこと”独断と偏見”による3つのお勧め法

volveraestudiar

”スペイン語をマスターしたい”と張り切ってレッスンを始めてみたものの
日々の忙しさにつられ”明日こそは!”と思っていると一カ月、2カ月がたち・・・・。
いつのまにかフェードアウト…。
でもやっぱりもう一度チャレンジしてみたい!
そう思い立ったなら、
少しづつこんな風にウォーミングアップしてモチベーションアップはどうでしょう?

■なぜスペイン語を勉強しようとおもったか、のきっかけを思い出してみる。

こんなマイナー(実はグローバルにみれば英語、中国語の次に話されている言語なのですが、なぜか
日本ではかなりマイナー扱いされている感が・・)な言語を”学ぼう!”と思い立ち
レッスンを始めるまでに至ったからにはなにか強い!?動機があったはず。
そして”やっぱりまた始めたい”と思っているということは”スペイン語を学ぶことは実は大好きなはず(笑)

まずは”自分はなぜスペイン語を学ぼうと思ったんだろう”と思いだしてみる。
サッカー、食べ物、音楽・・しばらくどっぷり大好きな”スペインのもの”にひたってみると
”やっぱりスペイン語はあきらめきれない!”と思えるようになるはずです^_-☆

■ かんたんで楽しめる、少し自分のかつてのレベルより低めの教材に触れてみる

以前、紹介させていただいたゲーム感覚で楽しめるアプリ”Duolingo“や
テキストであれば”文字が大きい””絵が多い””CDつき”
など”気軽にできそう”で”自分の今のレベルより下のもの”から始める。
(→”自分って結構できる!”と思えてやっぱりやろう!という気になれるので)

いくつか、お役に立つかもしれないテキストを紹介させていただきますね。

ゼロから始める 書き込み式スペイン語BOOK

”手を動かすこと”は言語をマスターすることにおいてはとても大切だったりします。
CDつきなので聞いたことを書く、の繰り返しですこしつづ
スペイン語がもどってくることが実感できるはずです。
(初心者の方の独学用にもぴったりです。)
テキストの”文字が大きい”のも、とっつきやすくてよいです。

スペイン語のしくみ《新版》
日本語でスペイン語の”しくみ”を理解できる”スペイン語入門書”
文法の細かい規則などでつまずいてしまった方は読んでみると断片的な知識が整理されて
”あーそういうことだったのか”と新たな発見があるはず。
何事も”全体像”がみえると細かい部分の応用や把握もしやすくなりますね^^

はじめてのスペイン語 (講談社現代新書)
何度が紹介させていただいているスペイン語の入門書
従来のテキストとは異なる新書版で 丁寧に、スペイン語文法の”なぜ?”を解説してくれている レッスンの補助としてもぴったりの一冊です

やさしく読めるスペイン語の昔話
スペインやスペイン語圏中南米に伝わる昔話を集めた本。
スペイン語と日本語訳が対になっています。
(まずは日本語でスペイン語圏の昔話を楽しむのも良いかも?!)
ページ下には単語や表現の解説があり、楽しめてかつ使い勝手の良い
教材です。

■スペイン語関連のテキストやグッズに散在投資する。

これは個人的な持論でもあるのですが、”無料で語学を身につけよう”というのはよほどせっぱつまっているか、
意思の強い人でないとできない気がします。
(タダでてにいれたものって、よっぽど思い入れがないとないがしろにしてしまいがち・・は身に覚えのある方もいらっしゃるのでは・・・)

レッスンやテキストに費やすものは”消費’ではなくて自分の身になる”投資”スキルアップとして必ず戻ってきます^^

まずはテキストを大量に買い込む、
辞書を買う。(できれば電子辞書)

自分にとって少しつぎ込みすぎたかな、と感じられるくらいの額の
”スペイン語マスターグッズ”をそろえます。

レッスンを止めたくなったとき”あーでもあんなに高いテキストかってしまったし、
もったいないからもうちょっとがんばろう”と、
あまり前向きとは言えませんが(笑)続けるきっかけはくれるのではないかと。
(実際スペイン語のテキストを日本で購入すると結構高いですし^^;使わないと
もったいないですよね・・・)

ちなみに少し高価ではありますが、電子辞書を購入というのもかなりお勧めです。
スペイン語をマスターしていくうえで、遅かれ早かれ必要となってきますし、
本気で身につけたいと思うなら”今は必要ない”と思わず
購入してください。学習がスピードアップすることは保証します!

ちなみに私はこちらをつかっておりました(旧バージョンですが)

カシオEXワード。

(肌身離さず持ち歩いていてある日コーヒーをこぼしてしまい即死(涙)。
即効で日本から同じものを送ってもらった苦い記憶が・・。)

モチベーションを維持するため、効率的に学習をすすめるためにも、
今度こそは絶対マスターしてやる!の決意として’投資”をお勧めします。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

ネイティブとの会話実践のための五つの心得

スペイン語を学んでいるからには、
いつかはレッスン以外でも
ネイティブスピーカーとすらすらと会話ができるように!
を目標にされている方もいらっしゃるかと。

ただ、
マンツーマンのレッスンではかなり話せるのに
実際、複数のネイティブスピーカーたち
と話をする場になると、
思ったより会話に参加するのに悪戦苦闘。

これは語学習得の過程で”だれもが通る洗礼”
かとは思うのですが、
へこんで必要以上に自信を喪失してしまわないための
(私自身が、一時期はスペインに居ながらにして
スペイン語を話したくなくなるほど
にまでなってしまったので・・いまとなっては苦い思い出ですが)
ポイントをまとめてみました。

■ 会話の早さにひるまない;
ネイティブ同士の会話は基本的にはとてつもなく早い。

特に個人レッスンでは講師は生徒さんのペースに合わせ、
聞き取り易いようかなりゆっくりのペースで話しています。
もちろん実際の場面ではそんな気遣いはないので^^;
早い!
最初は、早さになれるつもりで聞き流すのもいいですが
あまりに何も理解ができないときは
”ゆっくり話して下さい(despacio, por favor)”
とお願いしてみましょう。

■ わからない言葉につまづかない;
ネイティブ同士の会話はスラングだらけ。

レッスンのテキストには登場することのない”スラング”。
ただ、残念ながら?!ネイティブの会話では頻出、
とくに10代-20代の日常会話になると、半分くらい
スラングでは・・・^^;というほど頻度が高いです。
ただ多様される言葉は種類も少ないので、
マスターする?のはそれほど難しくないです。
(同時に”使い方”のTPOのチェックも忘れずに!)

■ アクセントにあせらない;
地方によってはかなりアクセントが強いところも。

レッスンでは講師たちにはスペインにおける標準”
カスティーリャ地方”のアクセントを使用するようにお願いをしていますが、
実際スペインの国内にも”方言”があり、
地方によってはかなり強いところも。
有名なのは南部のアンダルシアアクセント。
カタルーニャ地方もバルセロナの郊外に行くと、
”それカステリャーノじゃない”とつっこみたくなるような、
カタランなまりの強いスペイン語で話す人を多くみかけます。
ただ音は若干違えど、同じ言語。
いつもより少しだけ注意を傾ければ問題なく理解できるはずです。

■ 必要以上に力まない;
最初は会話に割って入ろうと無理をしない

複数のネイティブがあつまると、会話のペースもスピードが上がり
止まらなくなってしまうことがほとんど(苦笑)
なんとか会話に参加しようと、割って入っても、
すでに会話のトピックが変わっていたり、
スル-されてしまったりで、へこんで自信喪失にならないよう。
(みな単に”自分が話すこと”に夢中になっているだけなので気にせずに)
そんなとき、特に最初は”リスニングの練習”と
わりきって聞き流すのが一番かもしれません。
…というか、私は今でもそうしています(笑。疲れますし…)

■マナーにとらわれすぎない; 
少なくとも声だけは大きめにだしてみる(スペイン限定・・・?)

日本では一般的に大きな声で話すことは、場合によっては
”TPOをわきまえていない”ととらえられることも。
ただスペインではこれは”まったく当てはまりません”
会話のヴォリュームはかなり大きなスペイン人。
なので、とくにネイティブと話す時は
意識していつもより少し声を大きめに。
声を大き目に出すことによって
それだけで自信をもっているようにも聞こえます。

文法の知識や語彙数など、”土台”がしっかりしていれば
あとは”慣れ”のみ。
場数を経るにつれて、自然なやりとりが
できるようになります。

まずは何事も”土台”が大切。
レッスンでしっかりと基礎固めしてください^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン人にまつわるステレオタイプを検証してみた(2)

スペイン人が持たれがちな”
ステレオタイプ”について検証その2です。

食べ物や生活習慣など、
”ステレオタイプ”と”事実”
には、かなりの開きがあったりします・・。

■ 典型的なスペインのたべものといえばパエリア

日本のスペイン料理レストランに行くと必ずある”パエリア”。
スペイン料理ときくと”パエリア”を思い浮かべる方も多いのでは。
もともと、パエリアは”バレンシア州”を代表する料理。
それぞれの地方がそれぞれの郷土料理があります。
もしどの地方でもみつけることができる”スペインを代表する料理”と呼べるものがあるとすれば、
間違いなく”トルティーヤデパタタ(スパニッシュオムレツ)でしょう。

検証結果;本当とはいえない

■ 闘牛はスペイン人の間で人気がある。

”闘牛とフラメンコ”はスペインの国芸のようなイメージを持たれているかもしれませんが、
スペインの中でもカタルーニャ州やカナリア諸島では闘牛は禁止されています・
一方まだまだアンダルシア地方などでは根強い人気があり
好き嫌いに関しては”ひとそれぞれ’といったところです。
(スポーツでいえば、サッカーのほうが人気があります)

検証結果;必ずしも本当ではない

■ いつもサングリアをのんでいる
実際のところ、ほとんどのスペインはサングリアより、ワインやビールを好みます。
どちらかといえばサングリアはスペインを訪れる外国人の好みの飲み物のようです。

検証結果;事実とは異なる。

■ スペイン人は信仰心が深い
バルセロナのアイコンとさえいえるほど有名になったサグラダ・ファミリア(まだ未完成ではありますが・・)をはじめとして
スペインのほとんどの都市には、立派な教会がいくつもあり、セマナサンタ(復活祭)など
宗教的な行事が盛大に行われる傾向がありますが、実際のところ毎週ミサにでかけているのは
国民のたった13%です

検証結果;事実とは異なる。

■ とてもお祭り好きである。
トマト祭り、牛追い祭り・・・
”どんなことでもお祭りのネタになる”といわんばかりに
スペインのカレンダーはお祭りであふれています。(そして命がけ(笑)
実際、一年を通してどこかの地区で”その土地の守護聖人を祝うお祭り”が一年を通しておこなわれています。

検証結果;そのとおり!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話