スペインのハロウィン一番の主役は・・・

disfracesperros

もともと、スペインにはアメリカのように
仮装をして、お菓子をもらったりという習慣はなく
(最近はイベントをやるところも増えてきましたが)

伝統としては
11月1日” Dia de todos los santos(諸聖人の日)”
と呼ばれ、亡くなった家族のお墓などを訪れ、
家族で集まるというような
日本の”お彼岸”に似たすごし方をするのが一般的です。

ちなみに、カタルーニャ地方では
10月31日は” castañada(カスタニャーダ)”といって、
なくなった人たちを送りだす教会の鐘を
鳴らす人が体力をつけるために食した
お芋や栗、お芋でできたスイーツ(Panallets/パナジェッツ)
を食べる習慣があります。

そして地方によっては、仮装をして盛大にお祝をする場所もあるようで
スペイン、アンダルシア地方カディスでは
10月31日はTosantosと呼ばれ

市場のウサギ、豚、にわとりの仮装をして
フルーツや野菜など秋の味覚で
有名人やその年話題になった人物の
人形を作って飾る習慣があるそうです。

ウサギ、豚、ニワトリ・・・
ちょっと難易度高めの仮装ですが^^;
(おそらく、毎年のことなので
専門店もカディスに行けばあるのかと・・)

お祭り自体は、その年の秋の実りをなくなった人とともに
楽しむといった意味合いかもしれませんね。

スペインで一番この日を盛大に祝うアンダルシア地方のハエンでは
10月31日の夜は
悪い霊が入ってこないように、
食べ物が入ったお鍋を玄関に置き、
スプーンで鍵穴をふさいでおく習慣があるそうで
少しアメリカのハロウィンの習慣と似ている?

スペインでは地域ごとにいろいろなお祝の習慣があるようですが
共通しているのは

”栗やお芋といった秋の味覚を家族で楽しむ”
(なくなった家族も含めて)

という意味合いの日のようです^^

なんとも食べておしゃべりすることがなにより大好きな
スペインらしいオチです…。

確かに11月、秋も深まって秋の味覚を楽しむには最高のタイミング。
この日を境に、街でも
焼き栗や焼き芋のスタンドが
あちこちでみられるようになります。

もしこの時期にスペインにいらっしゃる機会があれば、
スペインのハロウィーンの主役のお芋と栗(笑)
ぜひ試されて見てくださいね!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

読解力アップには”習うより慣れろ!”<新聞編>

先だって受講生の方から
”日本ではスペイン語で書かれた本はなかなか入手しにくいので
リーディングの練習になる新聞などの
リンクを教えてほしい”と質問をいただき・・。”

確かに、アマゾンなどの御蔭で、英語で書かれた本は
以前よりもずっと手に入れやすくなったかと思います。

たださすがにスペイン語の本はまだまだ数がすくないようで。

かつ、意識しないと身につかない”読解力”。
”読む力”はある程度まではレッスンの教材などを使って
伸ばすことはできますが、

一番上達が感じにくいものでもあり、
また”一番必要のない”^^;ものでもあったりするので
(このご時世、インターネットを見れば
世界中のニュースは日本語で読めますし、
グーグルの翻訳機能もだんだんとよくなってきていますので・・)

なかなか、”練習があとまわし”になりがちかもしれません
(↑これは私で、ずっと後回しにしてしまったせいで
いまだに読むことに対してはかなりの苦手意識があります。
スペイン語で興味を引く記事を見つけると
タイトルを訳して日本語の記事を検索しております・・・(苦笑)

読解力も、話す力や書く力と同様に、
練習はひたすら“実践”のみです。

もちろん最初からすらすら読める訳はありません。
おそらく最初は理解するために
何度も同じ記事を読みなおすことになるはずですが
それでよし^^。

初めは好きなテーマの短めの記事、慣れてきたら長め・・・
そして徐々にほかの分野・・と徐々に無理なく
難易度を高めていくのがお勧めです。

スペインの主要紙は全てオンラインバージョンがあり
オンラインバージョンは、インターネットでの読みやすさを考慮して
要約され短めの記事が多いので
リーディングの練習用素材として活用できるかと思います。

以下スペインの主要紙のリンクをいくつか紹介させていただきますね。

■ El PAIS

http://elpais.com/

スペインの朝日新聞のような位置づけの新聞で、南米版もあり南米でも発行されています。

■ El Periodico

http://www.elperiodico.com/es/

こちらも”el pais”と並ぶ主要紙です。読者登録をすることによって月30記事まで
有料版の記事を読むことができます。

■ El mundo
http://www.elmundo.es/

どちらかといえば国際情勢に関する記事が多めの新聞です。

■ La Vanguardia

http://www.lavanguardia.com/index.html

カタルーニャ地方で、おそらく一番読まれている新聞です。
記事もカタルーニャ地方(バルセロナ)に関するものがほかの新聞に比べて多めです。
リンクはスペイン語版のものです。

■ El Economista

http://www.eleconomista.es/

日本の日経新聞の位置づけです。経済に関する記事が中心です。

■ Marca

http://www.marca.com/
スポーツ(サッカー?)専門誌。ビデオなども多いので比較的気軽に
目を通せる新聞です。サッカーファンはまずこの新聞から^^

じっくりと読みこなしたいという方は、
どの新聞もディジタル版の定期購読バージョンがあり
月10ユーロ前後で全ての記事をスマホやタブレットから読み放題なので
購読なさるのも良いかもしれませんね。

”読書の秋”

今年はぜひスペイン語での読書にチャレンジしてください!

スペインのハロウィーンスイーツ Truco o trato?

dulcesantos

近年は日本でも、いろいろなイベントなどが行われるようになった
ハロウィン。

スペインでは、本家アメリカのように
仮装する習慣は一般的ではありませんが、

11月1日は”Todos los santos”といって
日本のお彼岸のような祝日となります。
地域によっては、10月31日よりこの日をお祝いする地区もあります。

そしてこのスペイン流ハロウィンにちなんだスイーツも。

■ Huesos de todos los santos
マザパン(アーモンドをベースにしたペースト)に
Yema(卵黄のクリーム)を詰めたお菓子です。

名前の通り小さな骨(Huesos)のような形をしています。

この時期スペイン全土で食されるお菓子です。
https://es.wikipedia.org/wiki/Hueso_de_santo#/media/File:Huesos_de_Santo.jpg

■ Panallets
カタルーニャ地方限定のスイーツ
サツマイモ、アーモンド、卵、お砂糖、
レモンを材料としたペーストで作った
小さなお団子を
松の実をまぶしオーブンで焼いたものが典型的なものです。

そのほかにいろいろな種類のものがあり、
ココナツをまぶしたものや、
カフェをペーストに混ぜたものなど。

https://es.wikipedia.org/wiki/Panellet#/media/File:Panellets_(surtido).jpg

比較的簡単にできるので
家庭で手作りをされる方も多いようで
この時期スーパーには、材料セットもたくさんならびます。
(ちなみにお店で買うと、頭が痛くなるほど甘いので^^;
私は食べたくなったら材料セットを買います・・・)

■ Pan de Higo
主にムルシア地方、
(クリスマスの時期にはスペイン全土で食されるスいーツです)
干したHigo(イチジク)でできたケーキは、
ほんのり甘く日本人の口にもあうようで,
輸入食品を扱うスーパーなどで見かけることもあるようです。

https://es.wikipedia.org/wiki/Pan_de_higo#/media/File:Pan_de_higo.jpg

そしてスいーツに負けないくらい甘いBoniato(焼き芋)や
castañas(焼き栗)もこの日に好んで食される食べ物です。

ちなみにスペインの焼きイモは、日本のものよりも柔らかく
(作り方はまさに石焼き芋なのですが、お芋の種類がちがうようです)
オレンジ色で、スイーツ顔負けの甘さです。

日本で手に入るものもありますし、
この時期にスペインにいらっしゃる機会があれば
ぜひ”期間限定スイーツ”お試しください!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

これでリスニング力大幅アップ!スペインのラジオを大活用

インターネットの御蔭で

いまや国境など関係なく
いろいろな国のラジオ番組を
日本にいながら楽しむことができるようになり

逆もしかり、で本当に便利になったなぁ・・と思います。

ちなみにスペインのラジオは下のリンクから
オンタイムで聞くことができます。

気になったラジオ局のロゴをクリックするとオンエアされます。
いろいろ試してお気に入りを見つけてください

http://en-directo.frequence-radio.com/

そして、
中でも比較的音楽の割合の少ないラジオ局

■ Cadena ser
http://play.cadenaser.com/

Cadena serのホームページでは
オンタイムでラジオ番組がきけるだけでなく

過去の番組のプログラムファイルがアップロードされているので
なんども同じ音源を繰り返し聴くことができるので
リスニング教材としても活用できます


http://play.cadenaser.com/alacarta/

たとえば、時事に関連するニュースは

Hoy por Hoy
http://play.cadenaser.com/programa/hoy_por_hoy/

でいろいろとチェックすることができ、

スポーツ関連の話題は

Carrusel deportivo
http://play.cadenaser.com/programa/carrusel_deportivo/

で聞くことができます。

ちなみにこんな臨場感あふれる音源も

ネイマールのゴール
Gol de Neymar (Sevilla 2 – Barcelona 1)
http://play.cadenaser.com/audio/000WB0374020151003174910/

試合の雰囲気がそのまま伝わってくるようですね・・。

もちろん、いろいろな音源を聞き流しているだけでも
耳がスペイン語の音に慣れてきますし、
リスニング力アップ貢献するのですが、

興味のあるテーマをみつけてぜひこちら

『聞き流すだけではダメ?!`聞き​とる力を鍛える一日10分の習慣

https://www.123esp.com/wordpress/?p=677

をお試しください。

音源はあまり難しく考えず最初はなんでもいいと思います。

それこそ、ネイマールのゴールでも
100回聞けば、完璧に理解できて
使われている単語をマスターするだけでなく
発音もまねできるようになっているはずです。
(ラジオのスポーツキャスターの発音みたいなしゃべり方
なかなか、かっこいいですね^^)

自分が興味を感じられるテーマで
リスニング力もアップ、

当然のことながらラジオのキャスターの発音は
かなり綺麗な発音なので発音のお手本にもなります。

まさにスペインの”今”を感じることができる音源、
ぜひ大活用してくださいね!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

日本のパエリア大躍進!世界一のパエリアはバレンシアではなく…

1442653302_659726_1442653386_noticia_normal

ほんの10年も前までは、日本はどちらかといえば
まだまだ珍しかったスペイン料理・・・。

昨今の”バルブーム”の御蔭もあり
日本でもおいしいスペイン料理を食べることができる場所が
増えてきているようでうれしい限りです。

スペイン料理の代表といえばパエリア!

1960年からパエリア発祥の地であるバレンシア最大の
お米の産地Sueca(スエカ)で行われている
パエリアコンテスト。

もともとは地元のイベントであったものが、
スペインの観光ブームとともに規模を拡大し
参加レストランは国内、そして1990年からは
国外のレストランも参加することに。
(ちなみに日本は1990年当初より参加しています)

各国のセミファイナルで選ばれた35のレストランのシェフが、
既定の材料を使って腕を振います。

↓本場のパエリアは思っているよりシンプル。
コンクールで使用された、パエリアのレシピはこちらです
(スペイン語のパエリアコンクールのサイトになります)

http://goo.gl/byXVi8

日本からはセミファイナルを勝ち抜いた3レストランが参加。

やはりなかなか本家の壁は厚く
今年、優勝したのはマドリッドのレストラン。
クエンカ出身のシェフ、フリアン・ガルシア氏がなんと2年連続で受賞。

今年は日本勢も大躍進!で
日本のから参加した北海道札幌の
Bar Espana
が、コンクールで高評価を得た
5つのレストランに与えられる
Accesoの賞を受賞。

来年は予選を通ることなくコンクールに参加できる
権利を得たので
日本から4つのレストランが参加できることになります。

考えてみると
日本の寿司コンテストに、
スペインのレストランが入賞するようなもの?!
なので、かなりの快挙!

来年は日本からの参加枠も増え、さらなる躍進が楽しみです!

この北海道のBar Espanaさんは
2年連続日本でのセミファイナル入賞とのこと。

食欲の秋!
本場のパエリアが食べたくなったらまずは北海道
という選択肢もありかもしれません(^_-)☆

↓スペインのラジオ”Cadena Ser”によるフリアン・ガルシア氏のインタビュー。
”パエリア”についてアツーく語っています。(コンクールに参加した日本チームのことについても少し感想を述べています_)
長めですが、スピードはゆっくり、とくにラジオパーソナリティ-の方のスペイン語はききとりやすいので
ぜひ、挑戦してみてくださいね。

http://cadenaser.com/emisora/2015/09/19/ser_toledo/1442653302_659726.html

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

<重要>各種お手続きの手順につきまして

これまで、お手続きの窓口は、
基本全て事務局のメインのメールアドレスでしたが、
昨今、(おそらく迷惑メールフィルタの影響かとは思うのですが)

”メールが届かない”
”事務局からの返信が届かない”
”お手続きの期限をすぎてしまってからのお申込み”

などが時々起るようになり

またお問い合わせの数もふえてきたこともあり、
確実にお手続きを完了させていただくために
チケットの繰越手続きなどのお手続きの手順を
少し変更させていただきました。

今後は各受講生様の必要事項を記入の上、
期日までに各お手続き別の専用アドレスにメールにて
ご連絡をいただくこととなります。

詳細は下記のページにてご確認ください。

https://www.123esp.com/prcd.html

お申込み数が多いこともあり
事務局より確認のお返事を差し上げることができないことがありますが、
手順にそっていただけますとお手続きは完了しておりますので
ご安心ください。

ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたします。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話