スペインに旅する前に見ておくべき映画5選

あまり日本で上映されることがないのが残念ではありますが、実は以外に”見ごたえのある映画”が多いです。
ハリウッド映画のような華やかさはありませんが、かといって、見ると落ち込んでしまう(苦笑)フランス映画のような”暗さ”もなく
どちらかといえばスペインのありふれた生活のなかで普通の人たちが繰り広げる”ドラマ’を取り上げたものが多いです。またハッピーエンドのものがほとんどなので安心してみることができます。(笑)
テレビの旅行番組では見えない”スペイン社会の背景”も少し知ることができるので、スペインを旅する前にみておくと、単にガイドブックをみながら観光名所を見て回るだけではなく、”スペイン旅行”に深みを添えてくれるに違いありません。

普段はなかなかお目にかかることのできないスペインの違った一面を映画で楽しめるお勧めのはこの5本、です。
スペイン語のリスニングの勉強にもなりますので、ぜひオリジナルでご覧下さい!

■ Una casa de locos(2002年)
http://amzn.to/2veSSoi

邦題は”スパニッシュアパートメント”という名前のフランス映画です。日本でもミニシアター系の映画館で上映されました。
主人公の恋人役で”アメリ”のオードリー・トトゥも出演しています。
就職に悩む主人公が、父親の勧めでスペイン・バルセロナに留学。留学先で起こる事件の数々をコメディタッチで描いた作品。
主人公とともにバルセロナに留学している気分になれる一作です。

■ Volver (2006年)
http://amzn.to/2u6vye3

スペインを代表する映画監督、ペドロ・アルモドバルの作品。ぺネロぺ・クルス主演。
アルモドバル監督の作品は独特(理解しがたい?)なものが多いと批判されることもありますが、この作品はその中でも”原点回帰”ともいえる親子関係に焦点を当てたテーマ。映画の舞台となるのは監督自身の故郷であるラマンチャ地方。
アルモドバル監督特有のシュールな展開と舞台となるスペインの美しい田舎の風景やスペインながらの人間関係が描かれ興味深い作品です。

■ Pagafantas(2009年)
http://amzn.to/2u6Kk4w

”Pagafanta”はスラングで”都合のいい男の子”の事を意味する言葉です(同じ意味で使われる言葉に ”el pringado”, ”el calzonazos”, ”el saco largo”などがあります。)スペイン特有のユーモアセンスを理解するのにはもってこいのラブコメディ。また映画の中では Hacer la cobra”, “el abrazo del koala” など、テキストには決して登場することのない、口語表現が満載でボキャブラリーがふえること間違いなしの一本

■ Los lunes al sol (2002年)
http://amzn.to/2u6le5t
実話に基づいて作られた作品ではないのですが、スペインで暮らす多くの人の厳しい現実を映し出した映画。
”Los lunes al sol”とは、週末が過ぎ月曜になっても日光浴をするしかないような状況のことで、この映画の中心となるテーマはスペイン社会の一番の問題である”失業”。
映画にでてくる会話も批判や皮肉にみちていて、スペインは決して”太陽とお祭り”だけの国ではないことに
気がつかせてくれます。スペインという国の現実を知るために一度見ておくべき作品です。

■ Tapas (2005年)

http://amzn.to/2uFe3mj

バルセロナの昔ながらの”Barrio(ご近所)”が舞台。小さなバルを拠点として、定年退職をした夫婦、インターネットで恋人を探すのに夢中な中年女性、スーパーで働きながら将来に不安を抱えた二人の青年、そして新しく中国人の料理人を雇ったばかりのバルの店主…年齢や職業が全く異なる5人のそれぞれのごく普通の、でもドラマに満ちた”スペインの日常”を描いた作品。派手さはありませんが見た後にほっこりとした気分にさせてくれる作品です。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

2017年版スペインの最も美しいビーチ10選

世界で3番目に世界遺産のあるスペインですが、自然にも恵まれヨーロッパでももっとも美しいといわれる25ビーチのうちの5うがスペインにあります。

2017年、スペインでもっとも美しいといわれるビーチは?
大手旅行サイト”トリップアドバイザー”のユーザーによって選ばれた、”2017年スペインの最も美しいビーチトップ10”を紹介させていただきますね。

一位 Playa de la concha (ラ コンチャ海岸/サンセバスチャン)
”ビスケーの真珠”の別名をもつ、サンセバスチャンにある美しい砂浜の海岸。昔からスペインの王侯貴族やブルジョワジーの避暑地とされています。

Una publicación compartida de Alberto Marquez (@albermarq) el

2位 Playa de Ses Illetes (フォルメンテ-ラ/バレアレス諸島)

美しい自然の残るフォルメンテラ等に位置するビーチ、ビーチから小さな大小の島が見えるため”6つの小さな島(Ses Illetes)”という名前が付けられました。 

3位 Playa de Muro (マヨルカ、バレアレス諸島)
ヨーロッパで人気の観光地、マヨルカ島には美しいビーチがたくさんあります。島の北に位置する6キロにわたる白い砂浜の海岸です。

Una publicación compartida de @jasebuu el

4位 playa de las canteras (グランカナリア/カナリア諸島)

温暖な気候から一年中、地元の人や島を訪れる人たちでにぎわう、ラス・パルマス・デ・グランカナリアのメインのビーチです。

5位 playa de las catedrales(リバデオ/ガリシア地方)
ガリシア地方環境庁によって”自然遺産”に認定されているビーチ。引き潮のときにだけ見ることができる、自然のアーチが洞窟が特徴的です。

Una publicación compartida de jorge masana (@jorge_masana) el

6位 playa de maspalomas
グランカナリア島の南に位置する巨大なビーチ。ヨーロッパ中からの観光課客が一年中絶えず、気候の穏やかなビーチです。1861年に建設された灯台が今でも残りその気候の穏やかさを物語っています。

Una publicación compartida de Coco (@coco_stu) el

7位 Cala comte
細やかな砂とターコイズ色の海水が美しい、イビザ島でも最も人気のあるビーチの一つです

8位 Playa de bolonia
スペインのかなでも最も完全な形で残るローマ時代の遺跡のすぐそばに位置する海岸でアフリカ大陸にも面しています。

9位 Playa de alcudia (マヨルカ、バレアレス諸島)
7キロにわたる白い砂浜はバレアレス諸島の中でも最も長いビーチとされています。

10位 Playa de el cotillo
白い砂浜と澄んだ海水が特徴的な静かなビーチ。シュノ-ケリングにぴったりな場所です。

Una publicación compartida de Sarah (@sa_rah3010) el

DELE? SIELE? 受けるならどっち?

母国語として話す人口が世界で第2番に多い言語であり、また国際的にも存在感を増してきたことを反映してか、
国際的な認定資格のDELEに加えて、インスティチュートセルバンテスによって設けられた新しいスペイン語の認定試験”SIELE”

DELEと比較して、”どのよう形でスペイン語学習に役立てることができるのか””資格としてどれくらいの有効性があるのか”などをまとめてみました。

■ 認定機関
DELE: Ministerio de Educación, Cultura y Deporte de España (スペイン、スポーツ、文化、教育省、日本の文部省に相当)とインスティチュートセルバンテス

SIELE: 国立メキシコ自治大学、サラマンカ大学(スペイン)、ブエノスアイレス大学(アルゼンチン)、インスティチュートセルバンテス

■ レベル
DELE: A1からC2まで6レベル
SIELE: レベルではなく点数(1000点満点)によって評価

■ 試験科目
DELE: どのレベルも読解、作文、会話、聞き取りからなり、総合点によって合否が決定される
SIELE:読解、作文、会話、聞き取りからなり、科目別の受験も可能。科目別で受験する場合、4種類の組み合わせを選ぶことができ
S1 (読解+聞き取り 500点満点), S2(読解+作文 500点満点), S3(聞き取り+会話 500点満点),S4(会話のみ 250点満点)

■ 受験方法
DELE:マークシート、作文は手書き、面接
SIELE:会話以外はパソコンで受験

■ 受験時期
SIELE: 予約さえすれば好きな時にいつでも受けられる
DELE: レベルにより異なるが、年に2-3回(全レベル共通は5月と11月)

■ 日本での受験場所

DELE: 全国に数ヵ所
SIELE: 現時点で東京(インスティチュートセルバンテス)のみ

■ 受験料
A1: 8,800円/A2: 10,800円/B1: 12,400円/B2: 15,400円/17,300円/18,500円

SIELE: 4科目総合のSIELE Globalを受験の際は155ユーロ

■ 資格の有効期間
DELE:一旦合格すると永久
SIELE: 受験日より2年

■ 資格の有効性
DELE: スペインの永住権を取得するためにはDELEA2が必須。またスペインの公立大学では外国人留学生にDELEB2の取得を求めるところが多い。そのほか、外国人がスペインで祖国の医師資格を継承して医師として働くため手にはDELE C1の取得が義務付けられている。その他外国人がスペインの公的機関で働く際にも、仕事の内容に応じたDELEのレベルの取得が求められる。
スペイン以外ではフランスの文部省によっても認定を受けている。

SIELE: 比較的新しい資格のためおそらく今後大学(特に南米の大学において)スペイン語のレベルを証明するものとして採用されていく可能性あり

やはりDELEのほうが開始されてからの年数を経ているだけあり資格としてはSIELEよりは有効なようです。反面SIELEはいつでも受験でき、受験形式はディジタル形式で結果も3週間で分かるなどかなり柔軟性のある試験です。これからは”スペイン語の語学力”の公式な評価認定として採用されていく可能性は大いにあるかと思います。また、どちらもは欧州評議会の定める語学力評価基準に基いて作成された試験のため、DELEの受験準備の一環として苦手に感じられる特定の科目だけSIELEを受けてみるなどの活用の仕方もできるかと思います。(ちなみに、SIELEは科目を分けて受けると料金も安くなります。)

カテゴリー DELE

一番使えるスペイン語!?”Madrileno”をマスター!

スペイン語は中国語について世界で2番目に母国語として使う人口が多い言語です。
また中国語よりも使用されている国の数がかなり多いため、”南米のスペイン語”と”スペインのスペイン語”だけにとどまらず化なりバリエーションが豊富です。(同じ南米でも”アルゼンチンのスペイン語”と”メキシコのスペイン語”では同じスペイン語と思えないくらい響きも違います。)

スペイン国内においても、南米のスペイン語との差ほどではないにしても、方言などもあり、発音やアクセントが違ってきます。(アンダルシアのアクセントなどはかなり特徴があるので慣れないと少し聞きづらいところもあるかも知れません)
”スペインのスペイン語”を学ぶ際に一番”標準”とされるのはテレビのニュースを読む際に用いられているマドリッド周辺のスペイン語です。ちなみに、スペイン語とならんでカタラン語が公用語でもあるバルセロナでは標準的なスペイン語のことを”Castellano”(カステリャーノ、マドリッド周辺のカスティーリャ地方にちなんだものです)と呼んでいます。

Madrileno(マドリレーニョ)と呼ばれることもあるマドリッド周辺で話されている”標準的なスペイン語”。スペインのどの地域でも問題なく通じるので、スペイン語を始める際にはまずこの標準語をお手本にし、徐々に方言に慣れていくのが理想的です。(ちなみにウノドストレスにはマドリッド以外の出身の講師もおりますが、標準の発音でレッスンを行うことができる講師のみを採用しております。)

ちなみに発音だけでなく’Madrileno”には特有の単語もあるそうで…こちらはどちらかといえば、”方言”に近いものなのかもしれませんが、
ある程度レベルが上がってくると、会話に”こなれた感”を出してくれます。
発音に加えて王道のスペイン語、Madrilenoマスターにチャレンジしてみてください。

(Madrileno→スペイン語→日本語の順となっています)

Peluco → Reloj → 時計
Chupa → Chaqueta de cuero → 革のジャケット
Gayumbos → Calzoncillos → 下着
Piba / pibe → Chico / Chica →男の子/女の子
Sobar → Dormir → 眠る
Esfumarse → Escaparse →にげる
Molar→ Gustar → 好む
Darse el piro → Irse → 去る
Bule → Autobús → Bus バス
Tek i→ Taxi→ タクシー
Buga → Coche →車
Está fetén → Está bien→ 了解です、大丈夫です。
Ir cuezo → Ir borracho → 酔っ払う
En 0 coma → Muy rápido → とても速い
A pachas → A medias → 割り勘
A cholón → A saco → 徹底的に
Mazo → Muy/Mucho → たくさん
Un moco → Una borrachera → 酔い
Estar al loro → Estar atento → 注意深くする
Guindilla → Policía → 警察
Keli → Casa → 家
Chachi → Superior → トップの、優秀な
Macaco → Feo → 醜い
Pipa → Tonto → バカげた
Jeta → Cara →顔
Napia → Nariz → 鼻
Mini → Vaso de 750 ml →750 ml のグラス

いままで見たことのない単語や、バルセロナでは全く別の意味で使われる単語もあり…あらためて”スペイン語の奥深さ”を思い知らされます(笑)

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン料理についての7つの誤解

日本でも、以前に比べるとスペイン料理を食べられる場所が増えているようで、ところどころに”バル”の表示をみかけるので
スペイン料理も市民権を得てきているようでうれしく思います。
その反面、スペイン料理やスペインの食習慣に関しての実際とは違うステレオタイプもあるようで、いろいろなところで耳にする
”スペイン料理に関する7つの誤解”をまとめてみました。

1.”タパス”は”料理の一種”である
レストランの表示にも”タパスレストラン”と使われることが多いので誤解されがちではあるのですが、”タパス”は”料理の種類”(たとえば、カタルーニャ料理、魚料理…など)ではなくてどちらかといえば”料理の量”を意味します。
もともと”タパス”が意味するのは魚、肉、パスタ…どんなお料理でも、飲み物と一緒に出てくる小皿料理のことです。(アンダルシア地方などでは飲み物を頼むと”おまけ”として一品タパスがついてきます。)

2.パエリアはスペインを代表する食べ物である。
パエリアは”バレンシア地方”の郷土料理です。もちろんスペインのどの地方でも食べることはできますが、元祖の”バレンシア風パエリア”は魚介類が使われていません。

ではスペインを代表する食べ物は?”トルティーヤデパタタ(スパニッシュオムレツ)”です。トルティーヤ デ パタタは、マドリッドでもバルセロナでもセビリアでも作り方は同じ。全てのスペイン人が子供のころから親しんでいるスペインの”国民食”です。

3.スペイン人はランチでいつもアルコールを飲む
ランチセットにワインやビールなどのアルコールがついてくるので、”スペイン人は普段からランチの時もアルコールを飲んでいる”と
のステレオタイプもあるようですが・・・。もちろん、平日でもランチのときにワインを飲む人やビールを飲む人もいますが(そして午後に通常通り仕事をしていれば、そのことで特に仕事に戻った際にとがめられることはありません。)ほとんどの人が水やその他の清涼飲料を飲んでいるのが普通です。金曜(スペインの会社は金曜は午前中で終わることが多いです)やバケーション中は例外でお昼からアルコールとともにゆっくりランチの時間を取る場合が多いようです。(やっぱりアルコール好きなのですね…^^)

4.スペイン人はサングリア好き。
スペインで一番飲まれているアルコール飲料はワインとビールです。もちろんサングリアは’観光客専用の飲み物”というわけではなくスペイン人も時々飲むことはありますが、スペインでは必ずしも人気のあるのみものではありません。実際のところ、ジントニックのほうがサングリアより人気があるほどです。
スペインの”十八番”的なのみものといえばやはりcañas(一気に飲み干せるぐらいのグラスに入ったビール)かワインです。

5.昼食は長い時間をかけてたくさん食べる。
スペインに来られた方は”Menu del dia(本日の定食)”の量の多さに驚かれた方もいらっしゃるかも知れません…。実際のところ週末はゆっくり(2-3時間)かけてたっぷりの昼ごはんを食べる習慣はまだまだ残っていますが、平日においてはかつての長い昼休みの習慣は急速になくなってきています。サンドイッチを軽く食べて一時間で仕事に戻る、という日本でよく見られるような昼食スタイルもだんだん増えてきているようです。

6.スペイン料理はスパイシー?
”スペイン語つながり”で”スペイン”と”メキシコ”がよくごちゃまぜにされるようで…。バルセロナのおみやげ屋さんでもよくメキシコのマリアッチがかぶっているカラフルな帽子を売っているのを見かけます(し、実際にかぶってい歩いている観光客もみかけます^^;)
が、ほとんどのスペイン人はあまり辛いものがすきではありません。スペイン料理で唯一辛いものといえば”ときどき辛いししとうが混ざっている”Pimientos de Padrón”(ししとうの唐揚げ)のみです。

7.スペイン料理はヘルシーな地中海料理
スペイン料理はオリーブオイルを多用し、農業大国なので常に新鮮な素材で調理されているのことは事実ですが…。
一般的に揚げ物が多かったり、高カロリーな煮込み料理もたくさんあるので必ずしもヘルシーかどうかは疑問符がつきます。
ただ素材に恵まれているので食文化が豊かで、それぞれの地域がその土地の郷土料理にとても誇りをもっているので、”スペイン料理を食すること”が訪れる人にとって旅の醍醐味になっていることは間違いない事実です。(ただくれぐれも食べ過ぎには注意…してください)

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペインの都市の物価比較、どこが一番お得?

spain-flag-map-plus-ultra-1

日本でも大都市圏と地方都市とでは物価に差があるように、スペインでも都市間での物価は、物によってはかなりちがってきます。
もちろん、”自分にとってくらしやすいかどうか?”が住む場所をきめる一番大きな指針にはなりますが、とくに留学先などの長期滞在先を決める際に、自分の希望する都市でくらすにはどれくらいの費用がかかるのか、の目安にするのにしっておくとよいかも知れません。

数値は2016年のものを参考にしています。
まず、物価を比較する前に、各都市の平均的な所得(世帯ごと)
トップ3は
1位 サンセバスチャン (30550ユーロ)
2位 ヴィトリア (28288ユーロ)
3位 ジローナ (20866ユーロ)

ワースト3位は
1位 コルドバ (19685ユーロ)
2位 ウエスカ (20915ユーロ)
3位 ウエルバ (20958ユーロ)

となっています。
ちなみにスペイン全体の平均は 24.368ユーロです。

また各都市の物価を総合的に平均した場合スペインでは一番物価が高いのが、ビトリア。サンセバスチャン、バルセロナ、マドリッド、ビルバオが続きます。
逆に最も安いのがサラマンカ、続いてアルバセテ、バダホス、ウエルバ、セビージャと続きます。

各項目ごとの物価を比較してみると
■ 家賃
アパートを借りるが一番高いのはバルセロナで15.3ユーロ/平方メートルです。続くのがマドリッドで12.3ユーロ/平方メートル、3位はサンセバスチャン(11.6ユーロ/平方メートル)。逆に一番安いのはルゴ (3.9ユーロ/平方メートル)、オレンセ(4.1ユーロ/平方メートル)
カセレス4,3 ユーロ/平方メートルと続きます。

■ 日用品
スペインの消費者生活センターの調査によれば、日常必需品を購入するのに一番高くつくのはスペイン北部の都市、バルセロナ、ジローナ、ビルバオ、サンセバスチャンなどのスペイン北部の都市で逆に安いのがコルドバ、ムルシアなどの南部の都市だそうです。

■ 交通手段
公共の交通手段の一回券が一番高いのはバルセロナ(2ユーロ)でセビリアの1.4ユーロが続きます。
ただ回数券を買った場合一番たかくなるのがマドリッド(1.83ユーロ)その次がジローナ(1.07ユーロ)バルセロナ(1ユーロ)と続きます。逆に安いのは、ルゴ, (0,45 ユーロ), ログローニョ (0,53 ユーロ) 、クエンカ (0,58 ユーロ)です。

タクシーは最も高いのはバルセロナ3キロの往復で14,82ユーロ、続くのがタラゴナ(13ユーロ)その次がソリアで11.05ユーロとなります。
逆にもっともやすいのがグランカナリアで同じ距離が5.8ユーロ、続いてバレンシアの6.02ユーロ、ハエンの7.45ユーロとなります。

■ 教育費
公立大学の費用も地域によって異なります。一番高いのはカタルーニャ州で平均の年間学費が 2.776 ユーロ次がマドリッドで2317ユーロ、続いてナバラの1948ユーロとなっています。逆に安いのはカナリア諸島の1004ユーロ、バスク地方の1.099ユーロ、ガリシアの1.248ユーロが続きます。

■ 映画料金
映画を見るのが最も高いのはバルセロナで平均8.6ユーロ、逆に一番安いのがアルメリア(4ユーロ)続いてサラマンカ(5.3ユーロ)です。

■ 外食
外食が一番高くつくのがイビザ平均59ユーロ、続いてサラゴザ(58ユーロ)、コルーニャ(57ユーロ)となっています。
逆に最も安いのがウエスカで平均35ユーロ、次にカセレス(39ユーロ)3番目がサンタクルスデテネリフェで40ユーロとなっています。

■ アルコール飲料
カクテルを2杯飲んだ場合…最も高いのがマドリッドで26ユーロ。次にパルマデマヨルカ(マヨルカ島)で22ユーロ、続いてイビザ、コルドバ(21ユーロ)となっています。
最も安いのが、たびたび登場しているウエスカで7.5ユーロ。次にルゴとログローニョが続き7.8ユーロとなります。

長期滞在の費用などを見積もる際にお役にたてば幸いです!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

留学、ワーホリに!コスパの良い公立の学校のスペイン語コースを活用してみる

ryugaku

いよいよ日本とスペインのワーキングホリデーの申請が開始されたとのことで、
スペイン留学を考えていらっしゃった方にとっては、これまでの煩わしい手続きが簡素化され、また留学コストも低くなることが予想されるので朗報ですね。(ただビザの数に制限があるようなので、少しでもお考えの方はまずはスペイン大使館に問い合わせられることをお勧めいたします。)

今までは、3カ月を超える留学には留学ビザの取得が必要で、スペインの留学先からから取り寄せる必要のある書類の準備だけでも約3カ月から半年、プラス承認がおりるのも数カ月かかっていたので(実際のところワーキングホリデービザが下りるのにどれくらいの期間が必要なのかは未知数ですが、)少なくとも書類の準備に関しては日本で原則全て準備できる書類なのでそれだけでも手続きの大変さがずいぶん違います。←経験者は語る、です。

与えられたスペインでの一年間、過ごし方はそれぞれかと思いますが、せっかくの限られた時間(原則ビザの延長は認められていませんので一度きりのチャンスです。)です。スペインの労働環境を考慮すると、現地でなかなか条件のよい仕事を見つけるのはスペイン人でも難しい状況なので、やりたいことが安心してできるだけの生活費は確保していかれることをお勧めします。(ちなみに、バルセロナのレストランの時給は5-7ユーロです。であれば日本でワーホリ前に資金を集めるために集中して仕事をした方がずっと効率が良いですし、時間の無駄にもなりません。)

以前のスペインのワーキングホリデーに関する記事でも少し紹介をさせていただきましたが、ワーキングホリデービザを取得することによって、これまで留学ビザが発行されない関係で受講することができなかった公立の語学学校や、大学の語学コースを受講することが可能になります。公立の語学学校、大学、ということで講師の質、授業の質が公的機関(セルバンテスセンターやスペインの文部省)保証されており、(もちろん価格の変わらない私立の格安の語学学校はありますがやはりどうしても私立の場合は”安かろう悪かろう”にならざるを得ないかと思います。)また大学の場合は語学のコース以外にも参加できるコースがあるのも魅力的です。

公立の語学学校と合わせていくつかスペインの公立のトップランキングの大学の語学コースを下記に紹介させていただきます。
スペイン滞在のカギともいえる語学学校選びの参考になれば幸いです。

公立の語学学校

”Escuela oficial de idioma (EOI)という名称で各自治体が運営している公立の学校のため学費がかなり手ごろのなのが特徴(平日2時間の授業で学期ごとの受講料が200-300ユーロ前後)です。若干ひとクラスの生徒数は多いのですが(20名前後)講師の質が高く、また課題なども多く各学期終了時のレベルテストは難関です。(レベルテストに合格しないと次のレベルに進むことができません。)
コスパがかなり良いため、バルセロナなどの大都市では受講は抽選となるようですが、試してみる価値はありそうです。
ちなみにバルセロナには2校あります
Escuela Oficial de Idioma Drassanes

Esciela oficial de Idioma Vall de hebron

マドリッドは

Escuela oficial de idioma Goya

Escuela oficial de idioma de Madrid Jesus Maestro

Escuela oficial de idioma Madrid-Embajadores

など数校あるようです。さすが首都だけあってバルセロナより公立の語学学校の数が多いです。

その他の都市は”Escuela Oficial de Idioma” と都市名で検索すればウェブサイトをみつけることができます。

公立大学の語学コース

公立の語学学校程ではありませんが、私立の語学学校に比べると大学のお墨付きだけあり講師の質がよく、価格も手頃です。また受講すると大学の施設(図書館など)やイベントに参加することもでき学生気分を満喫できます。

スペインのトップ20の公立大学で外国人学生にスペイン語コースを提供しているのは

■ マドリッド
Universidad de compultense (コンプルテンセ大学)

Universidad de Autonoma de Madrid (マドリッド自治大学)

■ バルセロナ
Universidad de Barcelona (バルセロナ大学)

Univrsidad de Autonoma de Barcelona (バルセロナ自治大学)
■ その他の都市

Universidad de Arcala de Herenas (アルカラ デ エレナス大学)

Universidad de Granada (グラナダ大学)

Universidad de Sevilla (セビージャ大学)

Universidad de Santiago compostela (サンティアゴデコンポステーラ大学)

Universidad de Alicante (アリカンテ大学)

などがあります。

いずれの学校も学期単位で授業を申し込むことができるので、学期ごとに大学を変えていろいろな都市に滞在するのも楽しいかも知れません。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペインにきたらサングリアじゃなくコレを飲むべし!スペインの代表的な飲み物10選

スペインののみものといえば、”サングリア”を連想される方が多いようなのですが、(私もかつてはその一人でした…)
こちらに来て少し驚いたのが”スペイン人はほとんどサングリアを頼まない””サングリアを置いていないレストランがある”…。

どちらかといえば”観光客向け”の飲み物のようで、以前はバルセロナでも観光客の少なめのレストランにいくと置いていないところがほとんどでした。(最近は観光客の増加に伴いどこも置いているようですが…)

ただ、ランチセットで”水かワインか?”と聞かれるお国柄。
アルコールの飲み物はとっても充実していますし、水がわり^^;に飲んでいるだけあって口当たりの良いものが多いです。

さて、サングリアを飲んでいないとすれば、スペイン人いったい何をのんでいるのでしょう・・・。

■ Cava(カヴァ)
カタルーニャ地方ではワインと同じくらいなじみのある白ワインかロゼベースのスパークリングワインで、カタルーニャ州ぺネデス地方が主な原産地です。
結婚式や祝日などの飲み物としても消費されることが多いです。フランスのシャンパンに比べて値段もずっとお手頃なのも嬉しいところです^^。

Una publicación compartida de @sorkKari (@kari.sorkkari) el

■ Sidra(シドラ)
アルコール度の低いリンゴの発泡酒。
スペインにはいくつかの生産地があるのですが、一番有名なのはアストゥリアス産のものです。
”エスカンシアール”と呼ばれる独特のシドラ用の飲み方が伝統的につたわっているほど、(専用の食器ももちろんあります!)土地に根付いた飲み物です。

■ Chacoli チャコリ
バスク地方の少し辛口で酸味の強めな微発泡酒、ピンチョスとともに飲むのが一般的でピンチョスバルには必ず置いてあります。
シドラ用の”エスカンシアール”はチャコリでも使われることがあります。

Una publicación compartida de @nuez1120 el

■ Vino turbio(ビノトゥルビオ)
ガリシア地方の”ハウスワイン”。すこし濁りのある酸味のつよい白ワインで魚介類によく合います。通常のワインよりもずっとお値段がやすいのも魅力的^^です。(だいたい750ml 2ユーロ前後でスーパーなどでみかけます。)

■ Agua de valencia(アグア デ バレンシア)
カヴァとオレンジをベースにしたバレンシア地方出身のカクテル。スペインの中でも”オレンジの名産地”としられるバレンシアらしいのみものです。カバとオレンジジューズを混ぜたものに少しジンとラム酒、クアントローを混ぜお好みで砂糖を加えて甘さを調整します。アストゥリアス地方ではカヴァの代わりにシドラを使って作られることもあるそうです。

■ Queimada
”おまじない”を唱えながらのむと魔よけとなってくれるという言われのある神秘的なアルコール”Queimada”。ガリシア地方の伝統的な飲み物です。主な原料はAguardienteといわれるアルコール度29%から60%のお酒とお砂糖です。好みでレモンやオレンジを添えます。

Una publicación compartida de RDCN (@ramsestaipei) el

■ Licor café
アリカンテ、ムルシア、ガリシア地方でよく飲まれている飲み物で、コーヒーベースの15%‐25%の度数のリキュールです。
甘みを加えてデザートの代わりとして飲むこともあります。

■ Vermut
ワインをベースにしてときには40種類ものハ‐ブを混ぜてつくられる食前酒。スペインでは最も一般的なものは白ワインとマティー二ベースのものです。週末の昼食の前、おつまみ(スペインではかんずめが一般的)と一緒に飲む習慣があり、多くのバルで自家製のベルムートを楽しむことができます。

Una publicación compartida de Rose (@mslee_101) el

■ Risol
アンダルシア、特にハエン地方でよく飲まれる飲み物で、コーヒー、シナモン、お砂糖、ローズウォーターと
Aguardienteを混ぜて作ったカクテルです。イべリコ豚で有名な地方でもあるので、冬の畜産の作業の時期に体を温めるためによく飲まれた飲み物だそうです。

■ Orujo
カンタブリア、レオン、サモラでよく飲まれているブドウの粕を使って作られた蒸留酒です。
もともとは小規模のワイナリーがワインを作った後のブドウの粕を蒸留して自家製のお酒を作ったことが始まりです。
アルコール度が高い(45度前後)にも関わらず飲みやすく、現在ではスペイン全土で飲まれているお酒です。

Una publicación compartida de Carla Sam (@kassavi) el

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

メッセージアプリ解読のためのスペイン語

Lineやフェイスブックメッセンジャーなど、無料で気軽にやりとりができるメッセージアプリ。
お使いの方も多いかと思われます。
スペインで最も使われているメッセージアプリは”Whatsapp”で、
日本でおそらくもっとも一番ユーザーの多いLine程絵文字やスタンプが使用されることはないようです。
ただ、文字盤?の小さなスマホを使ってメッセージをうつのが、PCのときに比べると少し面倒に感じられるのか
メッセージアプリのメッセージでは多くのとく会話で頻出する単語が省略されています。
これらは”Abbreviatura”とよばれ中には元の単語の跡形もないものも^^;
なじみがないと、送られてきたメッセージを理解することができません><

メッセージアプリにかなりの頻度で使われる”Abbreviatura”主なものをまとめてみました。
ぜひ、メッセージアプリでメッセージを打つ際に使ってみてください!

■ あいさつ
Wnas — Buenas, Hola: BuenasはBuenos dias, Buenas tardesのカジュアルな言い回しです。
Asias — Gracias
Dew — Adiós
Qtl— Que tal
Xao — Adiós :CiaoはAdiosの代わりに友達同士で別れのあいさつとしてよくつかわれる言い回しでそれを略したものです。

■ 接続詞
X — Por
Xo — Pero
Xa — Para
Xk — Porque
Xq — Porque
Sk — Es que
Tmb — También
D — De

■ 質問に関するもの
Cmo — Como
Km — Como
K — Que
Kt — Que te
Qtl— Que tal
Qle — Que le…
Qtpsa — Que te pasa
K ace?— Que haces?

■ 形容詞に関するもの
Mx — Mucho
Dfcl — Difícil
Drmda — Dormida
Aki — Aquí
+ — Más
– — Menos
= — Igual

■ 人称に関するもの
Sts — Estas
T — Te/ Tu
L — El/Él
Ma — Me a

■ あいづちに関するもの
Ok — vale
Qno — Que, no.
Qsi — Que, si.
N — No/ En

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

サッカーで学ぶスペイン語:メッシに関する30の事実

campnou

6月24日はメッシの30歳の誕生日だったそうで、この記念すべき日にメッシへのオマージュとして
UEFA(欧州サッカー連盟)のウェブサイトに掲載された記事

”Messi: 30 años, 30 datos(メッシ:30歳、30のデ‐タ)”が
短い文で構成された記事で比較的初中級の方にも読みやすく、スペイン語のサッカーに関するボキャブラリを増やすのにも役立つと思うので
紹介させていただきますね。

まず、中級以上の方はぜひ、下記の元記事からチャレンジしてみてください!

http://es.uefa.com/uefachampionsleague/news/newsid=2481492.html

■ ”Messi: 30 años, 30 datos”

1: Su primer gol profesional con el Barcelona llegó el 1 de mayo de 2005, cuando entró al campo desde el banquillo en un partido de Liga contra el Albacete, convirtiéndose entonces en el jugador más joven en marcar en la Liga a los 17 años.

1;彼のバルセロナからのプロとしての最初のゴールは2005年の5月1日。対アルバセテ戦にてベンチからフィールドに入った時、リーガエスパニョ‐ラ最年少17歳でゴールを決めた選手となった。

Campo:フィールド
banquillo:ベンチ
marcar:得点を入れる
La liga:リーガ・エスパニョ‐ラ

2: Es el segundo máximo goleador en la historia de la Copa de Europa, desde la fase de grupos hasta la final, con 94 goles.

ヨーロッパカップにおいて史上2番目にゴールをいれた選手。グループ別の試合からから決勝戦までにおいて計94ゴール。

Goleador:ゴールを決める選手、スコアラー
La copa de Europa:ヨーロッパカップ
gol(複数形はgoles):ゴール

3: Messi ha logrado 37 ‘hat-tricks’ con el Barcelona.

メッシはバルセロナで37回の”ハットトリック”を達成した。

4: Número de títulos de la UEFA Champions League en su palmarés, junto con ocho Ligas y cinco Copas del Rey.

4はメッシが欧州チャンピオンズリーグの優勝者リストでタイトルを獲得した数, リーガエスパニョ‐ラでは8回、国王杯では5回。

la UEFA Champions League:欧州チャンピオンズリーグ
Palmarés:(スポーツの場合)優勝者リスト
Copas del Rey

5: Goles que marcó Messi al Bayer Leverkusen en un partido de los octavos de final de la UEFA Champions League 2012.

5. 2012年の欧州チャンピオンズリーグの最終16チームでの対ベイヤー・レヴァークーゼン試合でメッシが決めたゴールの数

Partido:試合
los octavos de final:最終16チームによる試合

■ Mágico Messi”メッシの魔法”

6: Messi vio Portería en seis competiciones de clubes diferentes en 2011, repitiendo la hazaña en 2015.

6 : 2011年にメッシが違うクラブの6つの大会でゴールを達成。2015年にもこの達成を繰り返した。

Portería:ゴール

7: Más ‘hat-tricks’ en la UEFA Champions League (un récord compartido con Cristiano Ronaldo).

欧州チャンピオンリーグでのハットトリックの数(クリティア‐ノ・ロナウドの記録と並ぶ)

8: Temporadas consecutivas que ha marcado 40 tantos o más con el Barcelona.

8;バルセロナで40得点あるいはそれ以上獲得した連続シーズンの数。

9: Goles que le faltaron para llegar a los 100 en el año 2012. Aquellos 91 goles establecieron un récord mundial.

9:2012年に100ゴールまでに足りなかった数。この年の91ゴールは世界記録となりました。

10: Messi llevaba el número 19 en su camiseta cuando empezó a jugar con el primer equipo del Barcelona antes de heredar el 10 tras la salida de Ronaldinho.

10:メッシがバルセロナに入った当初は19番のシャツを使用、ロナウジーニョの引退により10番を引き継ぎました。

11: Messi tenía casi once años cuando su abuela falleció. Ella es la inspiración de sus celebración más característica, mirando hacia arriba y señalando el cielo.

11:メッシが11歳の時祖母が亡くなりました。メッシの特徴的な祝いの”上を見ながら空を指差すポーズ”は彼女からインスピレーションを得たものです。

12: Más goles marcados con Argentina en un año natural (2012), un récord que comparte con Gabriel Batistuta.

12:2012年にアルゼンチン代表として達成したゴールの数、ガブリエル バディストゥータ選手と並びます。

13: Edad con la que se marchó de su Argentina natal para unirse al Barcelona.

13:バルセロナに参加するため出生地であるアルゼンチンを13歳のころに離れます。

■ Los siete tripletes de Messi en Champions ”チャンピオンズリーグでの7回の3冠王”

14: Número de goles que Messi ha marcado en el Santiago Bernabéu.

14:メッシがサンティアゴ ベルナベウ(レアルマドリードのホーム)で決めたゴールの数

15: Más partidos a domicilio en Liga marcando un tanto en una sola temporada (también posee el récord de partidos en casa, con 16).

15:リーガエスパニョ‐ラのアウェイの試合においてワンシーズンにゴールを達成したの試合の数(ホームでは16試合という記録を達成)

temporada:シーズン

16: Messi tenía 16 años, cuatro meses y 23 días cuando debutó con el primer equipo del Barça en un amistoso contra el Oporto de José Mourinho. En 15 minutos creó dos ocasiones y realizó un disparo.

16:メッシが16歳と4カ月23日のときにバルサの選手としてデビュー。モウリーニョ監督の率いるポルトとの親善試合において。15分間で2回(ゴールの)チャンスを作り出し、一回のキックを行いました。

17: Número récord de goles materializados en la Supercopa de España en seis temporadas diferentes.

17:6回の異なるシーズンにおいて、スペインのスーパーカップで達成したゴールの数。

Supercopa:スーパーカップ

18: Edad en la que Messi marcó su primer gol en la UEFA Champions League, superando con una vaselina al portero frente al Panathinaikos.

18:欧州チャンピオンズリーグにおいて初めてゴールを決めた年齢。パナシナイコス戦において。

19: Messi es el único jugador que ha marcado consecutivamente contra los 19 equipos rivales en la Liga.

19:リーガエスパニョールの19のライバル全てに対してゴールを決めたたった一人の選手。

20: Messi ha marcado más de 20 goles a seis rivales a lo largo de su carrera.

20:リーガエスパニョ‐ラの首位6チームに対して20以上のゴールを決めている。

21: Racha partidos marcando en la Liga 2012/13, acumulando 33 dianas durante esta secuencia de encuentros.

21:2012年から2013年のリーガエスパニョ‐ラで21試合連続で合計33のゴールを達成

dianas:ゴール

■ Especialista a balón parado ”ボールを止めるスペシャリスト”

22: Edad cuando ganó los premios del Ballon d’Or y el Jugador del Año de la FIFA con un récord de margen ganador en los votos.

22;バロンドール賞とFIFAから”その年に最も功績をあげた選手”として表彰された年齢。投票数は記録に残るほど突出していたそう。

Ballon d’Or:バロンドール
Jugador del Año :その年に最も功績をあげた選手

23: Goles marcados en ‘El Clásico’, cinco más que Alfredo di Stéfano y siete más que Ronaldo.

23;”エル クラシコ”で達成したゴールの数。アルフレド ディ ステファノより5回多く、ロナウドより7回多い。

24: Edad en la que se convirtió en el máximo goleador de la historia del Barcelona.

24;バルセロナの歴史において”最もゴールを達成した選手”になった年齢。

25: Grandes finales que ha disputado en los últimos años…

25:近年に参加した決勝戦の数。

Grandes finales:決勝戦

26: …y el número de goles que ha marcado en ellas.

26:そしてそれらの決勝戦で達成したゴールの数。

27: Dianas convertidas de falta directa con el conjunto azulgrana.

27;バルサにおいてフリーキックで獲得したゴールの数。

falta directa:フリーキック
azulgrana:バルサの愛称。旗の色”AZUL”と”GRANADA”に由来する。

28: Messi se convirtió en el jugador sudamericano más joven en alcanzar las 100 internacionalidades cuatro días antes de cumplir los 28 años.

28: 南米出身のサッカー選手として最も若い年齢でFIFAセンチュリークラブの選手として選ばれる。28歳の誕生日の4日前。

las 100 internacionalidades : FIFAセンチュリークラブ

29: Goles que Messi ha materializado hasta la fecha ante el Sevilla, su rival favorito. En la escena europea su rival predilecto es el Arsenal con nueve tantos.

29:彼のお気に入りの対戦相手であるセビージャに対してこれまで決めたゴールの数。ヨーロッパでは、対アナーセルで9ゴール。

30: ¡Años para el genio argentino!

30:アルゼンチンの天才30歳おめでとう!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話