スペイン人のステレオタイプ:その2

シャイ、用心深い、ケチで楽天家…スペイン人のステレオタイプとは?
でスペインのいくつかの地方の人たちの”ステレオタイプ”について解説をさせていただきましたが,今回は続きで前回紹登場しなかった地方の”ステレオタイプ”です。今回は若干”スペイン通”向けではありますが、参考になれば幸いです^^

■ Los asturianos
自然が美しいことで知られるアストウリアの人々は“愛国心が強く”サッカー場、選挙とどこにでも青い背景に黄色の十字架の描かれたアストゥリアスの旗を持っていくそうです。また”シードルの名産地”としてしられていることもあり、お酒をよく飲み、牛乳は”Leche de Asturias(スペインの有名な牛乳メーカー)”の牛乳しか飲まないそう(これはこじつけかも知れませんが・・・)。語尾に”diminutivos”
(”in””ito/a”などの小さいものに対しての親しみを込めた愛称)をつける人が多いので、この言い回しをよく使う人はおそらく”アストゥリア地方出身”です。

■ Los arragoneses
マドリッドとバルセロナの間に位置するアラゴン地方。サラゴザのピラールの塔が有名です。この地方の人は、バイタリティにあふれ話声がおおきく(カタランの人たちも十分に大きいと思うのですが…^^;)物事をはっきりといいうダイナミックな性格だそうです。

■ Los casellano-Leonenses
サラマンカやバイアドリッドの位置するマドリッドから北東側にある”カスティージャレオン州”。まずこの地方の人たちはスペインの中で”もっとも正しいスペイン語”を話すとの認識があるようです。また寛容でうわさ好きでオシャレ好きな州民性があるそうです。

■ Los canarios
スペインよりもアフリカに近いカナリア諸島。本土とはまた違った文化を持つ土地ですが、カナリア諸島の人たちの時間の感覚は本土のひとたちよりさらにゆっくり、ゆっくりではなく”細部まで気を使っている”そうで^^;あるくときは建物を観察しながら、ご飯を食べるときは食べ物を詳細に味わいながら・・だそうです。また、もともと南米からの移民が多い土地で本土から離れていることもあり、カナリア出身の人たちはコロンビアとべネスエラ、キューバの3つを混ぜたような独特のアクセントで話します。

■ Los Navarros
牛追い祭り、サンフェルミンで有名なパンプローナのあるナバラの人たちは、”雑で乱暴”いいかえると”力ずよい力持ち”だというイメージ
を持たれているようです。また、サンフェルミンのおかげか”スペインで一番楽しいお祭りの開催の仕方をしっている人たち”とよいイメージ!?も。

個性豊か、でもどことなくやっぱりスペインらしい”州民性”。残りの州についてはまた別の記事で紹介させていただきます!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペインの”ハロウィーンスイーツ”レシピ:Panallets de Cafe

panalletscafe

日本でも近年はかなりの盛り上がりをみせているハロウィーン。

スペインでは本来は仮装の習慣はありませんが(とはいえ、やはり最近は仮装パーティは主流になりつつありますが)

翌日の11月1日は”Dia de todos los santos”といってなくなった方の魂を迎える祝日。
前夜である10月31日は、この日のためのスイーツをいただく習慣があります。

地方によってスイーツは異なるのですが、

スペイン各地のハロウィーンスイ-ツはこんな感じです

『Truco o trato?スペインのハロウィーンスイーツ』

バルセロナのあるカタルーニャでハロウィーンスイーツとしてもっとも代表的なものは”Panallets(パナジェッツ)”
この時期、ケーキ屋さんのウインドーをいろいろな種類のPanalletsがにぎわしています。

そして実は作り方は意外と簡単。日本で手に入る材料でも十分できておいしい!のでぜひおためしください(^_-)☆

【Panallets de Cafe(コーヒー風味のパナジェツ)】

■ 材料(4人分)

-ポテト 125グラム(じゃがいもでも、サツマイモでも。サツマイモを使うと甘みが増します)
-アーモンドパウダ-175グラム
-砂糖 145グラム(スペイン人はかなり甘党なので、おそらくこの半分の量でも十分かとは思います。お好みに合わせてどうぞ)
-小さく刻んだレモンの皮
-インスタントコーヒー10-15グラム(これもお好みで少し多めに加えるとカフェの風味が増します)

■ 作り方

1.ポテトをゆでるか、レンジで温め皮をむく

2.ポテトにアーモンドの粉、砂糖、刻んだレモンの皮を混ぜる

3.よくまざったらインスタントコーヒーを加える。

4.インスタントコーヒーがまんべんなくまざったら、2時間置く。

5.ペーストをお好みの大きさ・形に丸め、160-170度にあたためたオーブンで7-8分調理すればできあがり!

↓作り方のビデオはこちら(スペイン語バージョンです)


ちなみに、コーヒーをチョコレートに置換えるとお子様向けのチョコレートのパナジェっツのできあがりです。

主な原料はお芋とアーモンド、お砂糖を控えれば(サツマイモで作ればお砂糖なしでも甘いかと)
ヘルシーで自然なスイーツ。

Truco o trato?(いたずらかお菓子か?)

ハロウィーンキャンディの代わりとしてもぜひお試しください!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン中が夏の訪れを祝う日、 サンファンの由来とは?

hoguera-san-juan

6月24日は、スペインはサン・ファンの祝日、
前日の23日はNoche de San Juan
と呼ばれ、大みそかに負けず劣らず、
”夏のクリスマス”として
この一年で一番夜が短い日を
盛大に祝う習慣があります。

もともとはキリスト教徒にとっては”聖ヨハネの誕生日”の祝日。
(イエスキリスト誕生の半年前でもあります)
それが、キリスト教受容前に行われていた
夏至の時期のお祭りが結びつき盛大にお祝いが行われるようになったそう。

このサンファンのメインイベントは”焚火(Hogera)”

このたき火によってこの日から弱くなっていく太陽
(夏至を過ぎるとだんだんと日が短くなっていくので)
にさらなる力を与える儀式の意味があるそう。

また”清めの火”の意味もあり、
地域によってはこのたき火で古くなった
家具などを燃やすところもあるそうです。

サンファンのお祝いの仕方はスペイン各地それぞれのやり方があるようですが

https://www.123esp.com/wordpress/?p=710

ここバルセロナでは、街のいたるところで花火が上がり、
”Coca de San Juan”とよばれるスイーツと
冷えたCava(スパークリングワイン)でお祝いをするのが
一般的です^^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話