スペイン語は書きやすい…でも紛らわしい綴りを練習するならこのアプリ!

practicarescribir

英語と異なり、スペイン語の綴りは基本ローマ字読みなので、聞こえた音をそのままローマ字に落とすだけ。
時には外来語の音のままの綴りとして”RAE(Real Academia Espanyol、スペイン語の標準化を司る公的機関)の定める辞書に正式に登録されることもあります。
たとえば”fútbol”(英語のFootballの発音からできた綴り)や”cruasán”(フランス語のcroissantの音をそのまま綴りにしたもの)
や“güisqui”(元の綴りとは似ても似つきませんが・・Whiskyです)など。

単語の綴りは暗記するなく書くことができるので、比較的”スペイン語を書くこと”をマスターするのは他の言語に比べると優しいです。

しかしながら、”同じ発音になのに綴りが異なる単語が結構あり、音のみを頼りにして書いていると綴りを間違える場合があり”正しく書く”ためにはこれらの単語には注意が必要です。

たとえば、
Hola(あいさつ)とOla(波)

Botar(跳ねる)とVotar〔投票する)

Cocer(料理をする)とCoser(縫う)

など、数自体はそれほど多くはないので、全て暗記することもできますが、せっかくなので楽しみつつ、そして隙間時間も活用しつつゲーム感覚で”正しい綴りをマスターできる”アプリが¿CÓMO DICE QUE DIJO?(日本語にすると”何を言ったかをどう言うの?とでもなるのでしょうか・・・)

http://www.comodicequedijo.com/

同じ発音で異なる綴りが存在する単語を使用した62のフレーズから構成され、それぞれのフレーズに適した単語を2托で選んでいく仕組みです。間違えたら最初に戻ってやり直し、ただやり直すたびに出題されるフレーズの順番はことなるのでゲーム感覚で繰り返しつつ徐々に覚えていくことができます。

また間違えた場合は、次回は間違えないように二つの単語の意味が説明され違いをしっかりと学ぶことができます。自分だけの”間違えやすい単語リスト”も作成することができ、もちろん出てくる単語の中には今まで知らなかった単語もあるはず。

”正しい綴りを学びつつ、ボキャブラリーの増強にも役立つ”
一石二鳥のアプリです。

二者択一のクイズ形式で進めていくので、気軽に取り組めるので、継続にもハードルは低そう?!
設問数もすくないので、ちょっとした空き時間に繰り返しているうちにすぐにマスターできてしまうはずです。

特にDELEの受験などを視野に入れていらっしゃる方には重要な”綴り”。
このアプリでさくっとマスターしてしまいましょう♪

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン旅行まで一ヶ月!”サバイバルのためのスペイン語”ならこれをおさえよう

spainmapcard

一年もほぼ半ばにさしかかり、長期のお休みの計画を具体的にたてられる方も
いらっしゃるのではないかと、

近頃、”スペイン旅行にいくので、少しくらい話せるようになりたいのでレッスンを”
というお問い合わせを時々いただくことがあり

スペイン旅行まで一カ月、現地でもコミュニケーションのための
”サバイバルのためのスペイン語学習”のポイントを押さえてみました。
(ちなみにレベルは”初心者”を想定しています)

まず、スペインでどれくらい英語が通じるかといえば・・・
ヨーロッパの国の中では”もっとも英語が通じない国の一つ”(汗)
ではないかと思います。

ただみんな親切なので、尋ねるとスペイン語で一生けん命教えてくれようとする
でもわからない、なんだか申し訳なくなってくる・・のジレンマです。

出発まであまり時間がない、でも少しでもなんとかしたい!というのであれば
まず”話すこと”はあきらめましょう。

”指さしスペイン語”など、お手軽価格でかなりのフレーズを網羅している
”通訳替わりになってくれる”強力な助っ人は比較的簡単に見つかります。

たとえば

スペイン語 (ひとり歩きの会話集)

旅の指さし会話帳12スペイン第四版 (旅の指さし会話帳シリーズ)

一番の問題が・・(当たり前といえば当たり前なのですが)
上記の物を使って”尋ねられたいことを尋ねることができたとしても
帰ってくるのはスペイン語での回答です。

なので旅行までの期間、
あまり時間がないのであれば
できるだけたくさンスペイン語を聞いて”リスニング力”を
強化しておくことをお勧めします。
(リスニングの訓練は究極”ながら”でもすることが可能なので
隙間時間を大いに活用してください^^

何冊かリスニング強化に役立つであろうCDつきの
スペインのスペイン語で収録されている
テキストを紹介しておきますね。

スペイン語リスニング CD付

ステップ30 1か月速習スペイン語 (CDブック)

CDレッスン 驚くほど身につくスペイン語

余力があれば、
数字を覚える、聞き取れるようにしておく。

飛行機や電車の発車時刻のアナウンス、住所、値段・・・、
旅をしていると普段よりもいろいろな場面で数字
を確認しなければならない状況に遭遇します。
最低限数字だけでも理解することができていれば、
旅もかなりスムーズになるかと思います。
とりあえず一から100までマスターを目指しましょう。
(そのあとは基本的には数字の組み合わせの場合がほとんどです)

じゃあ、会話なんて勉強する必要ないと思われるかもしれませんが・・・
きっと旅行から戻ったら、スペインが大好きになって
次の旅行では少しくらい話せるようになりたい!と思うこと間違いなしですので、ご心配なく^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

読解力アップには”習うより慣れろ!”<新聞編>

先だって受講生の方から
”日本ではスペイン語で書かれた本はなかなか入手しにくいので
リーディングの練習になる新聞などの
リンクを教えてほしい”と質問をいただき・・。”

確かに、アマゾンなどの御蔭で、英語で書かれた本は
以前よりもずっと手に入れやすくなったかと思います。

たださすがにスペイン語の本はまだまだ数がすくないようで。

かつ、意識しないと身につかない”読解力”。
”読む力”はある程度まではレッスンの教材などを使って
伸ばすことはできますが、

一番上達が感じにくいものでもあり、
また”一番必要のない”^^;ものでもあったりするので
(このご時世、インターネットを見れば
世界中のニュースは日本語で読めますし、
グーグルの翻訳機能もだんだんとよくなってきていますので・・)

なかなか、”練習があとまわし”になりがちかもしれません
(↑これは私で、ずっと後回しにしてしまったせいで
いまだに読むことに対してはかなりの苦手意識があります。
スペイン語で興味を引く記事を見つけると
タイトルを訳して日本語の記事を検索しております・・・(苦笑)

読解力も、話す力や書く力と同様に、
練習はひたすら“実践”のみです。

もちろん最初からすらすら読める訳はありません。
おそらく最初は理解するために
何度も同じ記事を読みなおすことになるはずですが
それでよし^^。

初めは好きなテーマの短めの記事、慣れてきたら長め・・・
そして徐々にほかの分野・・と徐々に無理なく
難易度を高めていくのがお勧めです。

スペインの主要紙は全てオンラインバージョンがあり
オンラインバージョンは、インターネットでの読みやすさを考慮して
要約され短めの記事が多いので
リーディングの練習用素材として活用できるかと思います。

以下スペインの主要紙のリンクをいくつか紹介させていただきますね。

■ El PAIS

http://elpais.com/

スペインの朝日新聞のような位置づけの新聞で、南米版もあり南米でも発行されています。

■ El Periodico

http://www.elperiodico.com/es/

こちらも”el pais”と並ぶ主要紙です。読者登録をすることによって月30記事まで
有料版の記事を読むことができます。

■ El mundo
http://www.elmundo.es/

どちらかといえば国際情勢に関する記事が多めの新聞です。

■ La Vanguardia

http://www.lavanguardia.com/index.html

カタルーニャ地方で、おそらく一番読まれている新聞です。
記事もカタルーニャ地方(バルセロナ)に関するものがほかの新聞に比べて多めです。
リンクはスペイン語版のものです。

■ El Economista

http://www.eleconomista.es/

日本の日経新聞の位置づけです。経済に関する記事が中心です。

■ Marca

http://www.marca.com/
スポーツ(サッカー?)専門誌。ビデオなども多いので比較的気軽に
目を通せる新聞です。サッカーファンはまずこの新聞から^^

じっくりと読みこなしたいという方は、
どの新聞もディジタル版の定期購読バージョンがあり
月10ユーロ前後で全ての記事をスマホやタブレットから読み放題なので
購読なさるのも良いかもしれませんね。

”読書の秋”

今年はぜひスペイン語での読書にチャレンジしてください!

行き詰まりを感じたら…頼りになる?一冊

Vuelta-al-cole

今年は暑さが半端なかったようなので・・・^^;

スペイン語学習のみならず

いろいろな意味で、
ペースを崩された方もいらっしゃるかもしれません。

(結構私自身もそうだったりします・・
今年のバルセロナは、おそらく今まで滞在してきた
うちでもっとも暑かったように思えます。)

そんなこんなしているうちに8月に入り、
少しスペイン語学習から遠のいてしまった・・・^^;

そんなときのペース回復?に役立つかもしれない
数冊を紹介させていただきますね。

ポイントは、”自分には易しすぎるかな”と思えるくらいの
本を選ぶことです。

迷った時は迷わずに”基本に戻る”

大事です^^

まずは、

やる気はあるのだけれど、文法で行き詰ってしまった・・・
という方に。

文法をあらためておさらいするのに役立つ

■ やさしいスペイン語文法

http://goo.gl/SxOm8J

とくに入門レベルの方は、
レッスンの補助教材としてお使いになられるとよいかもしれません。
必須というわけではないですが、
やはり日本語の文法書が一冊てもとにあると心強いですね。

なかなかスペイン語が覚えられない、頭にはいってこない・・というときは
こちらもお勧めです。

■ いっそイラスト スペイン単語帳

http://goo.gl/pA7M00

かわいいイラストなので、
パラパラめくっているだけでも癒されます^^。
それぞれの単語の説明が(性別など)
あまり詳しくないという批評もありますが、
逆に気おわずに単語に触れることができるのでよいかと思います。

余力のあるときに、
それぞれの単語について調べ、
追記を加えれば勉強にもなりますし
世界でひとつだけの単語帳のできあがり!です。

2500単語収録されているので、
隙間時間を利用して眺めながらマスターすれば
基本的なススペイン語会話はできるようになります。

そして、いまいちスペイン語学習のモチベーションが・・・というときはこれ!

■ 地球の歩き方 スペイン 2015~2016 !

http://goo.gl/88lMWY

参考書ではないですが(笑)

読んでいるとスペインに絶対に来たくなるので、
スペイン語習得のモチベーションもアップです^^

スペイン語は、ほかの言語に比べると
比較的習得しやすい言葉ではありますが

”語学の習得”はやはり”継続との戦い(笑)です。

なので、時には、というか、
一歩下がって2歩、いや1.5歩進めばいいや、くらいの
心持であせらずに取り組んでいるうちに、

”気がつけば、
思ったより自然にスペイン語が出てくるようになっていた”

そんな日が必ずやってきます。
(たくさんの受講生の方が経験ずみなのでご安心を!)

暑さも和らぎ、夏休みでパワーチャージも済んだタイミング(笑)

次の1.5歩に向けてぼちぼちウォームアップしていきましょう(^_-)☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話