マスター必須!再帰代名詞で意味が変わる動詞10選

日本語には存在しないので、なんとなくミステリアスで理解しがたいイメージ?!の再帰代名詞”Se”

活用形は
me (私の)
te (あなたの)
se (彼/彼女の)
nos (私たちの)
os(あなたたちの)
se (彼らの/彼女の)

通常は動詞とセットになって用いられますが、動詞の中には再起動名刺がある場合とない場合で全く意味が違ってしまうものがいくつかあります。どれも会話でよく使用されるものばかりですので、きっちりと意味を把握してマスターしておきましょう。

■ Acordar/Acordarse
Acordarのみだけですと”合意する、賛成する”という意味です。”De acuerdo(わかりました)”はよく使用される言い回しですね。
再帰代名詞を合わせた”Acordarse”は”思い出す、覚えている”という意味になります。

■ Levantar/Levantarse
Levantarは立ち上げる、起き上げる。”Levantarte”は”目を覚ます”です。

■ Perder/Perderse
Perderは”うしなう、なくす”、”Perderse”は”道に迷う”あるいは”(話などの途中で)理解できなくなる”です。

■ Llamar/llamarse
llamarは”呼ぶ””llamarse”は、一番よくつかわれるのは自己紹介の”Me llamo…(私の名前は…です)”フレーズです。Llamarseは呼ばれ方や名前を表す動詞です。

■ Pasar /Pasarse
Pasarは”通り過ぎる、通りかかる”、”Pasarse”は”過剰する、(どちらかといえばネガティブな意味合いで)”です。

■ Dormir/Dormirse
Dormirは”眠る”、Dormirseは”居眠りをする、眠りに落ちる”です。

■ Encontrar/Enconrarse
Encontrarは”見つける”。”Encontrarse”は状態を表す動詞で、”No me ecunetro bien”(調子が悪い)”Te encuenras mejor?”(気分はよくなった?”という風に使用します。

■ Quedar /Quedarse
Quedarは”(誰かと)集まる”、”Quedarse”は”とどまる、滞在する、(ある状態に)なる”という意味です。

■ Ocupar/Ocuparse
Ocuparは”占拠する、閉める”、”Ocuparse”は”担当する、取りかかる(主に役割や仕事など)という意味になります。

■ Fijar/Fijarse

Fijarは”(物理的に何かを)固定する。”Fijarse”は”(ある物事に)意識を集中する”。”Fijate!”(注意して見てみて!)はよく使用される言い回しです。

実際に会話で使用する際も、あるいは聞き取りの際も再帰代名詞の2文字のあるなしで意味がかなり変わってしまうことがあるので
これらの動詞が登場する際は、再帰代名詞があるかないかをしっかりと聞き分けるようにしましょう。

気質は大雑把なのに、意外と細かい細工が時々登場するスペイン語(苦笑)
”小細工のネタばれ’はまた記事にしたいと思います!

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

トランプ大統領も止められない!これからもアメリカでスペイン語が注目され続ける8つの理由

estadosunidos

2016年、世界中をあっと驚かせたニュースの一つがアメリカ大統領選でのドナルド・トランプ氏の勝利でした。
アメリカの国益のために、メキシコからの移民を阻止することを公約の一部としていることが関係しているのか
就任後、早速ホワイハウスののホームページからスペイン語のページが消えてしまったことはちょっとした話題となり
(実際のところは”変更中’らしいとのこと)スペインの教育省の大臣までもがこの事実に対して苦言を呈しました。

しかしながら現在アメリカでスペイン語を母国語としている人口は全体の17%にも上ります。
いくら大統領が変わり、たとえ政策が”スペイン語の使用”に対して風当たりの強いものになったとしても
(現段階ではそこまでには達していないようですが)
今後もアメリカにおける’スペイン語の重要性’は変わらないどころかますます増してくるであろうと考えられています。

アメリカ合衆国においてはすでに”スペイン語を母国語とする”ヒスパニックはアングロサクソン(英語を母国語とする人たち)
についで人口が多い人種です。
政治の世界においても、共和党の代表となるべくドナルドトランプ氏と争ったMarco Rubio氏やTed Cruz氏はスペイン系の名字を名乗り、スペイン語を話します。またフロリダ前知事であるJeb Bush氏(ブッシュ大統領の家系)の配偶者はメキシコ人で彼自身も流暢なスペイン語を話します。

そのほか・・
1. スペイン語を母国語とする人の数は、スペインより(約4700万弱)もアメリカ合衆国(5500万)のほうが多く存在している

2. アメリカで外国語を学ぼうとする60%の人たちがスペイン語を選択する予定でいる。現在約800万人の”スペイン語学習者”がアメリカには存在する。

3.アメリカのヒスパニック人口の購買能力は12億ドルとされ、スペイン語を公用語とする国のうちにおいてはスペインのみがこの数字を上回る。

4. セルバンテスセンターの調査によれば、アメリカのスペイン語を話す人の数は増加し続け、2050年には1億3200万人に上ると予想される。スペイン語はアメリカ合衆国で”最も話される言語”になる。

5. 2000年から2010年にかけてアメリカ合衆国でスペイン語を話す人口は3530万人から5500万人にまで増加した。

6. アメリカ合衆国の30以上の都市ですでにヒスパニックが人口の過半数を占めている。カリフォルニア州サンタアナ(78,8%)、サリナス (75%), ポモナ (71%)、テキサス州のラレド (95,6%), ブラウンズビル (93,2%), マクアレン (84,6%) 、エルパソ (80,7%)
人口の64%がヒスパニックであるマイアミではレストランや商店で”英語が通じます(Se habla inglés)”という看板を見かけることも珍しくない。

7. アメリカではスペイン語を話せることによって、労働市場での価値が10%上がることが調査で明らかになった。

8.直近に行われた大統領選では2540万人のヒスパニック人口が選挙に投票した。

ということで・・ホワイトハウスのホームページも早急にスペイン語版の変更を終えたほうがよさそうですね。
”スペイン語の世界征服”はトランプ大統領にも止めることができなさそうです。

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

語学学習の7つの嬉しい副作用

efectosegundario

語学を習得することは、正直 かんたんに成し遂げられることではないということは実感されている方も多いかと思います。
ただ、”外国語を話せるようになること”は”ポジティブな効果”しかもたらしません。
分かりやすい例だと、旅行の時にこまらない、就職に有利…などがありますが
その他にも目には見えない?健康上の嬉しい影響を特に”脳の働き”に与えているようです。

いくつもの研究が、2ヶ国語を話すバイリンガルは、一つの言葉しか話さないモノリンガルより
以下の点で優れていることを証明しています。

1.認知能力の柔軟さ
アメリカの学術誌The Journal of Neuroscienceの研究によると、幼児期から2ヶ国語を話してきた人たちは新しい環境や突発的な状況に対応する能力が一つの言葉しか話さない人たちよりも優れていたそうです。

2.アルツハイマーの発症を遅くする効果がある
アメリカの応用科学協会は2011年に450人の患者を対象にした研究から”2ヶ国語を話す人はそうでない人よりもアルツハイマーの発症が平均で4-5年遅くなる傾向がある”というデータを得たそうです。

3.問題解決能力
International Journal of Bilingualism誌が121人の子供を対象にして行った研究によるとバイリンガルの子供たちはそうでない子供たちと比較して数字やブロックを使った問題でより良い結果を残したそうです。

4.違った作業(マルチタスク)をする際に脳がより早く対応する。
画像を見終わったあとにコンピューターのボタンを押すというタスクをバイリンガルとそうでない人に行ってもらった場合、
同じ種類の画像においては作業の早さに差はみられないのですが、画像の種類が違うものが混じった場合はバイリンガルのほうがボタンを推す速度が速いそうです。違った種類の情報を処理する能力が”外国語”を話すことによって鍛えられていることが多い影響していそうです。

5.より理にかなった決断を下すことができる
シカゴ大学の研究によると”違った言語でなにかを考えるときは、母国語の場合よりも感情に支配されずより論理的な決断を下すことができる”そうです。これは”外国語は母国語よりも感情への結びつきが希薄であるから”だとされています。母国語で何かを決めるときは、恐れや期待などの感情がより決定に影響するようです。

外国語を学ぶことは”脳の筋トレ”とも言えそうですね。やるのとやらないのでは数年後に大きな差が出てきそうです…。筋肉と同じで使わないとどんどん衰えていってしまうかも?
外国語の中でも日本人にとって”最も学びやすい”といわれるスペイン語。
普段からの”脳のトレーニング”のためにもぜひお勧めです^_^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

数字で振り返るスペイン語の2016年

2016年残すところあと一カ月となりました。
少しでもみなさまのスペイン語の上達に貢献できたことをお祈りしつつ…。

嬉しいことに、”言語”としてのスペイン語、年ごとに重要性を増しているようで
”スペイン語の2016年”をデータで見ました。

■ 2016年はスペイン語にとってどんな年?

-2016年全世界で4億7200万人の人がスペイン語を母国語として使用しています。また母国語ではないけれどスペイン語を話している人口
(スペイン語学習者を含む)は5億6700万人に上るとされています。

-スペイン語を母国語とする人の人口は中国語に次いで2位です。また母国語ではないけれどスペイン語を話している人口(学習者も含む)も英語についで2位です。

-スペイン語のネイティブは年々増加傾向にあります。一方、英語および中国語ネイティブの数は減少傾向にあります。

‐2016年においては全人口の約5.7%がスペイン語を使用しています。2050年には7.8%までに増加すると予想されています。

-全世界で2100万人の学生がスペイン語を学んでいます。

-スペイン語は英語についで2番目に国際的な重要度を持つ言語として位置付けられています。(中国語が3位に続きます)

-スペイン語は英語についでフェイスブックで使用されている言語です。

ちなみに、2016年スペイン語人口が多い国は
1位 メキシコ /2位 コロンビア/ 3位スペイン/ 4位 アルゼンチン/ 5位 ペルー

スペイン語が公用語ではないけれど話す人口が多い国は
1位 アメリカ合衆国/ 2位 ブラジル/ 3位 カナダ/ 4位 アンドラ/5位 アルジェリア

スペイン語を学んでいる人口が最も多い国は

1位 アメリカ合衆国/ 2位 ブラジル /3位 フランス/4位 イタリア /5位 ドイツ

日本は20位で約6万人の人口がスペイン語を学んでいます。

特に1位のアメリカにおいては、ほかの言語に比べて大学でスペイン語を第2外国語として学ぶ人口が増えており、またイギリスでも”最も重要性の高い外国語’として他の言語を抜いて一番に位置付けられています。

英語の”国際公用語”の位置づけは今後ももちろん変わることはないかとは思いますが、
スペイン語を話す、あるいは学習している人口の増加を考慮すると、今後は海外とのビジネスは”英語かスペイン語ができればだいじょうぶ”
になる可能性も?!(希望的観測…)

英語より日本人にとっては学びやすいスペイン語、2016年はその存在感を増した1年になったようです^^
2017年はスペイン語とみなさまのスペイン語のさらなる飛躍、期待しております^_‐☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語は世界で一番速い言葉 (2位は日本語)!?

確かにスペイン人の会話を聞いていると速度は速い気がしますが、

スペイン語は”世界一速い言葉”、どんな意味があるの?と思われる方も多いかと思います。
言語の速度は、平均的な人が一秒に話すことをができるシラバス(音節)の数を用いて測ります。
一秒間に発音できるシラバス(音節)の数が多ければ多いほど、その言語の速度は速いということができるそうです。

フランスのリヨン大学で行われた59人を対象とした7つ違った言語で行われた実験で、スペイン語がもっとも速い言語だということが
証明され、その次に速度が速いとされた言語は日本語だったそうです。

日本人にとっては”スペイン語はもっとも学びやすい言語のひとつ”とされているのは”速度”という共通点があるからかもしれませんね。

逆に速度が最も遅いとされる言語がドイツ語と中国語(北京語)だそうです。
この二つの言語は”発音するのに最も時間がかかる“言語だそう。

”世界一速い言語”であるスペイン語。特に日本人にとって発音が難しいとされる”L””R””RR”練習用のフレーズを下記に
紹介させていただきますので、チャレンジしてみてください(^_-)☆

Llega Galo al lago
y liga luego al lego de Lugo,
muy largo de lengua,
que al lago llega tras luengas leguas.

Rasquín era un rascón
que rascaba en una risca,
con un tosco rasca risca rascador,
rasca que rasca acabó con el risco,
rasca la risca, rascó un rincón.

Erre con erre carreta
Erre con erre carril
Erre con erre la rueda
La rueda del ferrocarril.

”L”と”R”の発音に関してはこちらのビデオで復習♪

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

スペイン語と日本語で共通することわざ

日本語では日常会話にもよく登場することわざ。もちろんスペイン語にも”ことわざ( los proverbios )”は存在します。
スペインでも思わずことわざにしたくなるような同じようなシチュエーションがよくあるから?でしょうか、
意外と日本で使われているのと全く同じ意味で使われていることわざがたくさんあります。
会話に取り入れると、スペイン語がワンランクアップ!?

負けるが勝ち(直訳 Perder es ganar)
スペイン語バージョン: una retirada a tiempo es una victoria.

十人十色 (直訳 Diez personas, diez colores
スペイン語バージョン:para gustos los colores.

猿も木から落ちる (直訳 Incluso los monos se caen de los árboles
スペイン語バージョン: Hasta el mejor escribano echa un borrón

塵も積もれば山となる (直訳 Si se amontona, hasta el polvo puede acabar formando una montaña
スペイン語バージョン:la unión hace la fuerza.

油断大敵 (直訳 El descuido es un gran enemigo
スペイン語バージョン: Hombre precavido vale por dos.

案ずるより産むが易し(直訳 Dar a luz a un bebé es más simple que preocuparse por ello
スペイン語バージョン: El miedo es mayor que el verdadero peligro de la situación.

憎まれっ子世にはばかる
(直訳 El niño malo dominará el mundo
スペイン語バージョン:Hierba mala nunca muere.

割(わ)れ鍋にとじ蓋 (直訳 A cacerola rajada, tapa rota.
スペイン語バージョン: Cada oveja con su pareja.

楽あれば苦あり(直訳 hay placer, hay dolor.
スペイン語バージョン: Debajo de la miel hay hiel. No hay rosas sin espinas.

蛙の子は蛙 (直訳 El hijo de la rana es un renacuajo.
スペイン語バージョン: De tal palo tal astilla.

待てば海路の日和あり(直訳 Si uno espera, encuentra el día idóneo para navegar.
スペイン語バージョン: Con paciencia se gana el cielo.

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

よく使うのにどうやってもスペイン語にできない10の日本語

palabrassintraduccion

文化の違いから、もともとの意味をうまく訳することができない表現は意外と多いです。

その中でも日本の日常生活では頻繁に使われるにも関わらず
スペイン語ではしっくりくる訳が見つからずなんとなく”もやもや”の残ってしまう
日本語表現を選んでみました。

おそらくその言葉にもっともと近いだろうと思われるスペイン語訳も付けておきましたので
ご参考にどうぞ!

■ いただきます/ごちそうさま
日本では食事の前に欠かせない表現ですが、スペインではとくに食事の前のフレーズは存在しません。
あえていえば”Buen provecho!”。ただ実際のところ”食べ物が食べた人にとって栄養になりますように!”のいみなので
自然の恵や生産者に感謝する”いただきます”とは逆の意味に近いともいえます。

■ おつかれさまです/御苦労さまです
日本の職場では仕事を上がるときには欠かせない表現ですが、スペインには仕事を終えたあと習慣的に使う表現はとくにありません。
”お疲れ様””御苦労さま”を翻訳するとすれば”Gracias por el trabajo”が一番近いかと思います。

■ よろしくおねがいします。
初対面の場でのあいさつとしてはスペイン語では”Encantada/o(お会いできてうれしい)”。仕事などを依頼するときにのフレーズとしては
”Gracias de antemano(先にお礼を述べておきます)が近い表現にあたるかと思います。

■ ただいま/おかえりなさい
“ただいま”は”Ya estoy aqui””Ya estoy”これらは家に到着したときに限らず使用できる表現です。また”おかえりなさい”は、若干こじつけにはなってしまいますが”Me alegro de verte!(あなたにあえて嬉しい!)が近い表現かもしれません。

■ おじゃまします/お世話になります。
かなり日本的な”謙遜”の意を表す表現なので、該当する訳がなかなか見つけにくいのですが、もっとも近いのが”Gracias por invitar/Gracias por la invitacion(招待してくれてありがとう)”

■ がんばる
もっともちかい表現でいえば”努力をする(Esforzar/Hacer esfuerzo)。ただ頑張るの持つ”自分のできる限りの能力を使ってなにかに一生懸命取り組む”的なニュアンスをもった表現いまだスペイン語では出会ったことがありません^^;
ちなみに”頑張れ”は”Animo!(直訳すると”元気を出して!)”になります。

■ しょうがない
これもかなり日常会話でよくつかわれる表現です。あえて、スペイン語で近い表現は、状況にもよりますが
”Ni modo(方法がない)” “No se puede hacer nada(これ以上何もできない)””No se puede evitar(それは避けられない)”

普段何気なく使っている表現ですが、翻訳できない理由がほとんどの場合”日本の文化に特徴的な考え方に基づいたものであるから”。
外国語を通して見える日本語、なかなか興味深いですね^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

おなじみの言葉もいよいよスペイン語に?RAEに追加された20の新しい言葉

同じ言語でも使われる場所や時代によって、新しい言葉が生まれたり、使われない言葉が出てきたり、と絶えず変化していくものです。
特にスペイン語は、世界20カ国以上で公用語として使われている言葉なので、他の言語より変化の影響を受けやすい傾向にあるかも知れません。

スペイン語のある一定の統一性と規則性を維持するための役割を果たす機関として設立されたのがマドリッドに本部をもちスペイン語が公用語となっている21カ国々に支部をもつ”Real Academia Espanyola”。(略称はRAE)
Diccionario de la lengua española
そしてRAEがその設立直後18世紀後半から改訂を続けている、”正しいスペイン語”のガイドラインとなるのが”Diccionario de la Real Academia Española (DRAE)”です。もっとも新しいものは2014年に改訂された23版となります。

最新版に加えられた単語、時代を反映?しているものが多く、日本語ではすっかりおなじみの単語もいよいよスペイン語に?
いくつか紹介させていただきますね。

Bloguero, ra: ブロガ-、ブログを管理している人

Chat: 英語に由来をもつ二人から複数の人間がおしゃべりをすること

Espanglish: アメリカの特定の地域でよく使用される、スペイン語と英語を混ぜたような話し方。

Euroescepticismo: EU(ヨーロッパ共同体)の政治的な計画や予定を信用しないこと

Friki: エキセントリック、変わった人のこと

Manga: 暴力やエロティシズムをテーマにした日本のコミックのこと
(どんな言われよう…^^;)

Birra. :ビール(Cerveza)の口語

Dron. (Del ingl. drone). ドローン

Pilates. :ピラティス

Red. […]. ~ social :多くの人とのコンタクトを可能にするディジタルプラットフォームのこと。

Tuit: ”Tweet”ソーシャルネットワークである”ツイッター”を通して送られるメッセージのこと。

Tuitear. :ツイッターを通じてコミュニケーションをすること

Wifi:無線インターネット通信

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

がんばれニッポン!オリンピックのスペイン語(上級編)

olympics_free_image

8月5日からブラジル、リオデジャネイロで絶賛開催中の2016年度オリンピック。
日本は順調に獲得メダル数を伸ばし大健闘中のようで、嬉しい限りです。

オリンピックで登場する国名の中には、”オリンピックのときにしかおめにかからない”ようなものもあり…
これは言語かわれど、スペイン語でも同じです。

日本語では基本的に”国名+人”をつければ国籍を表現することができるので、比較的簡単ですが
スペイン語でgentilicios (主に、属性国籍などを表すための形容詞)やtopónimos (トポニーム、地名、地名に由来する名前)
とよばれるこれらの表現はネイティブでも”正確な表現がはっきりわからない”ということがよくあるようです。

今回は中でも”ネイティブもよく間違える”国籍表現をまとめてみました。

■ Brazil (ブラジル): ”ブラジル人”を意味する単語としてbrasileño と brasilero の両方が文法的に正しいと認められています。どちらかといえば南米では brasilero がよくつかわれるようです。

■ Estados Unidos(アメリカ合衆国);文法的にもっとも適切な表現はestadounidenseです。ただスペイン語汎用辞典ではestadunidense,という綴りも正しいと認められています。また別の言い方としてnorteamericanoが使われることもありますがこの場合は、カナダ人、メキシコ人も含みます。時々使用されるamericano/americaは文法的には正しい単語ではないそうです。

■ Gran Bretaña(英国):Gran Bretañaは正確には北アイルランドを除いた地域の名称となりますが、国籍の名称は北アイルランドも含めbritánicoとなります。

■ India(インド): hindúが用いられることもあるようですが、推薦されるのはindioという形容詞です。ただhindúも必ずしも間違いではなくインドのみならず、インドを含むパキスタン、バングラディシュ、スリランカなどの”Indostán”と呼ばれる地区の形容詞として一般的に使用されます。

■ México/Méjico(メキシコ)
MéxicoとMéjicoどちらの綴りも文法的には正しいそうです。ただスペイン語汎用辞典によれば”México”のほうがもともとの言語の由来に基づいたもので、本来の発音に近いものだそうです。

■ Finlandia (フィンランド)
Finés / finlandésが”フィンランド人”という意味で用いられることがあるようですが、正しくはfinlandésは”フィンランド人”、”Finés” はフィンランド語を意味します。

これはひとつひとつ覚えるしかなくなかなかややこしいのですが・・・・初心者の方はまずは国籍を説明するときは
” de (国名)”
たとえば

“el chico de brazil”(ブラジル人の男の子)
”La gente de Estados unidos”(アメリカの人々)

の表現で乗り切り(笑)、
ネイティブでも間違えることが多い表現なので上級者の人は徐々にマスターしていきましょう^^

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話

間もなく開催!オリンピックのスペイン語

rio2016

2016年8月5日から8月21日までブラジルのリオデジャネイロで行われるオリンピック大会(Juegos Olimpicos).
南米大陸では史上初めてのオリンピックの開催だそうです。

2016年の大会の次に控えるのは東京オリンピック!
スペイン語圏からもたくさんの人が訪れることが予想されます。
もしものときにそなえて!?スペイン語でもオリンピックを少しでも説明できるよう

せっかくのチャンスなので間もなく始まるオリンピック、テレビを見ながら、
それぞれの競技名をおさらいしてみましょう^^

少しでもお役にたてばと、これまで日本の獲得メダル数の多い競技名の
スペイン語リストを作成してみましたので、まずはこちらからマスター!

柔道 Judo (日本語から派生した言葉なので、柔道はそのまま”Judo”です)
体操 Gimnasia
レスリング Lucha
競泳 Natacion
陸上 Atletismo
バレーボール Voleibol
ウェイトリフティング Halterofila
ボクシング Boxeo
射撃 Tiro
ソフトボール Sóftbol(bola suave)
馬術 Hípica

シンクロナイズドスイミング Natacion sincronizada
アチェリー Tiro con arco
テニス Tenis

さて今年は日本チーム、メダルをいくつ獲得できるか楽しみですね!
時差の関係で放送が深夜になってしまうことも?寝不足注意で日本チームを応援したいものです^_-☆

スペイン人講師とオンラインでマンツーマンレッスン♪

www.123esp.com
オンラインスペイン語会話